2016年09月19日

人間は間違いを修正しないといけない

随分と昔に書いた「Hayekを読む」を再掲した。
昔書いた文章を読むと間違いだらけで消したくなるが、これもヒストリーということで消していない。
おまけに書いた自分が読んでも一体何を言っているのかよくわからないものが多い。w
このHayekシリーズは文章は長いが引用が長いだけなので、短時間で書いた記憶があるが、比較的に何を言っているのか分かるので載せた。

ハイエクに対する私の評価は随分と小さくなったが、ハイエクの後期作品は未だに魅力はある。
ハイエクは経済学者としては3流以下だろうが、後期作品で示した政治思想は未だに意味があると思う。
ただ、ハイエクの事実認識はかなり間違いが多いのである。
昔はネットなんぞなかったということもあるが、調べずに書いたのか、思い込みで書いたのだろう。
posted by libertarian at 03:13| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

Hayekを読む(その1):The Constitution of liberty


ハイエクの著作「自由の条件」(Constitution of Liberty)とは、一言でいうとアメリカのconstitutionalismについて考察した本だ。
アメリカにおけるclassical liberalismとは、constitutionalismのことといっても間違いではない。ハイエク自身は、おそらくこの本を書いた時点では立憲主義者としてのclassical liberal であったと思われる。
しかし、その後、アメリカの立憲主義の敗北を認識して、「Law,Legislation,and Liberty」を書いたというのがハイエクの後期著作のごくおおざっぱな流れである。

続きを読む
posted by libertarian at 19:32| 東京 ☀| F.A.HAYEK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

豊洲移転問題について考えなおした

豊洲移転関係の都のpdf資料をいろいろと見てみた。
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/project/punflet/

遅まきながら見たのだが、なかなか面白い。
やはりこういう問題は双方の言い分を偏見なく聞かないといけない。
次のまとめサイトもある。
豊洲新市場は欠陥施設なのか?
http://togetter.com/li/1014036

今日は小池都知事がなにやら粛清するとかいうニュースがあり、なんとも穏やかでないと思っていた。問題は建物部分に盛り土がなく地下室になっているということだが、そういう工法を採用したというだけで別に問題とするようなものではないらしい。あれ自体が基礎の一部になって安定性がますという算段なのだろう。

この豊洲移転問題は、反対派がほとんど共産党系の人間なので、原発反対とおなじような雰囲気がある。
私も原発は反対なほうだが、共産党の反原発とは違うのである。
森山高至氏がこの先頭に立っていて、この人自身は共産党と直接に関係がないのかと思っていたが、やはりあるのかもしれない。w 
中沢新一と意気投合したというのはかなりやばいだろう。w
小池都知事も森山さんの反対意見にオルグされてしまったのかもしれない。

共産党は逆神なので、共産党が移転反対ということは、やはり即刻移転した方が賢明なのかもしれない。w
私も最近のレトロビンテージ趣味が昂じて、築地のボロがいいと思っていたが、やはり合理的に考えて豊洲に移転した方がよさそうだ。
もう一つのオプションとしては、豊洲に暫定的に移り、築地をその間に立て直してまた築地に戻り、豊洲はその後売り払うというのはどうかと思ったが、そこまでする意味はないだろう。w
不具合は最初はあるだろうが、おいおい直していけばいい。

もちろん、耐震偽装などがないという条件だが、耐震偽装の話もほんとかどうかは分からない。
とはいえ、たかが仲卸市場といってはなんだが、そんなものにコストをかけ過ぎだろという疑問は強い。
コールドチェーンだ、HACCPだと仕様を欲張り過ぎたのではないか。



posted by libertarian at 19:03| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

築地市場の豊洲への移転問題のまとめ

築地市場の豊洲への移転問題についてまとめてみた。

豊洲の新市場の問題点はいくつかあるが、いままで挙げられたものを列挙すると次の通り。
1.謳い文句の室温コントロールができない。冷却能力不足で室温が28℃運用になる。
2.構造強度が不足。床の積載荷重が700Kg/m2なので、水を張った生簀などの設置が制限される
3.耐震強度について偽装の疑い
4.排水能力が築地の10%以下のため洗浄能力が不足。
5.段差が多く狭すぎる部屋
6.Wingトラックが横付けできない搬入施設
7.導線の設計がまずく、ターレによる運搬が困難
8.ベンゼン等の化学物質による土壌汚染
9.製氷能力が足りない。
10.坪単価220万円と美術館並みのコストがかかっている。
11.敷地内を十字に道路が横切っているため、敷地間での輸送が困難。そのための地下道路も狭すぎる。

、、などがある。他にもあるだろう。
この内、1の室温コントロールと4の洗浄能力、9の製氷能力は魚の鮮度の維持と衛生に関わる部分。
5,6,7、11は市場内の運用や物流の使い勝手に関わる部分。
8の土壌汚染と3の耐震強度は法律問題である。

築地から最新の施設に移ることで機能的によくなるのであればよいが、衛生面でも使い勝手の面でも安全性の面でも悪くなる。これを坪単価220万円の6000億円以上という天文学的なお金を掛けて作ってしまったわけだ。

それでも、追加コストをかけることで、改善できる部分もあるだろうが、豊洲の場合は、3の耐震偽装や8の土壌汚染の問題もある。耐震偽装が本当なら瑕疵は設計会社にあるだろうが、どうにかできるレベルなのかどうか?
また法律問題は都といえども、当然に無視して独断で強行はできない。

高橋洋一氏はサンクコストを考えれば、豊洲は既にできあがっているのだから移転する選択肢しかないと言っているが、この状態で受入検収ができるわけもないから、予定通り移転というオプションはありえない。
また、サンクコスト分析といっても、高橋洋一氏はこれらの瑕疵を一切無視しているから、追加コストは0と考えている。

このようにいろいろと厄介な問題が山積みで、豊洲移転プロジェクトははっきり大失敗である。
6000億円という天文学的な費用をたかが卸売市場の建屋の開発に湯水のように投じたのは、もとから築地の土地を売却することで、その開発費用が出せると考えていたからだろう。
今の築地の土地はネットで調べると167万円/m2
面積が23ha だから167万円*230000=3841億円
つまり約4000億円だ。これを再開発すれば土地の値段は今より上がるので6000億円くらいはここから調達できると考えたのだろう。

土地の価値が高いところに生産性の低い施設を置くのは不合理であるから、再開発の論理そのものは間違っていないのだが、豊洲には湯水のごとくカネをかけすぎたし、おまけに出来上がったものが酷すぎたのが問題なのである。

また再開発に伴う難問だが、築地のもつ文化的、観光的な外部効果の価値という数値化しにくいものがあるのも事実だ。それは、数値化は難しいがその価値は経済的にも想像以上に巨大かもしれない。という問題はある。
歴史的、伝統的なものを安易に破壊すれば、顔のない街になるだけで、それは銀座などの周辺の街の魅力をも下げるだろうことは事実だ。

というわけで、多くの移転反対論者は、築地市場のリフォームを唱えている。
しかし都としては、豊洲に6000億円もの天文学的費用をかけ、それは築地市場の売却費用で賄うつもりだったから、考えたくないオプションなのである。

仮に豊洲市場を新築の段階で、民間に売りはらえば半額の3000億くらいは回収できるかもしれない。
そして築地のリフォームに1000億円使うと、都としては4000億円の持ち出しになる。
東京都がいくらお金持ちで飛行機にはファーストクラスを使って職員の給料がべらぼうに高いといっても、これは厳しい額だ。
豊洲に問題がないことにしておけば、全部丸く収まるはずだったのが、全部狂ってしまったと都の関係者は頭を抱えているだろう。

実際、仮に4000億の収支のマイナスが出れば、その負担をするのは主に都民となる。都の職員の人件費を小池都知事にならって半額にするというのもよいアイデアだが、これは政治的には実現が難しい。

ということで、都と利権関係者は築地が汚染されていて不衛生だといったデマのネガティブキャンペーンを流し始めた。
第5福竜丸のマグロが埋まっているとか、ベンゼンは築地の方が多いとか、ためにする記事をポチ新聞に流している。
しかし、第5福竜丸のマグロは実は埋まっていないようだし、東京ガスの巨大化学プラントがあった豊洲よりも80年の歴史がある築地市場のほうが化学汚染されているなんてのはありえない話なのだ。

このようにしばらくは、利権関係者から築地をなんとか売り払えるようにしようとする動きが熾烈になると思われる。

最終的には、この問題は小池都知事の判断になるのだろう。

続き→ 豊洲移転問題について考え直した
http://libertarian.seesaa.net/article/441841731.html
posted by libertarian at 09:20| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

築地市場の移転問題

築地市場に行ってきた。銀座には頻繁に行っていたのに、お隣の築地市場に入るのは初めてであった。
ここは、写真を撮るのにもよいところだ。
ところで今、築地から豊洲への移転が話題だが、これはかなり大きな問題だということが分かった。

続きを読む
posted by libertarian at 22:45| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

公共財という害悪

現代の世の中は公共財に溢れている。
だが、歴史的に見れば公共財などというものが登場したのは近代のことで、それまでは、王様の所有物であったり、誰かの私財だったりした。
不動産のことをreal estateというが、これは王(レアル)の財産という意味だ。
続きを読む
posted by libertarian at 14:47| 東京 ☀| Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

帝都の面影を捨てた街

東京の建築を通して一九世紀の終わりから今に至るまでの変遷を見てみると興味深い。

続きを読む
posted by libertarian at 19:19| 東京 ☔| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

建築ツーリズム

日本の建築は1960年代に名作が多いが、この頃作られた建築が50年位たって、はやくも取り壊しの危機に瀕している。
続きを読む
posted by libertarian at 13:07| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

バスティアの「法」

昨日、久しぶりにバスティアの「法」を読みなおした。
http://libertarian.up.seesaa.net/rand/THE_LAW.pdf

自分で翻訳したものだが、なかなか翻訳も格調があっていいではないかw

バスティアは1850年に亡くなっていて、「法」は亡くなる直前に書かれたものだ。
1850年というのは、微妙な時期で近代と近代以前の境目あたりの年だと思う。
日本でいえば、江戸末期の頃か。

バスティアが批判してやまなかった、万人が万人から合法的に略奪するシステムとして今の民主主義なるものはその後も続いてきたということだ。
posted by libertarian at 10:10| 東京 ☔| Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

精神医学という現代の呪術

Netflixでドクターマーティンというイギリスのドラマがある。
これはイギリスの田舎町の医者として移り住んだ都会の医者の話だが、なかなかイギリスらしい大人のドラマである。このドラマは現代に対するいろいろな批判的な視点があって、製作者の知性を感じさせる。

続きを読む
posted by libertarian at 07:34| 東京 ☁| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

現代の医療に対する懐疑

私も歳をとったので、親しい周囲の人間も高齢になり、次々と癌になったり、入院したりという状況になった。私は現代の医療体制からして、彼らの今後を憂えざるをえない。
つくづく思うのは、現代の医療は狂っているという事実である。
続きを読む
posted by libertarian at 17:53| 東京 ☀| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

反共の旗をおろしてはいけない

今のアメリカ政治はすっかり反共の旗を降ろしてしまっているが、冷戦終結までは反共の旗印のもとにアメリカはずっと戦っていた。続きを読む
posted by libertarian at 15:04| 東京 ☁| Politics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプはアイソレーショニストではない

ネイト・シルバーのベイズ統計理論を駆使した選挙予測が正しいとすると、トランプはかなり苦しい状況にある。
しかし、このリアルタイム予想は変動幅も大きいので、今後どうなるかは、まだ分からない。

続きを読む
posted by libertarian at 14:21| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

ヘリコプターマネー

ヘリコプターマネーは、ミルトン・フリードマンの作った寓話であるが、この話の意味は、金融政策と同時に財政政策をすることである。お金を刷るだけでは巷に流通するまでのプロセスが複雑なので、一挙にヘリコプターでばらまいて巷にカネを流通させるという思考実験だ。


続きを読む
posted by libertarian at 11:05| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

トランプのほんとの主張

藤井厳喜氏の「国家」の逆襲という本を買って読んだ。
この中で、日本のマスゴミが伝えないトランプの主張のほんとのところの具体的な内容が書かれているので、簡単にまとめておこう。
 

続きを読む
posted by libertarian at 11:50| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

トランプがクリントンを逆転した

最も予測精度が高いと思われるネイト・シルバーの米大統領選予測で、ついにトランプがクリントンを逆転した。
http://projects.fivethirtyeight.com/2016-election-forecast/?ex_cid=rrpromo

トランプ:クリントン=50.1:49.9

このペースで行くと9月までにはトランプがクリントンを大きく引き離す可能性が高い。
70%取ればほぼ逆転はできないだろう。

posted by libertarian at 09:11| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

ネイト・シルバーによる大統領選の統計予測

ネイト シルバーの2016年大統領選の予測のページ
http://projects.fivethirtyeight.com/2016-election-forecast/?ex_cid=rrpromo

現時点では、クリントン:トランプ=52.7%:47.2%
クリントンがやや有利のようだ。

だが、この値は経時的に変化する。この1ヶ月でもトランプがかなり追い上げている。
今年の11月まではまだまだ変動するだろう。
posted by libertarian at 20:08| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

身を屈める虎:ミアシャイマー、チャイナを語る

ミアシャイマーがチャイナについて語っている。
youtube の自動英語字幕機能があるので、分かりやすい。w

Crouching Tiger: John Mearsheimer on Strangling China & the Inevitability of Warhttps://www.youtube.com/watch?v=yXSkY4QKDlA
posted by libertarian at 18:15| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミアシャイマー、トランプを語る

ミアシャイマーがトランプについてラジオで論じている。
ところどころしか聞き取れないが、やはりミアシャイマーはトランプをわりと評価しているようだ。
トランプはリベラルヘゲモニー戦略を終わらせようとしていると考えているのだろう。
一方、スティーブン ウォルトはトランプは全然リアリストではないとかなり辛口の評価だが。

Analyzing Donald Trump's Foreign Policy Agenda
Worldview
May 3, 2016
https://www.wbez.org/shows/worldview/analyzing-donald-trumps-foreign-policy-agenda/db560106-c6f5-41e0-be94-22902016fb75
posted by libertarian at 18:10| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

トランプ大統領のメリットとデメリット

トランプが共和党の大統領候補に指名された。
youtubeで演説を見て、さらにそのtranscriptを読んだ。
英語のヒアリングだけでは心もとないので演説原稿を読んだわけだが、英語のヒアリングができないのは単に聞き取りだけの問題ではなく、仮に聞き取れたとしてもこの英文をスピーチのスピードで頭から理解するのはなかなか大変だと思う。w

演説原稿↓
http://www.vox.com/2016/7/21/12253426/donald-trump-acceptance-speech-transcript-republican-nomination-transcript

それはさておき、日本ではトランプがメキシコの国境に万里の長城みたいなものを作ると言っているといったことばかり話題になる。しかし、そんなものは議会を通るわけがないので、どうでもいいことなのである。
だが、メキシコとの国境地帯の荒んだ犯罪多発状況はアメリカにとってほんとに深刻な事態なので、これにトランプは真正面から向き合うという宣言と受け止めるべきだ。
続きを読む
posted by libertarian at 09:42| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

誰にも正解のわからない問題への対処法:Problems nobody knows the correct answer

世の中には正解はあるだろうが、その正解が誰にも分からず検証も不可能という問題は沢山ある。
#検証不可能というのは原理的にとどまらず現実的に検証が不可能というのも含む。

例えば、放射能の安全性問題は、福島第一原発事故以来、喧しい言い合いが起こっているが、この問題はまさに個人には検証不可能な問題である。専門家であっても放射能の安全性に関して、放射性物質の体内被曝の問題を含めて確かなことを言える人は今のところいない。こういうのは実際の経験例から判断することなので、その手のデータがほとんどない状態ではいわゆる専門家にも誰にもホントのところは分からんのである。これは長い時間をかけて臨床結果を統計的に分析することでしか判断できない。

続きを読む
posted by libertarian at 23:38| 東京 🌁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコは今後どうなるか?

トルコのクーデターで、エルドアンはまさに独裁者としての地位を固めつつある。戒厳令下で法の支配の全くない状態になっているようだ。エルドアンのようなイスラーム主義者にとっては、もともと世俗主義の産物でしかない国家の法律など糞食らえといったところだろう。エルドアンはこれを好都合としてトルコのイスラーム回帰を加速するのは間違いない。
もとよりエルドアンはいままでも出所不明の莫大な資金を使って大宮殿を作るなど既にやりたい放題の独裁者となっていた。
続きを読む
posted by libertarian at 22:35| 東京 🌁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みみっちい日本のネット

ネットは未だに指数的に拡大しているが、ここ10年位をみるとどんどん一極集中化が起こっているように見える。Googleに独禁法を適用しようとかヨーロッパはしているようだが、うまくいかないだろう。
続きを読む
posted by libertarian at 12:38| 東京 🌁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

ミアシャイマーによるヨーロッパ安全保障体制の分析:Defining a new security architecture for Europe that brings Russia in from the Cold

ミアシャイマーの論文"Defining a new security architecture for Europe that brings Russia in from the Cold"を読んだ。
これも今年2016年6月に発表された論文なので新しい。
http://mearsheimer.uchicago.edu/pdfs/Military%20Review.pdf

内容を簡単に紹介しておこう。
#詳しく知りたければ、ミアシャイマーの上記論文を参照のこと。ミアシャイマーの英語は非常に平易なので読みやすい。

この論文で、ミアシャイマーはヨーロッパを巡る情勢を1990-2008と、2008-現在までの2つに分けて論じている。2008年までのヨーロッパ情勢は実に安定していた。
続きを読む
posted by libertarian at 11:37| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

リベラルヘゲモニーからオフショア・バランシング戦略へ:Back to Offshore Balancing starategy from liberal hegemony strategy

ジョン ミアシャイマーとS.ウォルトの最新の共著論文"The case for Offshore Balancing"を読んだ。
フォーリン・アフェアーズに載った論文である。
http://mearsheimer.uchicago.edu/pdfs/Offshore%20Balancing.pdf

この論文は次期政権に向けて書かれた内容と言えるだろう。ミアシャイマーとウォルトは、ソビエトが崩壊した冷戦以降のアメリカのliberal hegemony戦略から、アメリカの伝統的な国際戦略ともいえるoffshore balancing戦略への転換を唱えている。

続きを読む
posted by libertarian at 20:21| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育と医療:The Worst 2 system

教育システムと医療システムは近年に肥大化したものだが、この2つは現代の最大の問題とも考えられる。
結論からいえば、この2つは福祉国家を標榜する国家の法律体系に組み込まれているために巨大な利権システムと化しており、何人たりともそこから逃れることは難しい。
この2つを真っ向から批判したのが、哲学者イワン イリイチであった。

続きを読む
posted by libertarian at 13:09| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

トルコのクーデター

トルコのクーデターが起こったが、早々と鎮圧されたようだ。
詳しいことは何もわからないが、このニュースを聞いて最初に思ったのが、軍=世俗主義で、エルドアン=イスラーム回帰という構図だ。
昨日の段階ではアメリカに亡命中のギュレン師が黒幕だといった報道だったが、今日のニュースを見ると、軍は世俗主義勢力だという点に触れられているものがでるようになった。
続きを読む
posted by libertarian at 18:24| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

ニースでのテロ

フランスのニース(nice)でテロが起きた。
私も以前、ニースには行ったことがあり、ニュースにでてくる町並みは見覚えがあるところだった。
80人以上の一般人が殺された悲惨なテロであるが、これもやはりIS絡みのテロなのであろう。

続きを読む
posted by libertarian at 20:04| 東京 ☔| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Apple新本社社屋:Apple Campus2

アップルの巨大な本社新社屋がそろそろ完成するそうだ。
http://gigazine.net/news/20160404-apple-campus-construction/

昔から、メーカーが本社を立派にすると経営が傾くと言われるが、これはおそらくアップルにも当てはまるかもしれない。
そもそも今の時代に巨大な本社は時代遅れである。通勤しないでも勤務できる形を作った会社のほうが強いだろう。
この本社には工場も研究所もなさそうだから、これは時代に逆行した大企業病であり、アップルも例外ではないということだ。今更、巨大な本社社屋はなんともあほらしい。
もしかしたら、この建物の目的にはデータセンターの機能もあるのかもしれないが、よくわからない。

本社を立派にするのではなく、週に1−2回集まるだけの集会所があればいいはずだ。
もはやアップルも創業50年近い成熟企業で衰退期に入ったと私は思う。
posted by libertarian at 10:33| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職(転社)できる発展する社会

日本は終身雇用制だったが、それが崩れつつあると言われるようになって久しいが、正直なところ、あまりそれは実感しない。
そもそも公務員は典型的な終身雇用でこれは未だに全く不動だ。(→キャリア官僚は例外だが)だから、近年、民間に比べ給与待遇もよく、さらに解雇されないことが保証されている公務員の人気が高まっていた。

続きを読む
posted by libertarian at 08:18| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする