2015年02月18日

Freedom,Anarchy and Law

言論の自由とは、言論の自由を制限する法律を制定してはいけないという政府の立法権に対する憲法上の制約である。
言論の自由とはそれ以上でもそれ以下でもない。
言論は暴力にもなる。だがそれを規制する法律を作ってはいけないということは、事後的に民事的に処理するというのが基本だ。

一般常識的には、相手の言論で被害をこうむった場合は、損害賠償請求なりで民事的に解決する手続きになる。
ただ刑法が適用されることは基本ない。言論の自由とはその程度の保証である。
だが、言葉は強力な暴力にもなりうる。言葉の暴力に対して物理的な暴力で報復すると、今度は報復した人間に刑法が適用されるかもしれない。
だが、傷害事件の場合、事後的に刑法が適用されるだけで、刑法には抑止力が期待されているが、それを行使する人間を止めることはできない。事後的に罰するだけである。これは法律の限界である。

シャルリーエブドのように言論攻撃を、商売として用いる人間は次のように考えるだろうか。

1.商売のために言論の暴力をふるって、相手が賠償請求をしてきたら、多額の賠償金を払ってもよい。
2.相手が暴力に訴えてくれば自分は殺されるかもしれないが、事後的に相手が刑法で罰せられることを期待する。

おそらく、どちらもとも思っておらず、商売としてのい言論では儲けるが、相手が泣き寝入りする、もしくは裁判に勝ち賠償金はほとんど払わないことを期待するのだろう。要するに甘いのである。言論の自由という言葉で自分が法律で守られていると勘違いしているのだといえよう。言論の自由を守れと叫んでいる連中は、一体法律に何を期待しているのだろうか。
これは言論の自由なり法律に対する無理解が原因であり、シャルリーエブドを擁護した連中も同様だ。
相手が間違っているのであれば、論理的に説明するべきであり、宗教上の侮辱といった暴力に訴えるのは商売の為であれば完全な自己責任である。

特にイスラム法の世界の住人に対しては自分の国の法律は全く通用しない。
法律は行動の自由を制限しないしできない。つまりアウトローな解決法を選ぶ行動の自由を阻止するものではない。
言論にしても何を言ってはいけないと法律が阻止することはできないのと同じである。

国家間の関係はミアシャイマーがいうとおり基本的にアナーキーなものだ。共通の法律も強制力もない。
個人と個人の関係も従う法が異なれば、アナーキーだ。
国家や法が守ってくれると思うのは間違っているのである。






posted by libertarian at 14:57| 東京 ☁| Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

Self responsibility

ISISによる日本人捕虜の問題で、自己責任論と、自己責任論を否定する論があった。
あきれるのは、国民を救出するのは国家の義務であるとして自己責任論を否定する意見が多かったことだ。
そもそも、国家が国民の命を何に変えても救出しなければいけないなどという法はない。

国民の身体生命や財産の保護は憲法に謳われていても、無条件でそうしなければいけないという話ではない。
例えば、海外旅行で詐欺にあって金銭的損害を被ったとき、自国民の財産権の保護のために、政府が無条件で全額補償するなどいうことはありえないのと同様だ。
そこらは、保険でカバーするなり、自分で注意するべきことなのは当たり前だ。
これは命に関わることでも全く同じである。常識で考えればわかることだ。
特に今回はマスコミが騒いだだけで、海外で犯罪に巻き込まれて命を落とす日本人など毎年いくらでもいる。

軍人が捕虜になった時など、軍隊の士気にもかかわるから政府は最大限の譲歩はする傾向にあっても、それも別に義務云々とは違う。
自己責任論を否定して政府の義務などというバカなことを言う保守を自称する連中は全くのイカサマ連中である。
自己責任と個人の自由とは表裏一体のものであり、自己責任で行動するから自由でありうるのである。
posted by libertarian at 20:51| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

More limited government

日本のような制定法主義、大陸法の国は、立憲主義=constitutionalismの縛り、制約というのが弱いのが大きな問題だ。
アメリカの押し付け憲法はけしからんといって憲法を変えるのはよいが、それが単なる民族主義的な心情からの改変だとかえって悪くなる危険性が高い。実際、自民の改憲案は少し見ただけでも酷いものである。改憲が改悪となっては悲劇である。
憲法の改正は、自由を高めることが目的でなくてはならない。もちろん、これは自由権の拡大のことではなく、実質的な自由の拡大のことだ。法的には正義の拡大と自由の拡大は矛盾しない。

立憲主義の根本は制限憲法にあり、個人の自由を確保するために、政府をどのように縛るかという点こそが肝要である。
この点が日本ではほとんど理解されていない。村社会的な素朴な集団主義が全体主義的な方向へ向かう危険性は日本において非常に高い。
アメリカの憲法も、政府に対する制限という意味では弱すぎたというのが教訓である。
とくに政府権力の経済活動の介入に対する制限が弱すぎたというのが、フリードマンらの見解だ。この典型は自由貿易の問題だ。

日本においては、財務省を筆頭とする行政部門の権力があまりにも強いのが最大の問題点である。
なぜ、このようなことになったのであろうか。
立憲的な制約が弱すぎたのか、それとも制度設計上の失敗なのか?
もっともアメリカの場合、日本と違い行政部門が暴走している印象はあまりない。主に暴走するのは立法府、議会である。

立憲主義においては政府の役割を限定列挙的に制限することが必要だろう。
その点、憲法により、政府の役割をセキュリティに限定するのも一つの考えである。
幸福の追求といったアメリカ憲法の文学的、情緒的な表現が行政権力の肥大を招いた。こういった抽象的な表現が、政府活動をあらゆる部門に進出させることとなったといえる。

また欧米と比べた日本の弱点として、司法が弱すぎ、三権の独立した権力というよりは、行政部門の一つに堕している点がある。
これがなぜなのかも大きな問題だ。制度論と法律論の両方から究明すべき問題だ。

日本におけるコンプライアンスは、世間様感覚を法的な強制力とする点で極めて危険だと思っていたが、実際世の中の流れは世間様感覚、空気感覚というものを法的なものと勘違いしている。これは、恐ろしく危険なとんでもないことである。

政府の役割をセキュリティと限定した場合、残るのは軍事とか、それに関連する情報部門、外交部門、および国内の警察部門となるだろう。
もちろん、司法は別にあるし、行政と立法がこれらに限定されるということだ。
これは現代的なminimum governmentと考えられる。
posted by libertarian at 20:03| 東京 ☀| Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

Hostages

日本人二人がISISの捕虜となった事件だが、これに対して、国は国民を救出するのが当然であるという論調が多かった。
このことは、北朝鮮に拉致された日本人との問題とも絡めて、自国の人間を助けるのが国家の政府の当然の責務であるという考えがあった。
しかし、北朝鮮に拉致された人たちは、日本国内で拉致強奪されたのであり、禁止地帯に勝手に入り込んで捕虜となったわけではない。
これをアナロジーで同じと考えるのは間違いだ。

私の考えでは、ISISの捕虜となった二人に対しては、日本は形だけの努力をしたのだと思うが、そもそも助ける義務が法的にあるとは思えない。もちろん、助けられるなら助けるのが温情的だが、法的にそうすべきという話とは違う。
その点、北朝鮮に拉致された人たちと一緒にすべき問題でもない。
一方、北朝鮮に拉致された人間を救出するのは、国家の、または政府の義務である。

所詮は今回の捕虜問題なるものもマスゴミのワイドショーネタでしかない。マスゴミが騒ぐ問題だけに反応して、もっと大きな問題について考えが及ばないというのはダメすぎる。
そもそも、今回のことでそんなに騒ぐなら、北朝鮮に拉致された数百人規模の人たちのことをテレビで連日放送すべきなのだが、いままでもほとんど何もしてきていない。

マスゴミがISISは悪だといえば、悪だと感情的に反応し、北朝鮮はそうでもないよといえば、そうでもないと思うのが、大衆というものだ。
こういう操作をされるようでは、高等教育の意味もないし、振り込め詐欺も減らないだろう。w
posted by libertarian at 23:30| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Invasion to Iraq

アメリカのイラク侵攻は、侵略と言ってもいいと思われるが、この反省とか総括のようなものが全くなされていないのは不思議である。
特に日本ではマスゴミを賑わすだけの一抹のショーでしかなかった。
化学兵器にしてもあったとかなかっとか諸説あるが、公式にはなかったで済ましている。しかし、それで済むことではなかろう。
予防戦争、preventive warとか言っていたが、一体何を予防したのだろうか。

アメリカは、イラク侵攻に1兆ドルの予算を投入し、4000人の兵士が亡くなった。
ベトナム戦争のようなかつての代理戦争と比較しても、意味のない戦争だった印象がある。
イラク侵攻は、米ソの代理戦争でもなく、一方的にアメリカがイラクの政治体制を許せないとし、アルカイダとの結びつきをねつ造し、やくざもどきの因縁をつけて侵略しただけの戦争ではなかったか。
アルカイダとの結びつきをねつ造するために、アル ザルカウィのありもしない話を捏造し正当化しようとした。

イスラム世界というのは、非常に複雑で混沌としている。
例えばイラク戦争では多国籍軍とイラク軍の戦いだと見られていたが、実は、この時、イラク軍に対して、反シーア派も攻撃を加えていたそうだ。この反シーア派がISISの前身、イラクのアルカイダだったいうのが皮肉なことだ。
これは、後でわかったことらしい。アメリカの中東情勢分析も穴だらけということが、後になってわかってきているようだ。

アメリカのISISに対する分析も全くずれたものだったようだ。
ここでは、敵と味方といった2元論的な見方は不可能なほど、複雑な入り組んだ対立構造があり、アメリカの行動も矛盾しまくったものとなっている。バルカン、ユーゴスラビア紛争と同様に日本人には理解不可能な世界だ。
アメリカがテロ組織として対立している組織に対して、別の敵に対抗するために資金援助、武器供与ということを平気でしているらしい。
アメリカは中東におけるまさしく紛争当事者であるから、アメリカへの協力は、決して中立でもフェアでもない。
日本は、平和主義を発揮して、こういう時こそ不関与の方針を貫くべきである。
主張がフェアなら、欧米も反論はできないのである。

そもそも日本はアメリカ以上に中東のことは何も理解していないだろう。
人道援助といえば何でも聞こえがいいが、具体的に誰に何をどのように援助するのかという具体的な内容が示されなければいけない。
しかし、このような複雑極まりない紛争地帯に関与することは、たとえ善意からであっても、善意の結果をもたらすとは限らない。
つまり、日本は一切の関与をしないのが、ベストである。
国益をセキュリティ上の課題としてみても、関与しないのが一番のセキュリティ、つまり国益になる。
日本は石油を買いますよというだけの、お客様でいるべきなのである。
日本は国際秩序なるものの一角として振る舞うのではなく、正しく一介の小国として振る舞うべきなのだ。
むしろ不関与を貫けば、将来的には調停者となる立場にもなりうる。

宗教というのは、それを信仰している人の理解と、それを信仰していない人の理解というのは、質的に異なるだろう。
仏教にしてもキリスト教にしてもイスラム教にしても、信仰しない人がそれを理解できるかどうかは大いに疑問だ。
表面的な知識として整理はできるだろうが、理解はできないだろう。
つまり、理解できないものに不用意に立ち入るのは危険ということもある。
分からないことは、分からんと正直に言うべきだ。できないことはできませんというべきなのである。
社会工学的な発想、社会を人工的に改造するという発想は日本にはもともとないだろう。

ISISに対しても兵糧攻めがきくとか、高橋洋一氏なども言っているが、本当に効果的なのかは大いに疑問だ。
そもそも、そこまで関与すべきではない。
おそらくアメリカは空爆くらいしかしないだろうし、できないだろう。そして空爆はあまり効果のないものだ。
コソボでも空爆はしたが、それは単に乱暴な破壊行為だけで、政治的な効果、つまり戦局を変えるほどの効果はないものだ。
結局、アメリカの軍事力、影響力というのも限定されたものにすぎず、その地域の安定化とかには結びついていない。
コソボ紛争にしても、アメリカとは関係なく勝手に自然とけりがついたとみるべきだろう。


posted by libertarian at 22:43| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fermentation and AI

食事は、大事なものだ。
こういうものは無関心だと徹底的に無関心で、せいぜい店で出される料理をうまいとかまずいとか言っているだけの評論家にしかならない。
グルメを自称しつつ、料理には全く無関心というのは矛盾している。
食事は、自分である程度作ったり、研究しないと興味がでない。料理と食事は一体であり、料理をしないで食事にだけ関心があるというのは、食事の意味を理解していないことになる。料理をすれば素材に関心がでてくるし、調理によって素材がどう変わるかも肌で分かる。

また本当にうまいものとは、大体が発酵食品だ。発酵食品は人知を超えたものである。人間はそれを作ることができない。微生物の活動をある程度コントロールするくらいのことしかできない。
魚の乾物でも、納豆にせよ、漬物にせよ、チーズにせよ、酒にせよ、よくできた発酵食品は人知を超えている。

人間というのはいかに頭が良くても複雑なものは理解できないのである。逆に言えば、頭の良さとか科学というのは、複雑なものを単純化することが基本だ。複雑なものを複雑なまま理解することはできない。
ここがAIとの本質的な違いになる可能性があると思う。AIは複雑なものを複雑なままハンドリングできるという点で、人間とは異質な知性になる可能性があると思う。

posted by libertarian at 19:59| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hypoglycemia

自分は炭水化物を食べると強烈な眠気に襲われるが、これは低血糖症が原因だ。
インスリン調節がうまくいかないで、血糖値変動が大きいのが低血糖症。
その点、炭水化物制限をすると、血糖値変動が起こりにくいので、大きな効果がある。
もともと、炭水化物制限はダイエット目的でなく糖尿病対策として生まれたものである。

深刻な糖尿病症状がでなくても、低血糖症の症状がある人は、これを病的なものと考えて、食事療法をすることが大事だ。
まだ、低血糖症は、糖尿病と違ってあまり病的なものと認識されていない。
通常の健康診断では低血糖症はわからない。糖尿のけのある人は要注意程度だろう。

対策としては、薬を飲んではダメ。食事療法というと大げさだが、普段の食事を変えるだけだし、これは大きな効果がある。
人間の性格であるとか、内面的な要因と思われているものも、実は生理的なものが原因となっていることが多い。
精神的に不安定だったり、イライラしている人は低血糖症である可能性が高い。
低血糖症であることを認識したら、病気と考えて、食生活を変えるしかない。
食生活を変えるだけで改善できることは結構大きい。
posted by libertarian at 17:21| 東京 ☀| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

The real criminal of the STAP case

STAP細胞の真犯人は、理研そのものであったという武田邦彦氏の論


ここまでSTAP問題をつきつめたのは、さすがである。
武田氏はSTAPは、理研の金目当ての組織犯罪である可能性が高いと推理している。
大いにありそうなことだ。理研の行動に着目すれば、すっきりと今回の事件の意味が見えてくる。

武田氏も、ここまで言いきるのは、勇気のあることだ。
武田氏は、是非、小保方さんと対談をしてほしい。そこで、具体的な真相を聞き出すことができるのではないか。

もしこれが本当なら、ノーベル賞受賞者の野依理事長のスキャンダルに発展するだろう。
これこそ、マスコミが追求すべきスキャンダルではないか。

posted by libertarian at 03:39| 東京 🌁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

ISIL

イスラム国(ISIL)についていくつか本を読んでみたが、これは思っていた以上に大きな問題であると分かった。
ISILは今後の世界の歴史を大きく左右する存在となるだろう。

先にイスラム原理主義と書いたが、最近では原理主義という言葉はあまり使われない。これは欧米がプロテスタントのfundamentalismと一緒の呼び方を好まないのが原因のようだ。
しかし、原典に還れという意味では、原理主義と言った方がわかりやすい。
イスラムでは、これはサラフィズム(salafism),サラフィー主義と呼ばれる。
ISILのサラフィズムは、タリバンなどと違い新しいテクノロジーを受け入れる点が異なる点だ。だが、その他はアナクロともいえる厳格な戒律を重視するサラフィズム、原理主義だ。

ISILが従来のサラフィズムを掲げる過激派、アルカイダやタリバンなどのゲリラと戦略的に違うのは、領土的野心を持っている点である。
ISILのカリフ、アル バクダッディは、領土を得ない国の建設はあり得ないということを理解し、カリフ制の国を建設しようとしている。
これは、いままでどのイスラムも達成できなかったが、それを瞬く間に実現し、さらに領土を急速に拡大している。
今はまだ偽装国家(shell state)だが、そのうち他国も承認をせざるを得なくなるだろう。

このカリフ、バクダッディはムハンマドの末裔を自称し、バクダッド大学で神学を収めたインテリで学者の家柄。
このバクダッディの指導力、戦略眼が従来のサラフィズムとは別次元の成功をおさめた原因かもしれない。1971年生まれだから、まだ若い。
我々はイスラムにおける新しい巨大パワーの台頭を目撃することになりそうだ。

ISILは、スンニー派のカリフ制国家の建設を行っているわけだが、シーア派を根絶やしにするという戦略を持っている。
実際に、シーア派の村を襲って、女子供を問わず虐殺をすることを繰り返しているようだ。
もともとシーア派はスンニー派に比べると数は小さい。中東はイランとシリアがシーア派の拠点だが、シリアはISILの手におちつつある。
ISISに比べると、サダムフセインは随分穏健だったのではないかと感じる。

こうなってくると、もはや欧米はなすすべもないのではなかろうか。経済封鎖もほぼ不可能。空爆は効果なし。
イラクへの予防戦争とやらに天文学的な費用と、多くの人命を投入して結果がこれだから、今後アメリカは中東から手を引いていくのではないか。イラク侵攻は中東のパワーバランスを破壊し、カオスしか生まなかった。
イラク侵攻を推進したのはネオコンこと共和党リベラル派だった。一方のミアシャイマーらリアリストは反対をしていたが、結果はリアリストの勝ちだ。戦力は有限な資源なので、中東から手を引き、シナの方へ向かうのかもしれない。

イランは核保有国だが、近未来的にはイランとイスラム国の間で第3次世界大戦が起こる可能性もあるかもしれない。そうなればイランによる核の使用もあるかもしれない。
ローマ教皇は、去年、第3次世界大戦は既に始まっていると述べたそうだ。

日本は中東からは一切手を引いた方がいいだろう。関わらないことが一番のセキュリティ対策である。
人道支援と称して資金を提供するのもやめといた方がよいだろう。資金を紛争国に供与すれば、人道支援と軍事支援の区別などできない。
お金に色はついていないからだ。

posted by libertarian at 18:50| 東京 ☀| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

Terrorism

ISIL、またはイスラム国が話題となっている。
テロ国家といわれるし、それは事実であろうが、これは国家とは何かという大きな問題を含んでいる。
イスラム国なるものが話題になったのは、去年2014年くらいからだが、オバマ政権がイラクから軍を撤退した軍事的空白を埋める形でイラクのアルカイダ、つまりイスラム原理主義が台頭してきたわけだ。
アメリカがサダムフセインを排除して、さらに最悪の敵が台頭した結果となった。

国家の基本的な条件とは、領土、国民、主権だが、イスラム国はこれらを満たすから国家とはいえる。しかしイスラム国を承認する国はないから国家ではないともいえるが、シナや北朝鮮が国家だというなら公平に言ってやはりイスラム国も国家だろう。w

現代の欧米のワールドオーダーに挑戦しているのは、いわゆるイスラムではなく、イスラム原理主義と限定すべきである。
イスラム原理主義とは、簡単にいえば、コーランの原典に回帰すべしという運動と理解している。コーランは法であり、細々としたことを規定しているが、時代の変化にあわせて、コーランは拡張してきた。イスラム学者があたらしい技術や社会環境の変化に対して、解釈を加えてきて、結果的にコーランがふくれあがってしまい、元のコーランから離れてしまった。
そこで、原典のコーランの教えに帰ろうというのがイスラム原理主義である。だから、斬首刑とか石打ち刑といった、アナクロな現代的には残酷な刑をコーランの原典通りに行う。

イスラム原理主義は、反欧米、反近代文明、といった挑戦的、戦闘的な要素が強い。それがテロという具体的な戦闘行為、非対称戦争を起こしている。いわゆるイスラムが欧米と共存の道を歩もうとしているのとは対照的だ。もっともイスラムにとって欧米とはキリスト教なのだろうが、政治と宗教を分離して考えればよいというところに落ち着いてきている。
だが、イスラム原理主義はそのようには決して考えないという点が厄介で危険なところなのだろう。

ISILの行為をテロと呼ぶのは、ISILを国家と認めないからである。
アメリカの軍事行動も、アラブの国にとっては、とんでもない暴力だろうが、テロと呼ばないのは国家の行動だからである。
ISILが国家であることを強調しているのは、イスラム原理主義の戦闘行為をテロではなく、国家行動と認めさせようという思惑なのだろう。

posted by libertarian at 03:13| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする