2015年09月28日

Division of Holy and Profane

日本の国史は、基本的に皇室を理解しないかぎり、理解はできない。皇室抜きでは理解できない日本の文化は他にも和歌などがある。和歌を通して国史を知ることもできる。天皇の和歌からその心を察することができたからだ。今の学校教育では皇室に関する教育がWGIPでタブーとされていたことをそのまま70年も引きずっている為に、国民が皇室を全く理解できず、その結果、国史も和歌も全く理解できなくなってしまったわけだ。

議会制民主主義というが、これには大きく2つの形態がある。一つはイギリスや日本型のもので、行政府の長=首相・内閣総理大臣と、国家の権威を体現する元首=天皇・国王とを分けるものである。
国家元首は首相のように行政に関する具体的な仕事は行わず権力をもたないが、その国の尊厳、権威を象徴し、儀礼的な機能を果たす。この点において日本とイギリスは比較的近いが、日本の皇室の方が歴史が比較にならないほどに深い。特にイギリスにおける権威と権力の分離、聖俗分離はわりと最近のものに過ぎない。
フランスは大統領制で、フランス革命の際に王室を全部虐殺してしまったために、王室の代わりに大統領職という権威の象徴を置いているわけだ。だが国家の権威の象徴としては任期制の大統領は皇室、王室よりはるかに格が落ちる。

もう一つはアメリカの共和制で、大統領は国家元首であり、かつ行政府の首長を兼ねる。
アメリカの立憲主義の制度上の問題点としては、国家が肥大化したにもかかわらず、このような元首=首長制度を持っていることもあげられる。つまり、このような元首としての権威と、行政府の長としての権力の役割を同時に体現することを一人の俗人に課すのは実際上、無理がありすぎるのだ。

いわばアメリカの大統領とは聖と俗を同時に体現する人間という制度設計になっており、これは制度設計上の失敗、もしくは古すぎる制度設計に由来する問題である。これは小さな発展途上国ならありえても、スーパーパワーとなったアメリカでは大きな問題がある。
人工国家としてスタートしたアメリカには、社会の歴史的伝統、国家の聖の部分を体現する人間がいなかったからしょうがないともいえるが。。
そしてアメリカの初代大統領、ジョージワシントンは笑ってしまうほどに神格化されているが、これはアメリカの制度上の帰結ともいえる。
そして聖俗未分離のアメリカは、ウェストファリア体制以前の性質を持つスーパーパワー国家、かつ最大のキリスト教国家として台頭し、第1次大戦以降は世界をウェストファリア体制以前の混乱に陥れるようになる。
ウェストファリア以降のパワーバランス外交は失われる。

アメリカの大統領とは何かをイメージする上で役にたつのが24(Twenty-four)というドラマである。
大統領に求められた聖の部分としては、合衆国の崇高な理念なるものがあり、同時にリアルポリティックスを裁く行政府の長、かつ全軍の長として有能でなければならないという2つの役割がアメリカの大統領には求められている。問題はアメリカの大統領が理念の体現者として行動する傾向があることだ。
これがリアリズムに基づく行動から乖離する原因となる。ウィルソンしかりFDルーズベルトしかり、ブッシュしかりオバマしかりだ。

戦後のアメリカの大統領で最も有能な大統領は誰かといえば、ポールジョンソンに言わせると、アイクことアイゼンハワー大統領だったということになる。
アイゼンハワーは将軍から大統領になった人だが、アメリカの場合、軍人が大統領になるのがよいかもしれない。軍人はリアリズムで動き、かつ、国家の聖なる部分も体現しうる戦争の修羅場をくぐった人間だからである。
これは24を観たアメリカ人が共通に抱く感想だろう、ジャックバウアーこそが合州国大統領にふさわしいという感情にも則しているかもしれない。w
ローマ帝国型の軍人皇帝がアメリカの大統領には適切なのだと思われる。
posted by libertarian at 04:08| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

Military gains of suicide attacks

ゼロ戦の特攻に関しては、「永遠のゼロ」以来、一般の関心を呼んでいるようだが、未だに特攻についてちゃんとした理解はないと思われる。具体的なことを知らないで観念的に特攻を論じても無意味だ。例えば、特攻の戦果、つまりアメリカにどれだけの被害を与えたのかとか、何機の特攻を行ったのかとか、誰が特攻を行ったのかそのパイロットの名前といった具体的なことをしらないといけない。

前者については、日本側にあまり正確な記録がなかったが、アメリカ側の資料が近年公開されたことで、特攻の成果は今まで言われていたのとは大きく異なり、極めて大きな戦果をあげていたことがわかってきた。
また、誰が特攻を行ったのか、一人でもそのパイロットの名前をあげられる人はほとんどいないだろう。これも大きな問題だ。日本人の誰もその英雄達の名前を全く一人として知らないということは、WGIPの成果としかいいようがない。

また、特攻が単なるやけくその攻撃ではなく、そこには緻密な計画があったこともわかってきている。
例えば、最初にレーダー艦を特攻で叩いた後に、空母や駆逐艦への攻撃が行われていたそうだ。手段は特攻であったが、最大の戦果を上げるべく合理的に行動していたようだ。
結果、特攻の戦果は恐ろしく高く、アメリカは特攻によって甚大な被害を受け、沖縄からの撤退をニミッツは要請したが却下され、結果的にその数日後、日本の特攻機がなくなってしまったために、アメリカ側は皮一枚で勝利出来たらしい。

ゼロ戦特攻に関しては「永遠のゼロ」がベストセラーになったが、回天による人間魚雷特攻を描いた佐藤秀峰の「特攻の島」も秀作である。回天は遊就館にもその実物が展示されている。
靖国の遊就館には膨大な記録があり、ゼロ戦などの大東亜戦争の兵器の展示も大量に行っている。ここは一度は足を運ぶといいと思う。

我々日本人は誰ひとりとして、WGIPの閉ざされた言論空間から自由ではない。自分はWGIPに洗脳なんかされていないと思ったら大間違いなのだ。なぜなら日本の言語空間ごとWGIPに汚染されているからである。

特攻隊員は多くが戦場に持っていく一冊として万葉集を持参したらしい。戦闘機パイロットは今も昔も超エリート集団だ。今の我々は万葉集の意味も全く理解できないし、今ある本の和歌の解説も全くトンデモの解説だらけのようで、でたらめな私小説的な解釈しかできていない。
だが、当時の特攻隊員の若者はその意味を正しく理解していたからこそ、万葉集を選んだ。
戦後は日本の言語空間が何から何まで捻じ曲げられているために、今の我々には当時の言語空間が異文化のように全く理解できず、そのために大東亜戦争をも全く理解できないでいる。
posted by libertarian at 23:54| 東京 ☀| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

オフショアバランシングと日本の独立

今のアメリカのグランドストラテジーなるものは、伊藤貫氏などの話から思うに、中東と極東のDOUBLE CONTAINMENT戦略にある。これは具体的にアメリカが現地に軍事駐留し紛争当事者となるやり方である。
極東のリムランドとして日本が、中東のリムランドとしてはサウジアラビアがその拠点である。ヨーロッパはNATOによって直接、間接に軍事支配されている。

レーガンの頃の中東戦略は、OFFSHORE BALANCINGだった。レーガンは中東にあった軍を撤退させて、イランイラク戦争のオフショア・バランシングの戦略に切り替えた。そこがレーガンの慧眼であったが、レーガン以後、アメリカはディーブな当事者関与に切り替える。

一方の日本は冷戦以来、ずっとダブルコンテインメントされているわけだ。
理想的には、アメリカがオフショア・バランシングに極東戦略を切り替え、日本に軍事的独立を許したうえで、同盟関係を結ぶことにある。今の日本の自衛隊は部分的には優れた軍備を持つようだが、アメリカと補完的なセットになっており、アメリカが抜けるとセットとして機能しない軍備のようだ。ゼロ戦だけ優れていても戦争では勝てないのと同様、全体としてのバランスがなければ優れた兵器も効果はない。

具体的には日本には爆撃機のような相手の軍事拠点を攻撃する兵器がない。しかし、将棋と同様に受けるだけでは戦闘には勝てない。ミサイル防衛網などインチキであり、気休めにしかならない。
そもそも攻撃兵器はミサイルにしても大した精度はいらない。それゆえに低コストだが、迎撃ミサイルにはとてつもない精度が要求され、コストは比較にならないほど高い。実際にその性能はインチキだが、ある程度の迎撃能力が仮にあったとしても兵器の性能はコストも重要な要素だから、コストで圧倒的に劣る兵器は物量で容易に打ち破られてしまう。

日本が軍事的に独立し、MINIMAL DETERRENCEとしての核システムを保有し、自立防衛が可能な軍備を備えなければいけないのは自明である。その上での日米同盟があるのがベストである。
しかし、アメリカが軍事戦略転換をする可能性は今のところ、ほとんどなさそうだ。リアリストの主張はアメリカでもメジャーではない。

アメリカのアフガンやイラク侵略を見ても、アメリカの戦争観はキリスト教をベースにした「正義は我にのみあり」というウェストファリア体制以前の野蛮なものである。アメリカが世界を不安定にさせアナーキーにしているのは間違いがない。敵をデモナイズするという宗教戦争と同じ過ちを当たり前のように行っている。
今はテロリストと呼ばれるムスリムが問答無用の悪魔である。
イラクの時はフセインの残虐行為なるものを有る事無い事書き立ててデモナイズをしていたが、もっと酷いことをしているシリアなど他の国のことは棚にあげる。イラクはもともとはイスラム諸国の中では近代化が進んだイスラムの優等生であった。一方でサウジアラビアのような未だに公開石打ち処刑が行われているようなワッハーブ派の国のことは全く問題にしない。
アメリカの目的は単に都合の悪い敵をデモナイズするキャンペーンにあるわけだ。

だが、アメリカは大統領次第でレーガンの時のように大胆な戦略変換を行う可能性もあるが、アメリカはドローンやロボット技術といったテクノロジーで今のグランドストラテジーを維持できると考えてるようにも思われる。ドラマのHOMELANDのシーズン4を見るとアフガンでのドローン戦争が描かれていて興味深い。
このドラマはアメリカにしては懐疑的な色調があり、アメリカは敗れるのだが。

ミアシャイマーの本などを見ても、やはり西欧中心史観というか、アナーキーを人類の本質としてみているところがあり、アナーキーを欧米のキリスト教諸国が作り出してきた歴史的事実をネグレクトしていると思われる。
そもそもミアシャイマーの歴史認識はかなり怪しい。w

日本人はすっかり洗脳され萎縮してしまっているので、もはや日本には独立自尊の気概などどこにもない。
仮にアメリカがオフショア・バランシングに切り替えたとしても、日本は独立を拒むだろう。
独立自尊の気概なき国家は滅ぶ可能性、リスクが高い。
posted by libertarian at 16:07| 東京 ☀| Politics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

Multi Polar worlld

ドローンやロボット、AIはもはやSFの世界のものではないが、これがあと10年、20年経つと相当なレベルになるのは間違いない。
アメリカは、すでに世界の複数の地域に軍事展開することは経済的に困難で、これが世界が多極化するのを不可避にすると思われているわけだが、地球の裏側からドローンやロボットをコントロールできるようになれば、世界に軍事的同時展開をするのは可能になるかもしれない。地球の裏側からコントロールしなくてもAIで自律的に動くようになるだろう。

アメリカの将来的軍事ビジョンはここらへんにある。こういった技術でアメリカは軍事的ヘゲモニーを維持しようとしているのであろう。
だが、コンピューター技術はコピーが容易だから、アメリカがそういった技術を独占し続けることもできないだろう。
こうなると、映画のターミネーターのように将来の戦場は、人間とロボットやドローンが戦うという世界になるのかもしれない。しかし人間に勝ち目はない。

世界が多極化するといっても、どこがpolarになるのかだが、アメリカ、支那、ロシア?、インド、イスラム国?、ドイツ、日本くらいしか、候補は思いつかない。
GDPでみれば、ロシアは軍事的には依然として強国だが、経済はイタリアと同じ程度。
ドイツは日本より少し下で、日本はGDP的にはアメリカ、支那に次ぐ3位にある。
だから、日本も核システムを持てば、一つのPolar になる可能性はある。
posted by libertarian at 02:16| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japan as Rimland

アメリカの国家戦略とは、マハンやスパイクマンの理論に基づいており、ユーラシアの周辺国を支配すれば世界を支配することができるということにある。この周辺のリムランドがヨーロッパ半島と中東と日本に相当する。
マハンの戦略をセオドアルーズベルトが採用したのが日露戦争の頃だから、これはアメリカの100年以上続く国家戦略、国家100年の計で、今も変わっていない。

戦後、リムランドの日本は、ソ連を抑え込む前線基地として利用されてきたが、同時に日本そのものがそれによって、ダブルコンテインメントされる。つまりソ連を封じ込めるための同盟ではなく、日本を封じ込めるためのものでもあった。そして冷戦終了後も、日本を独立させないでおくことがアメリカの一貫した方針となっている。

しかし、アメリカのUnipolar構造はもはや崩れつつある。支那の台頭により、世界はMultiPolar構造に移行しつつある。そして多極化した世界では、日本もアメリカのスーパーパワーの傘下で安泰とはいかず、自主防衛が必須となる。しかし、アメリカが日本を独立させない限り、日本が核防衛システムを持つことはできない。
以上がいわゆるリアリズム的な今の世界構造の見方である。

逆にいえば日本が核防衛システムを独自に持つことで初めて、日本は真に独立することになる。
問題は日本が独立するか否かという精神的なことよりも、支那が軍事的なスーパーパワーとして台頭し世界が多極化すると日本は独立し核保有をしないかぎりハンチントンの予言する通り、日本は支那の属国として蹂躙されることになるということだ。ハンチントンの予言は遠い将来のことではない。

アメリカは、日本の防衛に別に義務も責任もないから、基本、リスクリワードが合わなくなれば日本を見捨てるのは間違いない。アメリカは1回目は日本を攻めて破滅させ、2度目は日本を火中に置き去りにして破滅させる可能性が大いにあると予想されるわけだ。
日本は、独立もできず、核保有もできず、半独立国としてアメリカにナショナルセキュリティを全面的に依存し、南沙諸島、台湾が支那に支配され、軍事的に詰んだ、どうにもならなくなった状態で、アメリカが撤退するというリスクの可能性を考えておかないといけない。

今の日本のリベラルは支那に支配されてもよいと考えているバカどもだから、それを危機とは認識しないのであろう。アメリカの属国だったのが、支那の属国になるくらいで、むしろその方がよいと考えているバカどもである。大東亜戦争時のアメリカの日本人殺戮も苛烈であったが、奇跡的に国体は完全には失われなかった。だが、もし、支那に支配されれば、日本はチベットやウイグルと同様に苛烈な殺戮と蹂躙をうけ、国体を完全に喪失するだろう。

南朝鮮は、早くも支那の属国となることを決めたようだ。
しかし、日本の場合、その選択肢は最悪のものとなる。韓国が支那の属国に戻ってももともと何も失うものがないが、日本はそうではない。日本の場合は失うものがあまりにも大きすぎる。
posted by libertarian at 01:03| 東京 ☁| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

Triangulating Peace?

高橋洋一氏の平和の5要件に関する解説によると、

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44269
「ラセットとオニールによる"Triangulating Peace" は、国際政治・関係論の中になって、すべての考え方を統一的にとらえた最終理論のようにも思える。

@同盟関係については、対外的には抑止力をもつので侵略される可能性が低くなるとともに、対内的にはそもそも同盟関係になれば同盟国同士では戦争しなくなるから、戦争のリスクを減らす。

A相対的な軍事力については、差がありすぎると属国化して戦争になりにくい。

B民主主義については、両方ともに民主主義国だと滅多に戦争しないという意味で、古典的な民主的平和論になる。一方の国が非民主主義だと、戦争のリスクは高まり、双方ともに非民主主義国なら、戦争のリスクはさらに高まるので。アジアにおいて、中国とベトナムで何度も戦争しているが、まさにこの例だろう。

C経済的依存関係、D国際的組織加入については、従来のリアリズムから重要視されていなかったが、実証分析では十分に意味がある。」


ということだ。
ミアシャイマーのリアリズムのように、覇権大国の宿痾として戦争を捉えるのでなく、複数の要因で考えるということだろう。
しかし、このデータ1886年から1992年までの戦争データを使っているわけだが、イラク戦争のようにアメリカ側が侵略したものは入ってない。統計的に判断するにはデータが少なすぎるという気もする。

また戦争の規模も考慮されていない。地域紛争的なものから100万人以上の死傷者を出す戦争も1回にカウントされている。
また代理戦争といわれるものを、どうカウントしているかも疑問だ。
さらに支那のチベットやウイグルへの侵略と虐殺といった国家間紛争とはみなされない国内での侵略粛清もあるが、これは紛争にカウントされていないようだ。

また、複数の要因があるとき、その寄与度の大小が問題になるが、それに対する定量的な把握はされていない。
「軍事力は、@同盟関係をもつこと、A相対的な軍事力、カントの三角形は、B民主主義の程度、C経済的依存関係、D国際的組織加入という具体的なもので置き換えられると、それぞれ、戦争を起こすリスクに関係があるとされたのだ。」とまとめられるように、軍事力2要件、カントの3角形の3要件が両方寄与しているというわけだが、このうち、アメリカや支那の覇権的侵略行動を見ると、民主主義の程度が戦争の抑止になるというのは疑わしくなる。w

経済的依存関係については、わりと不安定で景気要因で経済依存関係は大きく変動すると思われる。
例えば大東亜戦争の前には、スムートホーリー法の保護主義から世界経済のブロック化が起こり、資源を持たざる国と資源を持てる国との対立が生まれた。
国際的組織加入といえば、国連や国際連盟が第1次大戦後に生まれたが、国連加盟国の多くが戦争を起こしている事実をどう説明するのだろうか?

統計的な処理の詳細以前に、いろいろ疑問があるが、結果的に、侵略戦争は、なんといっても相対的な軍事力の格差が最大の原因になっていると思われる。こう見れば、ミアシャイマーのリアリズム説になるだろう。

そして同盟関係は、相対的な軍事力の違いを小さくするためのもの、もしくは、同盟の総合的軍事力>どこかの一国の軍事力という圧倒的な軍事バランスを維持するためのものだ。

アメリカの場合は、冷戦後はあまりに突出した軍事力を持っていたため、現実的に軍事的同盟関係はあまり必要としていない。むしろ同盟は国際世論を敵に回さないための方便として用いられている。
ミアシャイマー的には、アメリカのような突出した軍事力をもつスーパーパワーが覇権国であり、覇権国になると覇権国の宿痾として拡大と侵略をするみたいな感じだろう。

支那とロシアと北は今の所、軍事同盟ではないが、歴史的にはお互いの利益になれば相互に一時的な同盟を組む可能性もある。
この点、日本は今後いかに防衛費を上げようとも、アメリカとの軍事同盟を組まない限り、これらの地域との軍事バランスをとることは不可能だ。

問題はアメリカは支那がアメリカに拮抗できるほどの軍事パワーになりつつある状況で、アジアの軍事小国との同盟関係で支那に対抗するメリットが少なくなるという点だ。
アメリカから見れば、支那と台湾や日本、フィリピンなどとの間の戦争リスクは高まっているが、そこに参戦するメリットがなんなのかという話だろう。つまり、当面はアメリカはスーパーパワーであるから、他国から侵略される脅威はほとんどない。
支那に対抗して軍事的覇権を維持することに伴うメリットはなんなのかがよくわからない。
かつてのソ連に対しては反共主義のイデオロギー的対決をしたが、今の支那に対する強いイデオロギー対立はない。

中東の石油にしても、アメリカの場合、マラッカ海峡をタンカーが通らないでも、湾岸ーパイプラインートルコー地中海ー大西洋経由でも送れるようにそのうちなるだろう。とすると、タンカーの通り道としての南支那海はアメリカにはどうでもよくなるかもしれない。
そもそも、今のアメリカの原油輸入ルートがどうなっているのかよく知らないが。。

5要素の寄与率を推定するに、やはり相対的な軍事力の違いが主要な侵略戦争の要因であると思われる。
特に支那のチベットやウイグルへの侵略とジェノサイドなど、これ以外では説明できないだろう.
現実問題、スーパーパワーを持った覇権国を裁くことのできる国や機関がない以上、世界は依然としてアナーキーである。
posted by libertarian at 20:39| 東京 ☁| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

危機が迫っている:THE CRISIS IS COMING

台湾がシナに実質的に併合されるのは2021年頃になるというミアシャイマーと平松茂雄氏の予想が正しいとすれば、残された時間はあと4年程度。
シナは台湾を政治的に併合しようとしていて、おそらく武力行使はしないだろう。政治的にできるのであれば、どこからも非難されず(できず)、それがベストだからだ。
台湾は空母20隻分の軍事的価値があるということなので、その瞬間に日本は軍事的に危機的状況、もしくは詰んでしまう可能性がある。

日本はWGIPのために精神的にふぬけ状態になってしまい、オウム並のいかれた左翼の跋扈する国になってしまった。
欧米の植民地支配の技術には恐るべきものがある。
集団的自衛権などという自明なものを国会で延々と議論して時間を空費させている左派政党は全てシナの手先と考えるべきだろう。時間的にあと4−5年しか残されていないという状況で、これはかなり絶望的だ。

シナはもはやむき出しの脅威そのものである。
軍事とは昔も今も地政学的に重要な拠点を拡大するゲームであって、大東亜戦争の頃、南の島が戦場になったのも、拠点を取られたら負けると分かっていたからだ。戦争というのは、拠点の確保をするゲームであり、オセロでいえば4隅を取られたら詰んだのと同じである。拠点を取られた状態で本土決戦をすれば、まさしく殲滅=ダウンフォールされるだけだ。大東亜戦争の際、本土決戦になっていればアメリカは日本をダウンフォール作戦通りに本気で殲滅していただろう。昭和天皇の大英断で日本は間一髪で奇跡的に助かったのが事実だ。
大東亜戦争当時のアメリカはまさに鬼畜であったが、今度のシナは鬼畜どころか重装備したサイコパスである。
その点、現在の南シナ海に対するシナの軍事拠点構築を見過ごしているアメリカは信じがたい。
もはや本気で極東を防衛する気があるとは思えない。

軍事評論家のような保守派?の人でも、シナと日本の自衛隊を比べたら比較にならないほど自衛隊が上だからシナ軍事力は脅威でない、などと言っているが、これは全くもって大間違いだ。
台湾がシナにとられた後でも、同じ論理が成り立つとでも思っているのか?
10年、20年前にはシナ、中共は軍事的な脅威でないと思われていたし、そんな予測をすればバカ呼ばわりされたろうが、それは時間的変化率を考えていなかったということだ。
将来予測とは変化を読むものであって、今の状態を比較してどうこう論じても全く意味がない。
日本としてはシナの変化だけでなく、アメリカの変化も予想しないといけないわけだ。特に台湾の変化が指標になる。

アメリカは誰が大統領になるかで、世界は大きく変わる。あのフランクリンルーズベルトがなっていなければ、大東亜戦争の大惨事もなかったろう。
仮にトランプのようなのが大統領になれば、アメリカはモンロー主義に戻る可能性もある。なぜならトランプがそのようなことを言っているからである。
その時、自分の身は自分で守れとアメリカは日本にいうだろうが、核システムもない状態で突き放されれば、シナが間髪を入れずに侵略してくることになる。基本的に日本のNATIONAL SECURITYは、アメリカがいなければ丸腰の状態だ。仮に核爆弾はすぐに作れたとしても、それを運営するシステムは一朝一夕にはできない10年はかかるという代物だ。そもそも核爆弾といっても原爆くらいなら作れたとしても、水爆は簡単に作れる代物ではない。今の核はシナにせよ基本的に水爆だ。ここら辺を核という言葉でいっしょくたに論じるのは間違っている。

現在、すでに黄色信号がともっている状態だが、2020年にはそれが赤信号になるだろう。
posted by libertarian at 03:17| 東京 ☁| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

Logistics and War

日本が大東亜戦争でアメリカに敗北した理由はいろいろあるが、特にロジスティクス=兵站を軽視しすぎていたことがあるようだ。
逆にアメリカには、そのロジスティックスを徹底的に叩かれた。
日本は開戦してすぐに、蘭印作戦(オランダ領インド=インドネシア)でオランダをあっという間に駆逐し、石油施設を手に入れた。開戦当初1年も持たないと言われていた日本の石油はどうなっていたのかと疑問であったが、開戦当初にこのインドネシアの製油所を手に入れたことで、余裕ができたようだ。しかし、この石油を運ぶロジスティクスをアメリカに叩かれ、あまり日本に輸送することができなかったようだ。
日本のロジスティックスの軽視は、輸送船にほとんど護衛艦をつけず、バシー海峡での人員輸送船でも碌な警護をつけず、アメリカにやられるままであった。バシー海峡では、無為に5万人もの兵士が輸送船とともに海の藻屑となった。

そしてアメリカのロジスティックスを積極的に叩くこともしなかったようだ。戦艦以外の船を沈めても評価が低かったということも原因としてあるらしい。兵站の重要性を実際あまり理解していなかったのかもしれない。
一方のアメリカは、輸送船だけでなく、病院船だろうと赤十字船だろうと無差別に沈めた。
これは当時、かなり国際的にもアメリカは非難されていた。アメリカの手段を択ばない非道さは際立っている。
「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓があったから、日本兵はあまり捕虜にならなかったのではなく、アメリカ側が投降した日本兵はほとんど全て虐殺したらしい。アメリカの戦いは国際法もルールも無視しためちゃくちゃなものだったのだ。日本の全都市への無差別爆撃、広島長崎への原爆投下だけではなく、最初から最後までルール無視だった。アメリカは、原爆だけでなく、「ダウンフォール作戦」という、毒ガス攻撃まで含む本土上陸殲滅作戦を計画していた。つまり、日本人を完全にジェノサイドする計画をルーズベルトは本気で進めていた。

大日本帝国の当時の版図を見ると、大日本帝国は決して地理的にも小国ではない。
今の地図を見て、日本のような国土の小さい小国がアメリカのような大国と戦ったというのは、今の日本地図しか見ていないのだろう。Fルーズベルトという狂人には日本の版図が驚異に見えたわけだ。

ところでパナマ運河ができたのが1914年。パナマ運河の幅などの基準は当時の戦艦などが十分に通れる大きさということで設計されていた。パナマ運河によりアメリカは大西洋岸の艦隊を太平洋に展開することが容易になったようだ。むしろ、パナマ運河開発の第1目的はそこにあったのであろう。
基本的に隣国とは敵国なので、アメリカが早くから日本を仮想敵国と考えていたのは自明だ。

アメリカから見れば、西は陸軍、空軍がドイツ、イタリアと戦い、東は海軍がメインに大日本帝国と両面で戦っていたわけだ。一方の日本は15年戦争を戦っており、大東亜戦争と同時にシナでも継続して陸軍が戦い、さらに太平洋全域で戦っていたわけだ。
この約3年半の戦争は、その規模の広大さもあり、とてつもなく複雑なものだ。この3年半は数百年分の時間が詰まっているような印象を受ける。

大東亜戦争に関して、詳細なことが書かれた本は沢山あるのだが、素朴な疑問に答えてくれる本がみつからない。たとえば、南の島が戦場となったわけだが、なぜそんなところが主戦場となったのかといった軍事的理由を説明している本が見当たらないのである。

おそらく大東亜戦争は空爆可能な軍事拠点を作るまでのオセロゲームのようなものだったのだろう。硫黄島は東京から1200Kmくらいのところだから、そこに拠点を作られたらオセロの隅を取られた状態になるというのは分かる。南方戦線は、そこを取るまでに制空権なり制海権を取る戦いだったのであろう。

また素朴な疑問として南の島でなくてもシナに空爆の拠点を作られていたら背面攻撃され同じことだと思っていたが、ここでは日本陸軍が活躍し拠点を作らせなかったようだ。日本軍が大東亜戦争の最中もシナから撤退しなかったのは、おそらくそういった軍事的理由があったのだろう。シナでは大陸打通作戦などの華々しい戦果を挙げている。この作戦にはB29の空爆拠点を作らせないといった軍事目的があった。

軍事論理から大東亜戦争を分かりやすく説明した本がないと、あの戦争の意味もよく理解できないというものだ。いい本はないものか?
posted by libertarian at 02:20| 東京 ☔| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

Macro is different from Micro

因果関係の分析は一般に難しい。
マクロな現象になると、特に因果関係は分かりにくくなると思われる。
ミクロな方が因果関係は要因が制限され分析しやすい。経済では原因をインセンティブと呼ぶ。インセンティブは個人に行動を起こさせる動機であり原因といえる。
その点、経済学ではミクロの方がマクロよりも合理的、論理的で完成された領域にみえる。

むしろマクロな現象では因果関係よりも、自生的秩序とでも呼ぶべき構造を見いだすことが肝要だ。
一見ランダムなものから、隠された構造を見いだすのは発見的なもので演繹的なものではない。
マクロな現象には、隠された構造がある。これに対し因果関係という狭い見方で捉えようとしてもダメなのである。ランズバーグなんかは、ミクロの合理性でマクロ経済までを理解しようとしているようだが、そういうのはダメだろう。ランズバーグの書いたものを少し読み返したが、あまり感心しないことが多かった。特にリーマンショクの最中に非現実的な間抜けな思考実験をして得意になっているのは感心しない。w

マクロの現象の構造にも、原因といってもいい何がしかの数学的な構造があるのだろうが、それがまだ見出されていないと考えた方が良さそうだ。マクロな現象は経済現象にしても、カオス理論と無関係ではないだろう。しかし、まだ見出されていない数学的な構造の解明が、カオス理論の進歩延長線上にあるのか、全く別の理論が必要になるのかどうかもわからない。
いずれにしても、なんらかのセオリーが必要だ。
従来のマクロ分析は統計的手法を使えばいいというかんじであった。しかし、従来の金融理論は統計的手法を用いたがゆえに根本的に間違えていたわけだ。
つまり通常の統計的手法は正規分布を対象にしているが、金融理論が対象とする相場は正規分布とは似て全く異なるものであった。
ではこのような正規分布でない分布、構造をもたらす仕組み、原理、メカニズムがなんなのかというところから、考える必要がある。
これ以上に詳しいことは営業秘密だから言わないが。w
posted by libertarian at 21:59| 東京 🌁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Progress of Airplane

飛行機の技術進化をみると、目立つところで
1850年 有人グライダー
1852年 初の動力付き飛行船
1903年 ライト兄弟の動力飛行機
1937年 初のヘリコプター
1939年 零戦
1947年 ジェットエンジンによる音速の壁突破

約100年でグライダーから音速ジェット機まで進化している。この間に飛行機の原理的な部分は全て達成されている。
ライト兄弟の動力飛行機が発明されると、瞬く間に動力飛行機は進歩し、10年後の1914年にはじまる第一次大戦では飛行機が乱舞していた。しかしさすがに1904年の日露戦争では飛行機は一切登場しない。

第二次世界大戦後は、ボーイング29(B29)のような大型の機体が旅客機として利用されるわけだ。
飛行体験という意味では、動力飛行機より50年以上前に、飛行船ができているから、空を飛ぶことは、ライト兄弟以前にありふれたことになっていた。だが飛行船はあまりに遅く非力であり軍事利用はできなかった。

動力飛行機でのライト兄弟の成功要因は、独自に軽量の飛行機用エンジンを手作りしたところにある。
ライト兄弟以降の飛行機の進歩は、飛行機用エンジンの進歩と機体設計の進歩の2面で進んだ。
飛行機は複合技術であるから、要素技術、素材開発によって今も進歩はしているが、車と同様に本質的なところはとっくに完成されている成熟した技術だろう。

今後は戦闘機は無人のドローンに置き換わるのは確実だ。これは飛行機にとっては要素技術にすぎないコンピューターの進歩によるものだが、有人戦闘機は消滅し、同様に爆撃機も無人化すると思われる。
こうして考えれば、飛行機は紙飛行機からドローンに至る進歩のようにも見える。
posted by libertarian at 16:09| 東京 ☁| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする