2016年10月25日

自称リバタリアンのほとんどは左派である

リバタリアニズムは、右でも左でもない第3極として自らを位置づけようとしているが、実際のところはリバタリアニズムには左派がかなり紛れ込んでいる。
以前、英語のWikiの解説には左派リバタリアンという項目があり、これは形容矛盾のように感じていたが、どうもそうではなかった。
特に日本でリバタリアニズムを語る人間の殆どは左派である。もしくは無自覚などーしよーもない左派であろう。
こういった連中は、リバタリアニズム=アナキズムと考えており、マルキズム=アナキズムであることから、リバタリアニズム=マルキズムと結びつくことになる。
マルキズムが私的所有権の否定からアナーキーに至るのに対し、リバタリアニズムは私的所有権の絶対化からアナーキーに至る。これは真逆のようでいて、実は同じものだ。
そもそもマルキズムも自称の自由主義なのだ。
自称リバタリアンの多くは、マルキズムが崩壊したので、アナキズムの可能性をリバタリアニズムに見ている連中と言ってよい。
ロスバードのようなミーゼスの信奉者ももともとはマルキストだった。それがマルキストからリバタリアニズムの唱道者になったわけだが、マルキズムの理想であるアナキズムの幻影をリバタリアニズムに投影していたのであろう。

このことからも、左派でないリバタリアンを論じた方が手っ取り早いわけだ。
無政府=アナーキーとは無政府制度という制度問題であり、自由とは関係がないということに注意しないといけない。自由をつきつめるとアナーキーという制度に至るわけではないのである。
大事なのは自由の概念であり、制度ではない。

結局のところ、ここら辺をちゃんとわかっていたのは、ミルトンフリードマンであり、ハイエクだったのだろう。フリードマンは経済を自由の問題として考え、ハイエクは法を自由の問題として論じた。
デビッドフリードマンはアナルコキャピタリズムを唱えているが、そこらへんのところはちゃんと分かっているだろう。w
posted by libertarian at 02:17| 東京 ☀| Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

建築の寿命

建築のスクラップアンドビルドというのは、割と重要なテーマだと思う。
だが、この問題に真正面から向き合った考察は寡聞にして知らない。
建築を文化財として考えれば、できる限り長く保存すべきだということになるし、消費財の一つにすぎないと考えれば経済性でスクラップアンドビルドするということになる。

日本も戦後の名建築は筑後40−50年という短期間でスクラップアンドビルドされるものが多い。
これを、どうにかして残そうというDOCOMOMOのような運動もあるが、何の強制力もないので、残されるものは少ないのが現実だ。

私もレトロビンテージが好きなので、味わいのある旧い建物はなるべく残ってほしいと思うわけだが、それを許さないメカニズムが何なのかを明確にしないといけないだろう。
もっともモダニズム建築が割と簡単に壊される傾向にあるのは、必ずしも日本だけの現象ではないようで、アメリカでも同様のようだ。
もともとモダニズム建築が工業化社会の商品として生まれたということは、それがスクラップアンドビルドされることを想定していなければおかしいとも思われる。

日本の場合は、建築基準法がどんどん変わり、耐震基準も変わるし、それに適用しようとすると壊して建て直した方が安上がりという現実があるのは事実である。また、建築に事実上の減価償却期間が定められているというのも日本に特異な状況である。

建築基準や減価償却期間の問題は立法論上の大問題であり、経済的な合理性がそれらの規制にあるのかどうかは問題である。おそらく減価償却期間の設定は全く有害無益な規制であろうと思う。

だが、RC建築の寿命は当初言われていたより短く、実際50年程度で相当にガタがくるのは事実のようだ。
これはコンクリートという人工物素材の限界なのかもしれない。
コンクリートでなく天然の石造りの家や木造建築は、ずっと長くもつだろう。

その点、RC建築をベースとしたモダニズム建築は、やはり50年が限界で、建て直すしかないのかもしれないとも思う。
もし、ほんとにそのデザインがいいのなら、デザインをそのままに構造だけ新建築基準に準じた作りで再構築するというオプションもある。

前川国男の名作建築であるとか、私の子供の頃はまだできたばかりという感じで、子供ながらにその雰囲気に感動し圧倒されたものである。それが終わるということは自分の生きてきた時代が終わるような気がして寂しいものがあるが、そう悲観するほどのことではないのであろう。w







posted by libertarian at 01:00| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

ヒラリー大統領という最悪の予測

アメリカ大統領選も11月の投票日まで迫ってきたが、538(FIVE THIRTY EIGHT)の予測ベースだと、トランプ15%、ヒラリー85%なので、ほぼクリントンの勝利で決まりそうだ。

ということで、今後日本を含め世界はヒラリー米大統領という最悪の事態に備える必要がある。
世界にとって、ヒラリーがアメリカ大統領として最悪である理由は、ヒラリーがとるだろう外交軍事戦略にある。
経済政策的には今のFRB体制は継続だろうから、その点はあまり問題ないだろう。
また、連邦最高裁判所のスカリア判事の後釜はヒラリーが左派の裁判官を任命することになり、左派リベラルの判事が5人となり保守派の判事4人を逆転することになる。とはいえ、保守派とカウントされる判事には中道もいるのですでに今の体制でも左寄りの体制だ。

アン・コールターなどは、もし今回トランプが大統領になれなければ、共和党は今後ずっと大統領の座を失うだろうと悲観している。アメリカは10年前よりも確実に左寄りの社会ムードになっているように見える。
それがますます加速するだろう。

ヒラリーが大統領になることで生じる軍事的な問題とは、まさにネオコン以来のLIBERAL IMPERIALISM(リベラル帝国主義)路線を継続することにある。アメリカはミアシャイマーのいうようにレーガン時代のオフショア バランシング戦略に回帰するべきなのである。
リベラル帝国主義路線の積極軍事介入主義にオバマも従っていた。オバマの戦争は直接軍事行動を避け、ドローンやらを使った局所テロ戦争を多用しただけだろう。アメリカ政府自体がテロリストとなったわけで、これもとんでもないことである。

アメリカがリベラル帝国主義路線を継続することで、結果的にアメリカが弱体化し、それによって潜在的な覇権国であるチャイナの台頭を許すことになるというシナリオがヒラリー大統領が世界にとって最悪になる理由である。
これに対して、トランプが大統領になった場合、軍事力バランスをヨーロッパ、中東からチャイナにシフトする可能性が高かった。元々、ヒラリーは親チャイナ的な政治家、というかチャイナマネーにまみれきった人間であり、チャイナの台頭を積極的にもしくは消極的に許すだろう。





posted by libertarian at 10:49| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする