2017年08月30日

コミンテルンのスパイとMITM攻撃

コミンテルンが、戦前から日本でもアメリカでも政権中枢に入り込み、深刻な謀略を行っていたのは事実であるが、このように政府インサイダーにスパイが入り込むと防御ができなくなるのは、同一のコンピューターネットワーク(ドメイン)に侵入されるとセキュリティが破綻してしまうのと同じである。ドメインのネットワークは基本的に信頼関係がなければ成立しないのだ。

スパイとはテロリストと同じである。日本が近衛文麿の周囲に尾崎秀実のようなコミンテルンの工作員がうようよしていた結果、対米戦争へと誘導されたわけであり、爆弾テロなどとは比較にならない深刻な被害をもたらした。
#ココらへんの事実関係は、江崎道郎氏の著書にくわしい。
またスパイによる攻撃は非対称的な攻撃でもあり、独裁組織が民主主義の権力中枢にスパイを送り込むことは、民主主義の国がスパイを独裁政権の中に送り込むよりずっと容易だ。

日本では蓮舫の国籍問題は依然としてうやむやにされているが、蓮舫がチャイナのスパイだろうことは露骨に明らかだと思う。にもかかわらず蓮舫が逮捕されないのは、日本にセキュリティ体制が存在しないことを物語っている。本来、国会議員になろうとする人間に対しては立候補に際して厳しい個人情報開示を要件とすべきなのである。

現実問題として、今の日本は権力中枢にチャイナのスパイはかなり多く入り込んでいるのであろう。
今の状況が近衛内閣の時代よりましとは思えない。むしろ、もっとずっと酷い状況に違いない。
日本のメディアを支配している電通の役員には朝鮮人が多く入り込んでいる結果、今のメディアも反安倍で露骨に動いているわけだ。これもソフトなテロであり、テロはテロだ。
posted by libertarian at 23:30| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Floydhub

ここのところ、PCを作るか買うかいろいろ検討していたが、今はRyzenもでたばかりの端境期であり、しばらく買わないことにした。もし買うなら年末か来年の方が選択肢がぐっと増えているだろう。

急いで買う必要もないわけは、FloydhubというクラウドのGPUサービスを使えば、普通のノートパソコンからもTensorflow-gpuが使えるからである。これは無料で使えるサービスである。
gpuなど載っていない古いノートパソコンからも使えるのでありがたい。

このサーバーにはNvidiaのTesla k80というサーバー用高性能gpuが使われている。買ったら一つ100万円くらいするものだ。サンプルにmnistを動かしたが十分高速だ。
これを使えば新しいコンピューターは特に必要ないかもしれないw
これにも何がしかの制約条件はあるのかもしれないが、これでどうしてもダメになってから、新しいのを(仕方なく)買えばいいわけだ。

追記)無料で使えるのはお試し版で、基本的には有料サービス。しかし、料金は月7ドルからとかなりお手頃で、学生でAIの勉強をしたいのなら、これで十分と思う。自分で高性能なGPUを買うとPC電源も大きくなりコストが嵩む。NvidiaのTesla k80というサーバー用高性能gpuは、複数人から同時アクセスされるのであろうが、処理速度は大体GTX1070程度の速度で十分だ。Floydhubで動かせば電気代もかからないし、OSを選ばず旧いノートPCからでもGPUコンピューティングが可能だ。スマートにGPUコンピューティングをしたいのならオススメ。
posted by libertarian at 21:38| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

人類の認識の限界

ディープラーニングは、他にも沢山ある分類機の一つでしかない。つまり、いわゆるAIの認識や識別と言われているものは分類問題に他ならない。
人間の分類認識の限界はせいぜい3次元までで、実際は2次元までだろう。2次元のグラフにマッピングされたものならどんなに入り組んでいても容易に分割できる。しかし3次元になると急激に難しくなり、4次元になると不可能になる。これはいわば人類の生物的な限界といえる。だが、機械は4次元だろうと1000次元にマッピングされたものであろうと分類問題を容易に解決できてしまうのである。
ここがいわば、人間と機械の違いであり、人間の知能と機械の能力との違いである。
4次元以上のテンソル空間における分類問題を機械は処理できるが人間には不可能だ。将棋や囲碁のようなゲームも局面を高次元にマッピングした分類識別が機械にはできるが人間にはできない。結果、あっというまに名人の手の届かない領域にソフトの力が到達してしまったのだ。
posted by libertarian at 03:47| 東京 ☁| Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindle Fire HD8

アマゾンでKindle Fire HD8がPrime特価7000円だったので、購入した。
Kindle Fire7は持っていたが、画面が小さすぎてやや読みにくかった。やはり8インチ画面の方がずっと読みやすい。なにより本体価格がメモリー程度の値段だ。これに128GBのMicroSDをつければかなり使える。

KindleFireは最初はGoogle Play storeアプリが入っていないが、これをインストールすることで普通のアンドロイド端末のように使えるようになる。これはKindleFireを買ったら最初にインストールすべきアプリである。
その後にLineを入れれば、無料電話機としても使える。(つまりGoogle Play storeアプリを入れないとLineアプリも入らない。)

私のiPadは32GBしかないのでKindle本を全てダウンロードしておける容量がないが、SDが128GBあれば今のところ余裕で全部ダウンロードしておける。またAmazonPrimeから音楽や映画もダウンロードできる。
このように大量の本、音楽、映像をオフラインで持ち歩けるというのは旅行の時など非常に便利なのである。
またiPadのKindleからはアマゾンからダイレクトに本を買ったり出来ないが、KindleFireからはできる。その点、KindleFireがあればAmazonとのやりとりがタブレットだけで完結するのもいいところである。
特にKindle Unlimitedを使っている場合、このことが使い勝手をかなりよくする。これはiPadにはない利便性である。

Fire7に比べるとHD8の方が動きも少し滑らかになっている気がする。RAMが1GBから1.5GBに少し増えているのが大きいのかもしれない。

Kindle Fire HD8はオススメだ。

posted by libertarian at 00:26| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

ギガビットイーサネット

光回線は前から導入していたが、無線接続だけで有線接続はしていなかった。
それでも別に速度に不満は感じていなかった。しかし、AndoroidTVは回線速度があったほうがいいと思い有線のギガビットイーサネットを組んだ。結果的に無線に比べて10倍の速度になった。
速くて困ることはなにもない。w
BNRなどで測定すると下りで900Mbps程度でる。一方の無線だと100Mbpsくらい。
ギガビットイーサネットを組むには、ルーター、ケーブル、ハブなどを全部ギガビットイーサネット対応のものにしないとダメなのでケーブルは新調した。昔のケーブルは全部捨てる必要がある。w

こんな高速回線が充実しているのは世界でも日本くらいだろう。
メインなノートパソコンも有線接続に変更した。

posted by libertarian at 11:21| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

AndroidTVは高性能コンピュータ

ソニーのAndroidTVをPCのモニターとして使っているが、Youtubeなど動画を見ると少しカクカクする。
PCはi7のCPUで結構高性能であるが、CPU内蔵のGPUが4Kモニターには貧弱な性能なのだと思われる。
しかし、AndroidTV本来の機能を使って、Youtubeなどを見ると非常に滑らかだ。

ようするにAndoroidTVに内蔵されたGPUは高性能なのだ。4K番組を滑らかに再現する位の性能のGPUが載っている。むしろハイビジョン番組をリアルタイムにアップコンバートする方が処理能力を要するのかもしれない。
なにが載っているのか調べようとしたが、そういう情報が見当たらない。
AndroidTVはタブレットではないが、大画面の高性能なAndroidマシンと言える。もしかしたらソニーのプレステと同じくらいの性能のコンピュータが載っているのかもしれない。
posted by libertarian at 09:54| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

VirtualBoxのススメ

私のPCやMacにはすべからくVirtualBoxが載っている。仮想化ソフトは他にもいろいろある。例えばVMware,HyperV,Parallesなど。私はこの内、ParallelsとVBoxしか使ったことがないが、VBoxはOracleがサポートしていて無料なのがよい。機能的にも十分だと思う。
VBoxは、単に仮想マシンを作るだけでなく、いろいろと便利な機能が沢山ある。たとえば、スナップショット機能のようなものは使いこなすと便利であるし、これはネイティブインストールしたOSにはない機能だ。

今のCPUはマルチコア化しているので、VirtualBoxではこのコアの半分までを最大で使用できる。メモリーも最大で搭載メモリーの半分まで使える。CPUパワーを要する処理をするときは、このことが不利になるが、そんなことはあまりないし、そもそもCPUパワーが高いので半分でも十分なことが多い。VirtualBoxを使うとi7やRyzenのようなメニーコアのメリットが活きると思う。

少し前はDualBootが流行っていたが、DualBootは設定は面倒かつ危険も伴う。それにたいしてVirtualBoxは非常に気楽に安全に行える。VirtualBoxによって、一つのマシンをマルチOS化するのはオススメである。
posted by libertarian at 18:21| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCの雑感

最近は、段々とOSの違いがあまりなくなってきた。Windows,Mac,Linuxとあるが、別にどれを使っても大した違いはない。ターミナルで作業するのなら、MacやLinuxが便利だが、WindowsにもBoWが出てきた。
またAnaconda Navigatorのようなものを使えば、UIは完全におなじになるので、OSの違いはほとんどないといってもいい。そもそもVirtual Boxのようなものを入れていると、マックでLinuxやWindowsが動くし、WindowsでLinuxやMacが動くので、マシンそのものは関係なくなるのである。

しかし最近はYoutuberでも4K高画質で凝った映像を出してくる人も増えた。マシンが進歩すると今まで不可能だったことが可能になり、そこに参入する人がどっと出てくる。しかし私も写真やカメラは好きだが動画編集などはあまりやりたいと思わない。だが、たしかに今のマシンスペックは動画編集でもやらない限り過剰なスペックだ。

GPUパワーの活用という点では、仮想通貨のマイニングというのもある。これはGPUを24時間フルパワーで使うので有効活用しているようにも見えるが、私はこれは怪しいと思う。ちょっと調べてみた所、GTX1080を使って1日、平均2ドル程度の売上がでるらしい。だが、これから電気代を引くと1ドルにもならない。もしくは1ドル程度というところか。しかし、高価な1080の減価償却費はふくまれていない。1080が8万円程度とすると、800日掛けないとGPUの代金もでない。2年以上、24時間フルパワーで回してようやくGPUの支払いができるというのはビジネスモデルとしていかがなものか。そもそも、この報酬なるものもGPUパワーを採掘業者にレンタルするお金として支払われているようだ。
おまけに、仮想通貨の採掘にかける計算というのがバカバカしすぎる。これは電気代の無駄にしか思えないのである。w
とはいえ、これで一財産築いたという人がほんとかどうかわからんが名乗りでてくると、我も我もと押しかけるので、まさに昔のゴールドラッシュと変わらない。ゴールドラッシュの時のリーバイスと同じで儲かるのはGPUメーカーだけだったりするのではないか。

あとはGPUパワーはゲームに使われる。しかし、ゲームといってもバイオレンス・アクションばかりでとてもやる気は起こらない。しかし、これは社会的な効用もないわけでなくて、最近の暴走族の減少はバイオレンスゲーム市場が吸収しているからだという説もある。w

だが何と言ってもGPUなどの本当の価値はAIにあるわけだ。仮想通貨の無益な計算に膨大なマシンパワーと電力を使うより、AIの学習に掛けたほうが遥かに生産的だ。

posted by libertarian at 17:56| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

Hackintosh

レッツノートのVirtualBoxに試しにMacOSX Sierraをインストールしてみた。
しかしVBOX上で動かすとあまりに遅すぎて全く使えない。なにか設定がおかしいのかもしれない。

しかし、MacOSを仮想マシンにではなく、そのままPCにインストールする技が海外では結構流行っているようだ。
アップルはノートとタブレットにシフトしてしまい、高性能デスクトップはMacProくらいしかなく、これもあまり評判がよくない。結果、最近の高性能GPUがマックでは全く使えない。
だが、MacOSをPCにインストールできれば最新のGPUもマックの環境で使えるというメリットがある。
そんなことがなんでできるのか不思議であったが、考えてみればMacも仕組みを隠蔽はしているものの、普通にIntelベースのパソコンであるから、ドライバーなどを使えるようにすれば動くらしい。
インストールもそれほど大変ではなさそうだ。
というわけで、 これまでMBPrにThunderbolt経由でeGPUを使うことを考えていたがHackintoshを作るのも一案かもしれない。w
思うに高性能PC市場はこれからGPU主導で動いていくだろうから、今の商品構成ではアップルは市場の変化にとりのこされるだろう。HighSierraでのeGPU対応はその対策の一つだろうが。

今のノートPCはUSB−CがついていてもThunderbolt対応ではないものがおおい。TBがついているのはハイエンドモデルくらいだ。私は最初、USB−CイコールThunderboltかと勘違いしていたが、形状は同じで中身は別物であった。Thunderbolt対応のUSB−CでないとeGPUは使えないし、ケーブルからして、USB-CケーブルでなくThunderboltケーブルでないとダメだ。
しかし、この1年位でThunderboltはハイエンドモデルでないノートPCでも標準になる。なぜならインテルがそのようにアナウンスしているからだ。
もし、ゲーミングノートpcを買うなら少なくとも1シーズンまったほうがいい。今のゲーミングノートPCはTB3対応でないものがほとんどだからである。

とはいえ、よくよく調べてみると最新のPCIeバスのスピードは、TB3よりも圧倒的に速く、それもさらに高速化されるスケジュールのようであるから、GPU時代はやはりデスクトップマシンが復権するのではなかろうか。
GPUの速度もうなぎ登りである以上、バスのスピードもそれにあわせて速くならないと律速になってしまう。


posted by libertarian at 11:34| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

民主主義と攻撃的セキュリティ

日本がコミンテルンの謀略によって、対米戦争に突き進んでいったという説は正しいと私は思う。アメリカもコミンテルンの謀略によって政治を大きくミスリードされてきた。
コミンテルンの謀略のような非対称的なテロ的な活動は、わずかなコストによって甚大な被害を世界にもたらしてきた。
これは、なぜかというに、デモクラシーにセキュリティが埋め込まれていないからだろう。つまり、デモクラシーといったオープンな制度は初期のインターネット同様にオープンで自由であることを理想としているがために、セキュリティのような性悪説的な仕組みが織り込まれていないのだと思う。デモクラシーは民主政体といった制度だが、その具体的な内容は選挙制度がベースとなる。

ちなみに法治主義、法の支配とデモクラシーは同じではない。法の支配が上位概念であり、民主制度というのは明らかにすっと下位の意味合いしかない。
おそらく「法の支配」の理想的な意味では、法とは自然法のことだが、それが拡大されて人間の決めた単なるルール(人定法)としての法も含むようになった。そうやって法の意味が拡大されるにつれて、民主制度=デモクラシーの価値も拡大的に解釈されてきたのだろうと思われる。だが、デモクラシーの基盤となる選挙制度は様々あり、どの選挙制度も深刻な問題を持っている。

話がそれたが、今のインターネットは後付の暗号システムによってなんとか成り立っているわけだが、デモクラシーにも後付的なセキュリティシステムがあるのかと考えるに、おそらくそれはない。
セキュリティがないがゆえに先進国のデモクラシーに対する、後進国のコミンテルン、中共といった悪党集団の付け入るスキが沢山あるのである。
それでも正義が最後は勝つとは残念ながら言えないのだ。実際、これだけ甚大な被害を被ってきて今もそうなのであるから、正義が勝ったとは全く言えない。これは明らかにセキュリティシステムを内在しないデモクラシーのもつ制度的な欠陥である。

思うにセキュリティを広く解釈すれば、免疫システムもそうだし、そういった複雑なシステムは間違いなく後付のものである。しかし、その後付のシステムがサバイバルを分けるのだと思う。必要とされるセキュリティシステムとは、Offensive securityだ。
アメリカを見ればわかるように攻撃は最大の防御なりということで、Offensive Security、攻撃的防御システムがアメリカのセキュリティの基本だ。最初に攻撃する必要はなくても、OffensiveSecurity、攻撃的セキュリティシステムを持つ必要がある。危険は小さい芽のうちに摘んでおくという原則だ。
しかし、アメリカであっても国内政治はオープンでフリーが原則であるためにそこに食い込まれてしまっているわけだ。
選挙で大半が社会主義支持者が選ばれれば、無血革命で社会主義者は勝利するが、それもすぐには難しいので教育、メディアという制度を乗っ取りにかかってきたのが戦後の共産主義ー社会主義陣営の一貫とした戦略だろう。そして、それは物凄い成果を着実にあげている。


posted by libertarian at 21:18| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

無線LANのセキュリティのススメ

喫茶店などでPCを使うと、無料のWifiスポットが沢山あったりするが、これは原則使ってはいけない。
私は外ではスマホ経由のテザリングしかしないが、怪しいWifiスポットが結構あるので要注意だ。というか、怪しくなくても無料Wifiスポットに入ればリスクは極めて高い。
同一ネットワークに入ってしまうと、Man in the middle攻撃の対象となるからだ。同一ネットワーク上のマシンだと極めて容易にハッキングされるということを知っておかねばならない。攻撃をされても本人は気づくことができない。セキュリティソフトをちゃんと入れていてもダメである。MITM攻撃を防御できるセキュリティソフトはない。

あと、家庭の無線ルーターの設定も要注意である。
買ってから何もしないという家が多いだろうが、業者のデフォルトの設定は問題があることが多い。
おそらく殆どのルーターがWPSをオンにしているが、WPSは切らないといけない。
WPSは8桁の数字なので、容易にブレイクされる。そしてWPSがブレイクされると自動的にWPAもブレイクされるのである。
WPA、WPA2に使われているAES暗号は強度が非常に高いがWPSがその穴になっているのだ。
また無線の暗号キーも4種類の文字を混合してないことがおおい。英字の大文字、小文字、数字、記号の4種類を組み合わせた8文字以上にするのが基本である。
言うまでもないが、WEPを使ってはいけない。WEPはザルなので、暗号化をしてないのと同じである。こんなものはルーターから本来削除すべきなのだが。
無線ルーターは有線ルーターと違い、暗号をブレイクされたらネットワークに外から接続できる。そしてネットワークに侵入されたらMITM攻撃を容易に掛けられる。。というか、ほぼセキュリティ0のザル状態になってしまうのである。

夏休みの間に、一度無線ルーターの設定を見直しすることをおすすめする。

ついでに、オマケとして、
Gmailはかなり普及しているが、もし使ってないのならGmailへ乗り換えることをすすめる。
Gmailは特に何もしなくても、上り下りで暗号化がきちんとされているからである。
さすがはGoogleである。TLSという方式の暗号化がされている。
先日、知人に書類をメールで送ったら、暗号化してくれと言われたが、昔のメールと違って、Gmail同士なら、そこまでしなくても大丈夫なのである。
posted by libertarian at 15:17| 東京 🌁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の軍事力

「日本の軍事力」(中村秀樹著)を読んだ。
これは日本の自衛隊の現状を内部告発した本だが、思った通りと言うか日本の防衛省ー自衛隊はかなりメタメタな状態のようだ。もし有事となれば、日本の自衛隊は全く機能しない。映画のゴジラで官邸の混乱が描かれているが、実際はもっとヒドイことになるだろう。
やはり自衛隊は軍隊として正式に法的な枠組みの中で位置づけない限り、日本の軍事力は0と言わざるをえない。今の自衛隊は法的には警察権力の延長であるから軍隊ではない。日本に正式の軍隊がないということは軍事力が0ということであり、日本の軍事力が0だということは、防衛力も0だということだ。専守防衛というのは幻想で、軍隊がなければ防衛など不可能である。

日米同盟は矛と盾の関係といわれるが、自衛隊が盾として機能できるかはかなり怪しい。
もし、チャイナが本格的に侵攻してきたら、あっというまに終わりだろう。
9条問題も泥沼だが、もはや日本はどうにもならない状態になっているようだ。
軍隊を法的にきちんと位置づけない限り何も始まらないが、9条問題をクリアするのは現状どうしようもない状態に思われる。安倍首相が加憲案をだして以来、チャイナや朝鮮の手先と化しているメディアが安倍おろしの総攻撃を違法にも仕掛けてきているということもある。

この本の内容とは離れるが、北の問題も深刻だ。藤井厳喜氏の予測だとアメリカは北への攻撃はしないということだ。
なぜなら、アメリカの本当の敵はチャイナであり、北への攻撃はチャイナを利することになる。アメリカのリベラルメディアが今は戦争を煽っているが、トランプ政権は北を相手にしないだろうということのようだ。
予測は予測であるから、どうなるかは分からないが、もし北の核を放置するとなると、どうなるのかが問題だ。
完全に放置しておけば、実質的に朝鮮半島は北に併合され、日本が100%干渉地帯になるという流れになるだろう。
緩衝地帯は、いわば非国家であるから、早晩、チャイナと北に侵略され占領されるだろう。
日本は軍隊をもたないのであるから、実際問題、戦後一貫して非国家だったのかもしれない。
それが、またどうしようもない段階に来てしまっているというのが現実だ。

あるべき姿としては、当然ながら憲法9条を削除し、軍隊を法的にきちんと位置づけ軍法を作り、核武装をしなければいけない。また原子力潜水艦をもち核反撃能力をもち、武力均衡を図らなければならない。仮に台湾がチャイナに併合される事態になれば、最低限、そのくらいしなければ防衛は不可能であろう。
posted by libertarian at 14:54| 東京 🌁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

レッツノートとノートPCの行方

レッツノート(NX2)の中古を購入した。
レッツノートは昔使っていたが、さすがのPanasonicらしい安心のクオリティーで気に入っていた。
そこで、安さに惹かれてついついガジェット感覚で買ったわけだ。
私はWindowsはマック上のParallelsという有料の仮想化ソフト上で使っていたが、MBPは重いしモバイルには適さない。また他のWindowsノートはどれもかなり旧くなってしまったので、単なるガジェットとして買ったわけではなかった。

CPUはcorei5でwindows10Pro32bit、メモリー4GB、250GBHDDというスペックだが、これを
Windows10Pro64bitにアップグレードし、メモリーは持っていたやつを流用して8GBにし、ハードディスクも持っていたIntelの120GBSSDに換装した。

しかし、Windows10Pro64ビットにupgradeしたら、ブルートゥースが使えなくなってしまうという不都合がでた。これはアップグレードに伴う報告された問題のようで、いろいろやったがうまくいかず、面倒なので、これも持っていたBTのUSBドングルで代用。
さすがにバッテリーはヘタっていたので、新品を購入した。
持っていた部品をコストにいれなければ、PC+バッテリーのトータルで3万円くらいか。新品のノートPCでも4−5万円で買えるが、それよりはスペックは高いだろう。それに何と言ってもレッツノートのような高級なモバイルPCは未だに新品だと20万円くらいする。

ここ5年くらいのPCでcoreiシリーズのマシンであれば、十分な性能なので、モバイルPCには中古で十分という感じだ。
windows10へのアップグレード期間は過ぎているが、今も普通にできる。
別のSSDにクリーンインストールしたが、この際、プロダクトキーの入力が必要になる。これは普通は筐体のシールに書いてあるが、そんなシールは付いていなかったので調べた所、Windows Product Key Viewerというフリーソフトで簡単に調べられることが分かった。プロダクトキーは当然にPCの内部に保存されていたのである。
最近は32GBのUSBメモリーも1500円位なので、これにlinuxを入れてDualBootにする予定。

しかし最近のノートPCはUSB-Cが標準になってきているので今後はeGPUが流行るだろう。マックもHighSierraでeGPUを公式サポートする。これでゲーム市場にマックも参加できるという目論見だろう。
Windowsノートでも高性能GPUをeGPUとして使えればメリットは非常に大きい。
USB-Cやサンダーボルトは高速なのでPCIeと転送速度はそんなに変わらない。
GPUを無理やり取り込んだゲーミングPCにしなくても、低スペックなパソコンにGTX1070,1080あたりをeGPUでつなげたほうがゲーミングのパフォーマンスも高い。1080のような高性能GPUは単体でも400W電源とか必要になるのでノートPCに押し込むのはかなり無理がある。
つまり、今後PCはモジュール化のようなことがおこり、eGPUで劇的な性能アップを図るという流れになると予想する。
posted by libertarian at 21:10| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

eGPU

 最近はTensorflowをいじっていて、高性能GPUの必要性が高まった。そこで、eGPUをノートパソコンにつけようといろいろとやってみた。分かりやすいのは新しくコンピュータを買うことだが、あまり部屋をコンピュータだらけにしたくないし、欲しいのはGPUだけである。余計な出費は余計であるし、余計なCPUも 余計なHDDも余計なメモリも余計である。
そこで、WindowsNotePCのminiPCIeソケットにつなぐPCIe変換ソケットを購入し、試してみた。だが、しかしさすがチャイニーズ製というべきか、いろいろと問題が発生し失敗した。最後は新品のGPUがお陀仏になるという悲惨なことになった。<(;;)>

さすがに高価なGPUを怪しいチャイニーズ製の部品に繋げるというのが危険すぎた。
手痛い失敗と出費で少々めげたが、GPUの必要性は高まるばかりである。
そこで、やはり新しくNvidiaのGPUを搭載したパソコンを導入するかどうかを検討している。
性能を重視するならデスクトップパソコンを作るか、買うかである。省スペースを重視するならノートPCがいい。GPU性能も高ければいいとは考えていないが GTX1060か1070あたりが丁度良い。1050の性能は微妙だ。
CPUはRyzenの8コアあたりがいいかもしれない。AMDのRyzenCPUもDeepLearningを強く意識して作られたものでPascalの半精度16ビット演算に加え、さらに8ビット演算も可能になっている。
だがしかし、ソフトの方でまだ対応していないので、すぐには使えないだろうと思われる。

自作PCも結構楽しいが、自作PCはできて当たり前。できなかったらお手上げという世界であるから、保険の意味でBTOパソコンがいいかもしれない。手痛い失敗をした後だけに、ここは慎重になる。

posted by libertarian at 17:43| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

Anaconda Navigator と Jupyter notebook

最近はパソコンでは仮想環境が当たり前になってきたが、どうもターミナルから仮想環境を操作するのは煩雑で嫌いであった。しかし、最近Anaconda NavigatorとJupyter notebookの組み合わせが素晴らしくて気に入っている。

Anaconda Navigatorは、仮想環境の作成と切り替えをGUIでするもので、これを使えば簡単、直感的に仮想環境を扱える。さらに Jupyter notebookが非常に素晴らしい。Anaconda Navigatorで仮想環境を切り替えてから、Jupyter notebookを起動すると、その仮想環境でのプログラム実行環境のノートを作れる。

特に今までR,Pythonといった言語でグラフを作っても、その処置に困って、再利用は難しかったが、これを使えば、大量にグラフを作っても、そのプログラムと結びついた形でグラフをノートに保存できる。
またJupyter notebookはPythonで使われることが多いが、RでもlispでもGoでも多くの言語で使える。ちなみにノートはブラウザ上で扱う。
スクリプト言語の利用環境としては実によくできたものだ。JupyterNotebookはこれからのデファクトスタンダードになると思う。
posted by libertarian at 03:26| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする