2017年12月25日

アジア版NATO構想

伊藤貫が言う通り、日本が軍事的に独立しなければならないというのは全くもってそのとおりだ。今のような自衛権をも放棄するかのような戯言がまかり通っているのは異常であり、もしそんな戯言がこの先も通じるとしたら日本はチャイナに侵略されているだろう。

しかし、私が思うに日本は戦後一貫して緩衝地帯となりさがっており、国家のつもりではいるが、実際は緩衝地帯に過ぎなかったのが現実という観方だ。もし日本が軍事的に独立するとしたら、日本が地政学的にも緩衝地帯でなくなっているという状況が必要だろう。ソ連が崩壊して、日本は対ソの緩衝地帯ではなくなったが、チャイナの台頭により今ではチャイナの緩衝地帯となっている。もし、ソ連崩壊後に中共を叩き潰していれば日本は今頃、緩衝地帯ではなく、まっとうな国家になっていたかもしれない。

今の朝鮮半島は純粋な緩衝地帯であり、そこにある南北朝鮮は国家のような顔をした緩衝地帯に過ぎず、目糞鼻糞で日本も半分以上は緩衝地帯である。
そして北は核を持つことで単なる緩衝地帯から、一丁前の独立国家になろうとしているわけだが、これはうまくいかないのは確実だ。核を持つだけではダメなのだ。核を持つだけでは独立国家にはなりえないのである。核を持ったところで、地政学が変わらないからだ。

仮に北がチャイナに吸収されるとしたら、その分、南朝鮮と日本の緩衝地帯化が一層進むことになる。
朝鮮半島が緩衝地帯でなくなるとしたら、朝鮮半島がチャイナに完全吸収されてしまうか、チャイナの中共が崩壊してチャイナが自由主義圏になるかしかない。

しかし自由主義圏の民主主義というのは脆弱なシステムである。今はトランプがアメリカ大統領となり、戦後レジームがうまくいけば変わるが、またもしオバマ政権のような民主党極左政権に政権交代すればとてつもない反動が確実にくるのだ。このような不安定さがつきまとう。日本はアメリカの選挙結果次第で国家の命運が変わってしまう。これは緩衝国家の悲しさといえる。

だからこそ、日本は軍事的な自立を果たさなければならないというのはその通りだが、そうした場合、へたをすると北と同じ末路をたどってしまう危険性もある。地政学を塗り替えようとすることは容易なことではない。
日露戦争の頃の日本は、当時の地政学を維持しようとした。ロシアに対して朝鮮半島を緩衝地帯として日本の防波堤にしようとしたわけだ。地政学を塗り替えようとしたわけではなかった。

だが対米戦後は日本は自らが緩衝地帯となってしまい、地政学を維持したり塗り替えることのできるプレーヤーではなくなってしまった。その点で、高橋洋一氏の唱えるアジア版NATO構想は現実的かもしれない。
日本はしばらくは自らではプレーヤーにはなれないが、NATOのようなアジア版軍事同盟に入ることで緩衝地帯化を弱めることができるかもしれない。

そしてアジア版NATOによって今世紀中にチャイナ中共を叩き潰せば、日本も真の独立国家となる地政学的条件がやっと生まれる。日本が真に独立国家になるためには、チャイナ中共を叩き潰す必要があるのである。

posted by libertarian at 20:12| 東京 ☀| ドナルド トランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮討伐後の戦後処理予想

「朝鮮半島終焉の舞台裏」(高橋洋一著)を読んだ。
高橋氏の予想は、大体私の予想とも近いのだが、終戦処理として北をチャイナに支配させるだろうというのが私の予想と異なる点か。w
高橋氏がそう予想する根拠はアメリカがチャイナの譲歩を引き出すために、現在の北の戦後管理はチャイナに行わせるだろうと見ているだめだ。
しかし疑問なのはチャイナに対しててそこまでアメリカがほんとに譲歩しなければならないのかどうかだ。
もしアメリカがほぼ単独軍事行動をしたとしたら、そこまでチャイナに譲歩するかどうかは分からない。

チャイナの海洋進出にとっても今の北がチャイナの邪魔者になっている以上、チャイナが北を切り捨てるのは自然だとしているが、アメリカが北をそのままチャイナにゆだねるだろうか?
私は、アメリカは南に統一させるのが妥当だろうと思っていたが、もう一つの案として38度線を北にずらし、新しい国境線より上を純粋な緩衝地帯として作るという手もあるかもしれない。

もし、北の体制が抹殺されれば、アジアの軍事バランスは大きく動くだろうが、もしアメリカが長期的に本当の敵をチャイナと見定めているのであれば、ここは南に統一させる形で動くのではないかというのが私の予想である。チャイナ共産党という真の敵に塩を送るような真似は下策であろう。

この本で20年前のチャイナ、南朝鮮、ロシアと日本の名目GDP比(ドルベース)が書かれている。
20年前と今とで次のように変化している。
チャイナ : 21% -> 226%
南朝鮮  : 12% -> 28%
ロシア  : 9% ->26%

チャイナの伸びが異常で20年で10倍以上に伸びている。
日本はこの20年デフレ政策で伸び率が異常に低かったということが大きいが、やはりチャイナの発表している値が例のごとくで嘘だということだろう。高橋氏は公式発表の3分の1程度だろうと見積もっているようだが、そうすると日本とのGDP比は今でも75%程度となる。実際この位であれば伸び率が20年間で3倍程度とリーズナブルな気がする。w

チャイナの公式発表は全て嘘出鱈目であるのは周知の事実であり、そんな数字を根拠にチャイナの力を過大に見積もってしまうと、またぞろ中共との戦略的妥協だの戦略的忍耐といったバカなことを言い出す輩がでてくるので要注意だ。

#この点、西部一派の一人である伊藤貫氏などもだめだ。彼はミアシャイマーなどにも影響されているが、西部一派ということからも要するに東大駒場リベラルなのである。w 伊藤貫や西部すすむは、アメリカ大嫌いでアメリカの悪口は言うが、チャイナの悪口などほとんど言わない。w
posted by libertarian at 19:19| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

難聴とイコライザー

オーディオでイコライザーというのは昔は邪道と思い見向きもしてなかったが、最近、イコライザーの重要性に目覚めた。
そもそも、年齢とともに大なり小なり耳は悪くなっていく。そうなると各自の耳に合わせて周波数ごとにイコライザーで調整しないとかえってバランスが崩れる。オーディオ評論家の人たちには年配の人も多いが老いた自分の耳の周波数特性という足元性能をちゃんと把握しているのであろうか?w
自分は片耳が難聴であるため、悪い方の耳だけで音を聞くと壊れたラジオのような音になる。

iPadにはRとLで別々にイコライズできるTSC Musicというソフトがあるのを発見し、試したところ非常に具合がよい。以前はSoundFocusという同様のiOS用ソフトがあったが今はない。
元々、難聴者などを対象に考えられたソフトのようだが、素晴らしい。難聴の人間は是非、導入したほうがいい。残念ながらAndroidにはこのようなソフトは調べた限り見当たらない。

突発性難聴になると多くの人は酷い耳鳴りに悩まされることになる。この耳鳴りの原因は分かっていないが、(というか耳のメカニズムなど全くなんにも分かっていないと思われるが)正常な耳では聞こえているが難聴の耳では聞こえていない周波数の音が耳鳴りの周波数になるというのが私の経験上の事実だ。

自分は最初が重症の突発性難聴で音の全域がほぼ全く聞こえなくなったために、すさまじい地下鉄の中のような轟音の耳鳴りがしていたが、その後、運よく回復するにつれ、特に聞こえない高周波の音が耳鳴りとして残った。
このいつも耳の中でなっているキーンという音がどのくらいの周波数なのか興味がでてちょっと調べてみた。
これのテストにもiPadのアプリで特定周波数の音をだすものがあって便利だ。
結果、どうも耳鳴りの雑音の周波数は8KHz前後の音だと思われる。もしくは8KHZ以上の周波数音域全体がまざっている音なのかもしれない。
これ以上の周波数音域になると実際ほとんど聞こえないが、脳内では耳鳴りとして鳴り響いている。

しかしイヤフォンで難聴の側の耳にこの8KHz位の音を大音量で流すと、かすかではあるが聞こえる。そして、その音を消すと、その後、しばらくはキーンという耳鳴り音もなくなる。
これはなかなかに面白い現象である。
つまり難聴の耳では実際は聞こえない周波数の音が耳鳴りとなって聞こえているわけだが、その音を大音量で無理やり流すと耳鳴りが少しの間であるが消える。これをどう解釈するかだ。鍼灸治療では、耳鳴りの現象を聞こえない音を脳が探しているといった東洋的な表現をする人もいるが、メカニズムは不明であるものの、そういうものなのかもしれない。
普段聞こえない周波数の音を大きくして無理やり耳に聞かせることで脳はその音が聞こえると判断し、音を探すことをやめるわけである。w
発病の初期は音全域が全く聞こえなかったので、全音域が耳鳴りとなり地下鉄の轟音のような音になっていたわけだ。

最近は音楽はデジタル化されたおかげで、RとLで別々のイコライズをかけるようなことが容易にできるようになった。
スマホでもHtc10とかHTC U11などこのRL別々のイコライズ機能がデフォルトでついているものもある。
またAumeoというヘッドフォンアンプはこの機能に特化している。
こういったデジタル機器を活用することで、難聴の人でも音楽をもっと楽しめるようになるはずだ。




posted by libertarian at 20:39| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

国家のOS

国家をコンピュータになぞらえてみるならば、司法、立法、行政という三権システムはOSの構成要素と見ることができる。もし国会が立法府として法律というOSコードを作る処とみれば、行政組織はOSの指令通りに動く周辺インタフェースというかんじか。

独裁国家は、このような仕組みはない。独裁国家と、いわゆるデモクラシーの国の違いとは何なのかというと、一つにOSコードを作るところが変更できるかできないかという違いがある。デモクラシーの国では立法府の国会議員は選挙によって交代させられるが、独裁国家では変えられない。もし自力で体制を変えるにはクーデターしかないが、それは強権によって弾圧され一切の抵抗ができない強力な暴力装置が作られている。

いわば、デモクラシーとはオープンなOSであり、独裁国家はクローズドなOSといえるかもしれない。
独裁国家にはOSそのものがないといってもよい。なぜなら法律そのものがなきに等しいからである。w
OSなきコンピューターシステムといえば、ベーシック言語しかなかったパソコン黎明期のPC98シリーズみたいなものがあるが、そういった古い原始的なパソコンシステムに近いのかもしれない。
一方のデモクラシーはオープン性が高いネットワークコンピュータのようなものだ。オープンである分、侵入が容易である。一方の独裁国家は完全にクローズドな時代遅れのぽんこつのパソコンである分、侵入が容易でない。w
しかし、こういったデモクラシー国家と、チャイナや北のような独裁地帯とのセキュリティ上の非対称性というのは意識しておかねばならない。デモクラシー国家の方が高度に進歩はしているが、セキュリティ的な脆弱性がむしろ高い状態にある。

いままでは、国家とはスタンドアローンマシンのOSだったわけだ。そこにテロリストがクラッカーのように侵入してしまえば、なんでも思い通りにできるという極めて脆弱なシステムだった。
パソコンもその初期には、やたらとオープン性が強調され、オープンなことがいいことだとされていたが、そのうちセキュリティ問題が深刻に認識され始め、セキュリティ管理やウイルス防御が必要だということが徐々に認識されだした。

アメリカも第2次世界大戦後に、CIAのような情報セキュリティ部門がようやく作られたわけだが、その前身のOSSがソ連の工作員だらけであったために、戦後のCIAもかなり脆弱な組織となったようだ。
それでも情報セキュリティの重要性が徐々に認識され始め、セキュリティソフトに相当する機能をOSの中に取り組もうとしたわけである。
ソ連の工作員テロリスト=クラッカーの脅威を認識した結果であった。

日本の場合は、セキュリティ機能が0の旧いレガシーOSを全く修正することなく使っているに等しい。結果的に今の日本のセキュリティは軍事セキュリティも、情報セキュリティ的にもゼロなのである。とてつもなく、やばい状態にある。国家の第一の存在目的は国民の集団防衛=セキュリティにあり、いわゆる福祉なんてものは本来の目的の一つですらないのだが、このことが理解されていない。

さらにいえば、セキュリティとは免疫機能にも似ている。それは自他の識別機能が基本となる。
ネットワークでいえば、信頼関係のあるグループだけで構成しなければならない。ネットワークの中に敵の侵入をゆるせば、最新のコンピュータもセキュリティは簡単に崩壊する。
どんなに戸締りを固く防御していても、一旦武装した強盗に家の内部に侵入されてしまうと打つ手がないに等しい。
いわゆるMITM攻撃(=Man In The Middle Attack)には今のコンピューターシステムは打つ手がないのである。ソ連のコミンテルンは、容易に権力中枢のネットワークに侵入することができたが、これをさせない厳格なセキュリティ上の仕組みがOSそのものに必要だ。

アメリカが機密を日本にあまり渡さないというのはあまりにも当然のことであり、それは日本というセキュリティ機能がゼロでウイルスに感染しまくったパソコンをネットワークにつなげることに等しいからである。

今は日本でも、軍事費を増やすべきとか、サイバー部隊が必要だとはしばしば言われるし、当然にそれは必要なことなのだが、もっと法的な部分でセキュリティを担保しないといけない。
法律というOSにセキュリティ機能を加えなければならない。
posted by libertarian at 13:31| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

日本は誰と戦ったのか

江崎道郎氏の「日本は誰と戦ったのか」を読んだ。
この本は、今までの江崎氏の著書の内容を分かりやすく、新情報を加えながらより広い読者層に向けて纏めたものだ。
私は江崎氏の本には以前から注目していたので、江崎氏の知見が世に広まるのは喜ばしい。

江崎氏のアメリカを一枚岩で見てはいけないという話しは、私もリバタリアニズムを調べる中でしばしば感じたことである。日本に、朝日やNHKや民進党のような左勢力が傍から見て強いようにみえても、声がでかいだけで、それだけではないのはどの国でも同じことだ。日本の左派はメディアと教育システムを牛耳っているが、結局、政治的には安倍政権が支持されており、アメリカではトランプが大統領になったことからわかるようにアメリカにもまともな勢力はいて、トランプ大統領を誕生させた。

しかし、20世紀におけるソ連のコミンテルンと中国共産党の工作の影響力は決定的で、まったくもって恐るべきものである。コミンテルンの作り上げたウイルスが民主主義政権の中枢に感染し、コンピューターウイルスのように世界を破滅的な状況に導いたのが20世紀であった。
日本では近衛内閣が、尾崎秀美のようなソ連の工作員だらけであり、アメリカではFDRの周りと行政組織のトップに至るまでソ連の工作員だらけであった。
これはコンピューターにウイルスが感染しシステムが乗っ取られ、スターリンのコミンテルン=ウイルスの意のままに操られていたのと同様だ。
その結果、世界は恐るべき悲惨な地獄をみることになった。
要するにアメリカも日本もスターリンのコミンテルンの工作により、敗戦革命戦略にそのまま乗せられて全く意味のない悲惨な総力戦を戦わされたのだ。

これが最初から最後まで、コミンテルンの敗戦革命のシナリオ通りになったのだから恐ろしい。そしていまだに共産党の敗戦革命戦略は日本でもそのまま生きているのだ。
スターリンのコミンテルンは自らは戦わずして、さらに恐るべき低予算で、つまりウイルスだけで世界を地獄に追い込んだのだといえる。

本書はアメリカのスタントン エバンスという保守派の歴史家たちのコミンテルン研究の紹介でもあるが、これらはベノナ文書の公開により実証的にも明らかなものになりつつある。アメリカ国内でもこの保守派による地道な歴史研究が徐々に広まりつつあるらしいことは喜ばしい。

ちなみに江崎氏の講演はYoutubeで沢山公開されているので、是非見るべきである。江崎氏は文章もうまいが講演での話も非常に巧みである。
例えば、以下の講演。

中国共産党に牛耳られた戦前日本の政界・言論界 【CGS 神谷宗幣 第56回-1】
https://www.youtube.com/watch?v=abkpQRNElYQ
posted by libertarian at 20:02| 東京 ☀| ドナルド トランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

虫歯の話

「名医は虫歯を削らない」という本を読んだ。
私は過去に歯を削られてインレーだらけである。歯医者に行くたびに削られまくるのでそうなった。
しかし、糖質制限をしてからは歯垢がほとんどできないことに気づいていた。このことは先日読んだ夏井氏の本にも書かれてあり、やっぱりそうかと思っていた。
この本を読むと、虫歯予防には砂糖を摂らないこと、歯周病予防には糖質制限をするべしと書いてある。

どうも今までの日本の歯科の治療なるものは根本的に間違っていたようだ。欧米では20歳以下の若者の永久歯は削ってはいけないというルールがあるらしい。しかし、日本の歯科医師は逆に削ってなんぼという医療報酬システムであるためにガンガン削りまくる。しかし歯を削るとエナメル質というガラス質にちかいものに微細なクラックが大量に発生し歯全体に深刻なダメージを与え、そのうちに神経を抜くはめになり、さらには歯根も腐って歯周病になりついには歯を抜く運命になるらしい。さらには抜歯によるボーンキャビテーションで歯茎に慢性的に多くの細菌が住み着くと免疫力が低下しガンの引き金にもなるらしい。

また食後すぐに歯磨きをするように日本では一般的な指導をしてきたが、食後すぐの歯磨きは歯にかえってダメージを与える。食後30分以上たった後にやらないと逆効果だそうだ。

この本を読むと日本の歯科も先進国水準からはとてつもない後れをとっているらしいことがわかる。ほとんど後進国レベルだろう。これが事実だとすると日本の歯科治療と予防歯科は犯罪的に間違っていたということだ。
まずすべきことは歯科医に対する医療報酬=インセンティブシステムを180度転換しないといけない。欧米の医療報酬と日本のそれは180度違う。あちらでは歯を削るのは逆に減点対象で、どれだけ予防できたかで評価されるらしい。

posted by libertarian at 22:11| 東京 ☀| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

モノラルオーディオ出力

知らなかったがWindowsもモノラルオーディオ出力がWin10のcreators updateから可能になったようだ。
設定→簡単操作→その他のオプションで、モノラルオーディオ出力を選べる。
iOSは最初からそういう機能があったが、MSもやっと追随したようだ。

こういう機能は地味だが片耳難聴者にとっては必須ともいえる。これをケーブルで実現するのは意外と大変なのである。
しかし、ステレオ録音したものをモノラルに変換するのは無理があることに変わりはない。
できれば録音の段階から、モノラル録音とステレオ録音の両方をしてほしいものである。w

またモノラル出力したものをステレオの2台のスピーカーから出力するのはよくない。
ステレオ音源のRL出力を合わせただけのモノラル音声を2台のスピーカーで出力するとまずいことになる。これは、おそらく音の定位が左右同時に生まれるためであろう。
少なくともモノラル出力したものは1台のスピーカーで再生する必要がある。

音楽ーオーディオ業界はステレオというVR技術に偏向しすぎてきたが、モノラルというある意味旧い技術を新しい技術として捉えなおしてほしいものである。
posted by libertarian at 15:59| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする