2019年01月31日

癌について

5年くらい前に近藤誠医師のがん治療に関する批判本を読み、現在の抗がん剤治療や手術は有害無益、百害あって一利なしという論に接した。
また最近、再度、近藤氏のその後の著作を何冊か読んでみたが、近藤氏の反ガン治療論はほぼ無傷もしくはより強固に存続しているように思える。近藤氏の理論に対抗できる反対理論=がん治療は有効だ論は存在しないようだ。

ガン細胞の認定は顕微鏡でのぞいてみて目視で判定するようだが、ガンもどきと真正のがんがあるという。
真正のがんの場合は転移する。そして、「がんもどき」の場合は転移しない。そして、いわゆるガン認定されるものはほとんどは、がんもどきである。これはおでき程度のものでほっとけば自然に消えたりするものだ。
しかし、がんもどきを治療と称して、手術したり抗がん剤投与などをすると急激に悪化し、無用な塗炭の苦しみを味わった上にすぐに死ぬ。手術しても、かえってガンがあばれ早死にすることになる。また臓器を切除することによる著しいQOLの低下も伴う。
がんもどきの場合、なにもしないのが一番である。その方がずっと長く苦しみもなく寿命を全うできる。

一方、真正のがんの場合も同様で、何もしない方がいい。発見されたガンが真正ならば見えない微小な転移がすでに大量に発生している。これも余計な手術や抗がん剤を使うと塗炭の苦しみと早死にをするだけ。

つまり、いずれにしても何もしない放置療法しかないというのが近藤氏の結論だ。

実はガンそのものが、大きな苦痛をもたらすものではない。いわゆるガンによる苦痛とは抗がん剤や手術といった治療の結果であってガンによるものではないという。がんそのものが毒をだしたりするわけではない。
食道がんや胃がんのように腫瘍により食べ物が食べれないなどの障害が具体的に出た場合にのみ、その対策として手術して食べれるようにするといった施術を行うべきだとしている。なんの障害もない元気な人が検診によりガンが発見され、手術、抗がん剤といったいわゆるガン治療のベルトコンベアーに乗せられることにより、寿命をかえって短くされ、余計な苦しみと多額の出費を強いられているのが今の医療だという。

日本は先進国では圧倒的にガンとガン死が多い。日本以外の先進国では死亡原因は心疾患が一番多い。日本でガン死が圧倒的なのは検診が強制されており、さらに検診→ガン治療の死のベルトコンベアーが制度化されているのが原因と考えられる。
この強制的ベルトコンベアーシステムに乗らないようにするのはかなり難しく、検診を受けないようにする、病院や医者に近づかないようにするといったくらいしか方法がない。

私は親戚がガンになったりしたのがきっかけで、ガンに関する本をいろいろ読む中で近藤誠氏の本も読んだわけだが、事前にある程度理論武装していないと、いきなり検診で医者からあなたはガンでなにもしなければ余命3か月だとか言われたら普通は気が動顛してしまうことは間違いない。
そしてさんざん「お医者様」から脅され、精神的に萎縮した状態で手術や抗がん剤投与を受け入れてしまうのだ。

日本の医療業界というのは他の先進国と比較しても相当にゆがんでいる。医者をお医者様とか呼ぶのはやめなければならない。医師連中もエンジニアの一種であり医療ビジネスの業界人に過ぎない。赤ひげ信仰はいい加減にやめないといけない。
posted by libertarian at 20:32| 東京 ☔| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

ポストヒロイックウォーと超限戦と特攻隊

ルトワックが現代のアメリカの戦闘はポスト ヒロイックウォーになっていると言っている。
従来の戦闘が、兵隊や軍隊が自分の身の安全、命という大きなリスクを背負って行うヒロイックなものだったのが、現代のアメリカはそのようなリスクを最小化するためにコストを最大化することもいとわないということのようだ。

このことは湾岸戦争辺りからなんとなく感じていたことだ。弱小な軍隊を相手に圧倒的な兵力で短時間に叩き潰す戦闘を行ったが、猫を一匹捕まえるのにに軍隊が出動しているような奇妙な感覚を覚えた。w
これはその後の戦闘でもそうらしい。オバマの時代は軍隊を出さずにドローンを使ってテロ的に敵側の要人を暗殺するという方法になっていた。
まさにこれはアメリカによるテロであるが、味方の損害を0にする方法であり、ポストヒロイックウォーの一つなのだろう。

対チャイナでもこのポストヒロイックウォーの構造は変わらない。日本が仮にチャイナに侵略されたとしてもすぐにアメリカ軍が動くかどうかわからないのは、アメリカがポストヒロイックウォーしか戦わないからである。戦闘リスクを最小化し、それでも一定以上にリスクを小さくできなければ無理をしない可能性が高い。

対して日本の自衛隊の意識はそうではないだろう。特攻隊ではないが、両手両足を法律で縛られた状態での戦争しかできないから、どこかで誰か命をかけた自己犠牲をしなければならないと思っていると思う。
そもそも相手にやられてからでないと反撃もできないというのであれば、だれかが最初に無抵抗で死ななければならないわけだ。
当然に自衛権は先制攻撃も含むわけだが、そのような体制には程遠い。

チャイナは超限戦を戦い、アメリカはポストヒロイックウォーを戦い、日本はいまだに特攻隊の精神で戦わなければならないというのはやはりおかしい。


posted by libertarian at 15:05| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイナ ウォーズ

最近のトランプの動きはミアシャイマーなどの主張に近い線で動いている。これはナヴァロがミアシャイマーと近いスタンスだからかもしれない。
トランプはNATOからの撤退も検討しているようだし、中東からも撤退しようとしている。トランプの動きは2016年7月に紹介したミアシャイマーの論文と非常に整合的である。今後はナヴァローミアシャイマーの路線でトランプは動くだろう。

リベラルヘゲモニーからオフショア・バランシング戦略へ
http://libertarian.seesaa.net/article/440172949.html#more

今回、中東からの撤退に反対していたマティスを解任したので、今年からより一層アメリカのチャイナ囲い込みが強烈になる。
ところでアメリカは自国の利益を最重視するので、共産主義の打倒といったイデオロギー的なことはどうでもいいと言っている人間もいるがそれは間違っていると思う。ソ連崩壊後のアメリカの間違いは反共の旗を降ろしてしまったことにある。チャイニーズは現世的な人種で共産主義のイデオロギーなどどうでもいいと思っているかに見えたが、今のチャイナは実質強烈な共産主義国家でチャイナ共産党の結集軸が共産主義思想にあることが象徴的だ。

日本は相変わらずのお花畑に見えるが、それでも深田萌絵さんの本などが売れているようなので、そのうち空気が変わっていくだろう。
セキュリティクリアランス制度とスパイ防止法と蓮舫法を年内に急いで制定するべきである。

今は東大も1割が中国人の留学生になっているそうだ。彼らは全員スパイ要員でもある。
福田康夫首相の時に、外国人留学生を30万人呼ぶという政策を作り、渡航費から学費、生活費の支給までを日本の税金で行うというトンデモな政策だ。このため、東大の10%は中国人スパイ留学生という実態になってしまった。この制度も喫緊に全面中止しなければならない。

朝鮮ともビザ要件などを厳しくして朝鮮人の流入を制限すべきだ。それによって旅行業などが損をしたとしても全体から見れば小さいものである。
今は日本も潜在的に対チャイナの経済戦争を同盟国のアメリカとともに戦っているのあり、平時ではすでにないのである。
今年は現実の米中間の戦闘が起こっても意外ではない。



posted by libertarian at 14:37| 東京 ☁| ドナルド トランプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

Google翻訳が凄い!

最近のgoogle翻訳の性能向上が凄い。
これだけ訳せれば全く問題ないレベルだ。下手な人間の翻訳よりも正確で優れている。
これもAI技術の成果だ。自然言語をWord Vectorとして扱う処理方法が開発されて以来、自然言語もAI処理できる対象となった。
この性能は今後も加速度的に向上するだろう。

アメリカ政府の発表資料はGoogle翻訳に簡単にかけられるファイル形式で発表してほしいものだ。
世界中で読まれるべきものだからである。
pdf形式のファイルは処理が面倒でGoogle翻訳に適しているとはいいがたいので、Txtファイル形式でも発表してほしいものだ。
pdfファイルだと、これをテキストファイルに変換する必要があるが、この時文字化けが発生するのだ。pdfファイルそのまま翻訳もできるがこれだと翻訳ミスが多発する。文章の改行区切りが判別できなくなるようだ。これはpdfフォーマットの欠点だろう。
もしくはHTMLファイルで発表してもらってもいい。


こういうアメリカ政府への要望はアメリカのどの部署に言えばいいのであろうか?


posted by libertarian at 22:00| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本のIT産業が中国に盗まれている

日本のIT産業が中国に盗まれている 単行本 – 2019/1/17
深田 萌絵 (著)

本日、この本を読了した。かなりの衝撃的な内容で読みながらずっと恐ろしいと感じていた。
今までスマホやPCは台湾製は問題ないだろうと思っていたが、どうもそうではないらしい。
簡単に書くと、チンパイというチャイニーズマフィアが台湾の半導体産業を支配しており、これと中共は密接に結びついているそうだ。
日本の電器産業が総崩れになり、シャープがホンファイに吸収されたのもチャイナの策略のようだ。

本書でも触れられているが、日本にもセキュリティクリアランス制度とスパイ防止法は早急に立法が必要だ。
しかし、もはや、遅すぎるのではないかという気すらするが、あきらめたら敵の思うつぼだ。
日本は教育機関と報道機関がチャイナ共産党にほぼ乗っ取られている状況といって過言ではないだろう。
この本によると、日本の裁判所もかなりチャイナが入り込んでいるらしい。
日本に対するチャイナのサイレントインベージョンは相当なレベルにまで達している可能性がある。
事実を知ることからしか対策は何も打てないので、こういった本が広く読まれることを期待する。
特に政治家や官僚には熟読してほしい。
posted by libertarian at 19:24| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

医療用大麻を解禁せよ

現在、世界的に大麻の解禁が進んでいるようだ。カナダが全面解禁、アメリカも西海岸の州ではほぼ全面解禁されている。
「大麻ビジネス最前線」を読むとこの事情がよくわかる。
大麻ビジネス最前線: Green Rush in 21st century (未来文庫) 高城剛 https://www.amazon.co.jp/dp/B07C82CZVF/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_WGPnCbC7PGN4K

大麻はhemp,cannabis、麻など様々な呼び方があるが、基本的には同じ植物である。大麻の薬効成分的にはTHCという鎮静作用のある物質と,CBDという医療効果の高い物質があり、この成分配合の異なるものが品種改良により今ではいろいろと作られている。
日本はいまだに大麻は悪魔の薬というでたらめな扱いで持っているだけで重罪だが、世界的に大麻が解禁されていけば日本も早晩、大麻が解禁されていくだろう。
大麻は人類にとって極めて重要な植物であり、万能といってもいい薬である。またどこにでも生えている草であり実質ただみたいなものだ。この草がガンから様々な病気に対する効力がある。
さらに人類にはカンナビに対するレセプターもある。こうしてみると人類にとって大麻というのは必須の植物という気がしてくる。
このような有用極まりない植物を、いままで100年近くも政治的な理由で悪魔の植物として禁止し、所持しているだけで殺人罪並みの厳罰の対象としてきたのだから異常としかいいようがない。
病院では様々な薬が使われるが、怪しいものが多い。抗がん剤などはその最たるものだが、大麻のように昔から使われてきた薬効あらたかな植物が使われるようになれば、医療も前進するのではなかろうか。
ガンでもそうだが重要なのは苦しまないということだ。抗がん剤で苦しまされ高額な医療費を払わせられ効果も分からず死ぬというのが最悪だ。大麻はガンの苦しみを除くだけでなく、治療効果もあるらしい。
21世紀は大麻が解禁されることで医療そのものが大きく見直されていくのではないか。

日本ではがん患者が激増しているが、この最大の原因はガン検診を大々的に強制するようになったからだろう。そして早期に発見されたガンによって無駄な治療と高額な治療費を払わせられ何の効果も分からないうちに苦しんで死ぬという悪魔のパターンが生まれている。
やはり検診を受けず、ガンになっても何もしないというのが正しいありかただろう。そしてもし苦しむことがあるのであれば、アメリカやカナダやヨーロッパの医療用大麻を認めているとこに行き、医療用大麻での治療を受けるべきである。日本も可及的速やかに医療用大麻の解禁を検討するべきである。
posted by libertarian at 10:00| 東京 ☀| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする