2008年09月23日

The time has come to save capitalism from the capitalists

Why Paulson is Wrong
Luigi Zingales
http://faculty.chicagogsb.edu/luigi.zingales/Why_Paulson_is_wrong.pdf

このZingalesという人はシカゴ大学のファイナンスの教授。このレポートは短く、わかりやすくてよい。
Mankiwがこれを紹介していた。今回のポールソン財務長官のAIGなどの救済が間違っていること。
また、これはlごく一部の投資家、金融業者の利益を守るために税金を使うことを意味する。
このことは割と誰でも(キヨサキもよく)言うことだが、なかなかピンとこないことかもしれない。
しかしこれが政府の解決策なるものの本質だ。

通常の破綻処理(Chapter11)では処理に時間がかかりすぎるため、特別な救済措置をとるわけだが
これによって負債がインフレ価格で買われる。これは貧乏人からの富裕層への所得移転に他ならない。

やはり、こういった金融危機というのはFDRの時も日本の時もそうだったが、社会システムが一層社会主義化していく転換点になる。
これが定期的に発生する金融危機の最大の問題かもしれない。

資本主義を資本家による脅威から救わなければならない時が来たのだ。
posted by libertarian at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック