2012年01月22日

The end of Japan

311から、10ヶ月が経った。
今年はチェルノブイリの教訓からして、徐々に多くの人に健康被害が現れてくる可能性が高い。
それも子供から順に被害が出てくるのだ。一度放射能被害が出れば、治療できることもほとんどない。
どれだけの人がチェルノブイリの事実を知ろうとしているのだろうか?ほとんどの人は調べようとも思わないのであろう。愚かである。

日本の政府とマスゴミの腐敗しきった対応を見ていると、ソ連は非常に人道的な国家だったと思わざるを得ない。
すでに東京の汚染レベルがチェルノブイリレベルで、福島はチェルノブイリをはるかに越える汚染だ。
そこに人々がまだ普通に生活しているというのは狂気の沙汰である。
3-4年後、隠しても隠し切れないほどに悲惨な人体被害が明らかなってから、移住しても遅いということが分かっていないらしい。
日本は昔から非常に集団同調圧力の強い農村共同体をベースにした社会だということが、よく分かる。

私は、去年の5月頃にプレミア価格のロシア製のガイガーカウンターを購入して、あちこち測ってみたが、東京の汚染もかなりのものであることがよく分かった。放射能は不均一にまだらに分散しているわけだが、世田谷であっても高い。アスファルトなどに降下した放射能は雨に流されたものもあるだろうが、一定のレベル以下には下がらないようだ。
このレベルはRIセンターの空間よりもずっと高い。昔RIセンターでC13を使った実験をしていたときは自然放射線レベルの2倍程度だったと記憶しているが、今は4-5倍あるところも世田谷で普通にみられる。もちろん、RIセンターでは内部被爆しないように厳重な装備をして入るわけだが、今は日常空間でそこよりも高いレベルにある。
これで大したことは何も起こらないだろうと考えている人間は、何もわかっていないだけだ。

日本は生活基盤である国土をDirty Bombで半永久的に汚染してしまい、さらに狂気の大増税によって、経済も破壊するつもりのようだ。
こんな狂った社会には未来も希望もなにもありはしない。
posted by libertarian at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック