2012年06月17日

Clear and Present Danger in Japan

もはや東関東、東京に住むことは子供を持つ人や、若い人にはあり得ない選択だろう。放射能の被曝被害の発症が確率的であるといっても、発症は様々な形で現れ、ガンだけでなくありとあらゆる疾病形態をとるから、その確率はトータルでは高いものになる。それだけの致命的なリスクを犯してまで住むことが合理的な選択ではあり得ない。

今の現実について詳しくここで書くことはしない。それは自ら調べるべきことだ。
だが、次のようなyoutubeに公開されている講演会を見ることは、有益だろう。

2012.5.26 広河隆一講演会


http://www.youtube.com/watch?v=hkM8XvLDnuw&feature=relmfu

私が言いたいのはできる限り自分で調べろということだ。ネットをフルに活用し、また本を読み、外国語のサイトを調べ、ただただ事実にこだわるべきである。


posted by libertarian at 19:46| 東京 🌁| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする