2005年03月14日

The Mother-in-Law of Invention

スティーブン ランズバーグによるMichael Kremerのパテントバイアウトのアイデアへの寸評

発明の母ならぬ、発明の義母というタイトル



The MotherinLaw of Invention

The patent system sucks because it overrewards and underrewards. Here's a way to make the system work better.

By Steven E. Landsburg





”There is at least one successful precedent. When Louis Daguerre invented photography in 1837, the French government purchased the patent and placed it in the public domain. But Kremer seems to have been the first to propose automatic patent buyouts as a matter of policy.



The big question is: What price should the government pay? How can we know what a given invention is worth, and how do we ensure that wellconnected inventors don't translate their political clout into inflated prices for their patents? Kremer's answer: Put each new patent up for auction. When the auction is over, flip a coin. If the coin comes up heads, the high bidder pays his bid and gets the patent. If the coin comes up tails, the government pays the high bid and gets the patent. That way, the government never pays more than some private bidder was willing to offer.”





クレマーの政府によるパテントバイアウトのアイデアは、よい発明という善行に対する報酬制度の

必要性をまず認める。、なるべく正当な市場評価を設定するために、まずパテントをオークションにかける。そして最後にコインを振り、裏が出たら政府が買い上げ、表がでたらBuyerが買うという方式である。独占権は発明者に残らずお金が払われる。独占権はBuyerか政府に行くことになる。そして政府が買えば、それは公開技術=Public Domainとして誰でもが使用できるようにする。だがBuyerに行けばその独占権はBuyerのものになる。





Better yet, throw a biased coin that comes up tails, say, 90 percent of the time. Then 90 percent of all patents end up in the public domain, which is not as good as 100 percent but far better than none at all. We do have to give the private bidders some hope of winning so they'll take their bidding seriously.



しかし、発明の半分が民間バイヤーに行くのもなんなので、90%の確率で政府にいくようなバイアスのかかった<いかさまコイン>を使う。これでも、10%は市場のBuyerに独占されるが、それは仕方ないとする。適正価格をつけるコストのようなものとする。



How would the government fund such a program? Through taxes, of course. But if the patents are priced properly, the average taxpayer will get back more than he pays through improved consumer products and lower prices. The real downside to Kremer's proposal is this: Making patents more lucrative does not encourage inventiveness generally; it encourages only a particular kind of inventivenessnamely the kind that tends to result in patentable inventions. And in doing so, it draws people away from other inventive activities.



そして、この制度を税金で運用しても消費者は払った以上のBenefitが得られるだろう。だがしかし、この制度は発明における特許可能な発明を奨励するだけで、特許にならないような種類の発明をしなくなってしまうだろうというのがランズバーグの結論だ。



[http://slate.msn.com/id/68674/]



============

がっ、この議論は最初から私はかなりおかしいと思う。

特許という独占特権を与えなくても、消費者は、同様の利益を得ることが出来るし、発明者は製品を通して報酬を得ることができる。政府が介入する必要性ははじめからない。

また、特許制度があるかぎり、Patentable な発明だけが奨励されるのは、現状も変わらない。

このようなアイデアのそもそもの前提は、発明特許をした人への報酬と、FreeRidingの防止の必要性だが、この前提そのものがおかしいのである。



発明特許の99%以上は企業発明であり、企業活動であれば、最初から商品によって、その報酬を得る。野球選手がファンから報酬を得るのと同様に、商品を通して受益者から報酬を貰うのが正しいのである。



最後に、このSlateの一般読者のコメントだが

”The irony this time is that your scheme would actually incentivize some to avoid the patent process so as to avoid losing all control of their innovation.



まさに、その通り。



だが、こういうアホな思考実験でも、きどらずに出すところが、アメリカの良いところかもしれない。ランズバークはもともと物理学者だからということもあるだろうが。
posted by libertarian at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | IPR(Intellectual Property Right) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック