2005年04月12日

The Stateless Internet

"The Spontaneous Evolution of Cyber Law: Norms, Property Rights, Contracting, Dispute Resolution and Enforcement Without the State."

By Bruce Benson

[http://www2.sjsu.edu/depts/economics/faculty/powell/docs/econ206/CyberLawEvolution.pdf]



Benson's entire research program has been to draw from several traditions of thought, including Austrian, to explain the emergence of legal order in absense of the state, and here he presents the case that many have imagined but few have formalized: that human action alone explains the wonderful workings of the internet world.



このブルースベンソンの論文とレッシグの本を対比させると、体制派指向のレッシグとリバタリアンとの違いがわかる。つまりarchitecture,Codeといったものの捉え方である。

レッシグの目指す方向は制度の具体的な人為的改善だろうが、これは学問的にも間違った方向性だろう。本質的な問題の所在への追求が曖昧にされているからである。
posted by libertarian at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック