2006年11月16日

Mr. Sachs is wrong that Hayek was wrong

http://online.wsj.com/article_email/article_print/SB116355956112023480lMyQjAxMDE2NjEzNTUxNTU5Wj.html



Dismal Science

By WILLIAM EASTERLY

November 15, 2006; Page A18



Scientific American, in its November 2006 issue, reaches a "scientific judgment" that the great Nobel Prizewinning economist Friedrich Hayek "was wrong" about free markets and prosperity in his classic, "The Road to Serfdom." The natural scientists' favorite economist Prof. Jeffrey Sachs of Columbia University announces this new scientific breakthrough in a column, saying "the evidence is now in." To dispel any remaining doubts, Mr. Sachs clarifies that anyone who disagrees with him "is clouded by vested interests and by ideology."

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

Mr. Sachs is wrong that Hayek was wrong. In his own global antipoverty work, he is unintentionally demonstrating why more scientists, Hollywood actors and the rest of us should go back and read "The Road to Serfdom" if we want to know what will not work to achieve "The End of Poverty." Hayek gave the best exposition ever of the unpopular ideas of economic freedom that somehow triumph anyway, alleviating far more national and global poverty than more fashionable Scandinaviaenvy and grandiose plans to "make poverty history."



ジェフリーサックスがサイエンティフィックアメリカンにとんでもなハイエク批判を載せたらしい。↓

[http://www.sciam.com/article.cfm?articleID=000AF3D56DC9152EA9F183414B7F0000]



ここに引用した文章は、Wall street Journalに載った、サックスの方こそが間違っていると批判した内容である。



おそらくサックスは超エリートとしての自負からか、名声への野心が強すぎるのであろう。

自分の過去のロシア政策の大失敗にハイエク批判をオーバーラップさせているのかもしれない。

今では大慈善家の顔をして、”税金を使って”貧困撲滅運動をやっているのもノーベル平和賞を狙いで、誰にも否定できないような”実績”を作りたいのに違いない。

だがサックスのやっていることは短期的には”善”かもしれないが、おそらく中長期的な観点では”悪”とでるはずだ。

posted by libertarian at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | F.A.HAYEK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック