2005年04月14日

Sox: Sarbanes-Oxley Act

SarbanesOxley Exposes Missteps as Audit Costs Spur Gripes

[http://quote.bloomberg.com/apps/news?pid=nifea&&sid=aFkr_c.2lgi0#]



このブルームバーグの記事は役立つ。

さらに、以下のMisesBlogの記事「サルバン オクスレー法の泥沼」



The SarbanesOxley Morass

By JS Henderson



"SOX has caused auditors to interpret audit control rules in a draconian fashion, for which their fees have ballooned. For example, auditors typically require noncore bookkeeping activities of a company to be documented, no matter how irrelevant. The auditors claim they must require an unreasonable level of accounting documentation in order to avoid lawsuits and scrutiny from federal inspectors."



このような民間規制がアメリカでできると、何年か遅れで必ず日本でも同じ動きになる。SOXに関しては、既に金融庁が動いている。

官公庁部門は略奪した税金を複式簿記すらつけず違法に使いまくる無法状態であり、さらに、その税の使い道さえまともに公開も説明もしていないのにもかかわらずだ。政府が複式簿記をつけないのは、決算報告そのものがないからだ。

マスコミにぽつぽつでる役人の不法請求事件など、ガス抜き程度のものにすぎない。会計検査院の行政監査など実質的に0であることは周知のことだ。

民にではなく、官公庁に決算報告とその厳密な監査を課す法を作るのが当面何よりも先決である。


posted by libertarian at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Law | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック