2006年09月03日

Praxeology and Behavioral Finance

[http://www.mises.org/story/771]

The Assault on Mathematical Economics

By Christopher Mayer



”While behaviorists have led the charge against the mathematical economics of EMH, Austrian economics has also played a critical role in demolishing the premise of neoclassical economics. Austrian economics (‘praxeology’) deals with human action as its ultimate given. Austrians deal with concrete value judgments and human actions. These actions are always "rational" in the sense that they satisfy some want or desire in the acting human. Grounded as they are in the reality of human action, the theories of Austrian economics are valid for every human action without regard to its underlying motives or causes. Therefore, there is no tension between behaviorists and Austrians such as exists between behaviorists and EMH advocates or between Austrians and EMH advocates. ・・・”





先日「ネット株の心理学」(小幡積 著)という本を読んだのだが、これはBehavioral Financeの理論をネット株について説明した本である。

面白い本であった。これを読むと自分もデイトレードでも始めようかという気になる。



作者の小幡氏は東大経済学部を主席で卒業した秀才らしい。まだまだ日本ではBehavioral Financeは邪道扱いされているらしいが、小幡氏はさすがに優秀で目の付け所がよいのだろう。この分野はこれから発展しそうだ。

自分自身のBlogでも自分のデイトレードについて書いている。

[http://blog.livedoor.jp/sobata2005/]



この本を読んで、まさにこれは人間行動学=Praxeologyに近いと思って検索したところ、以上のMisesInstituteの解説を見つけた。

オーストリアン経済学とこのBehavioral Financeは親和性が高いと認めた文章である。



しかし、今の株式市場は検察による楽天とかIT系企業への第2弾、第三弾の摘発の可能性におびえている状態なのではないかという気がする。

こういう状況でこそ、リスクを最小化するデイトレード戦略が有効なのかもしれない。
posted by libertarian at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | L.V.MISES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック