2007年01月24日

Milton Friedman @ Rest

ミルトン フリードマンが亡くなる4ヶ月前のWSJによる最後のインタビュー。これはe-mailで行われた。

Milton Friedman @ Rest
January 22, 2007; Page A15
In July last year, the late Milton Friedman, Nobel laureate in economics in 1976, granted an interview to The Wall Street Journal. Today we publish material from a question-and-answer exchange he had by email

次に引用したのはインドと中国の比較に対する質問とその回答だが、フリードマンの回答はやはり納得いくものだ。

Q:Any thoughts on a China versus India comparison?

Friedman: Yes. Note the contrast. China has maintained political and human collectivism while gradually freeing the economic market. This has so far been very successful but is heading for a clash, since economic freedom and political collectivism are not compatible. India maintained political democracy while running a collectivist economy. It is now unwinding the latter, which will strengthen freedom of all kinds, so in that respect it is in a better position than China.

経済的自由と、政治的集産主義は両立しない。だから中国は今までのところ成功しているが、実はクラッシュに向かっているのだ。
中国を見るとき、この本質的な観点を忘れてはならないのであろう。

2007年01月24
posted by libertarian at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | MiltonFriedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック