2007年02月27日

Edmund Burke,He was an anarchist

以下の引用はMurray Rothbardの文章である。
エドマンド バークはアナキストだという鋭い指摘だ。
バークを権威主義的な保守主義者だと、バークの本を実際に読んだこともない人間が西部すすむ辺りの解説を読んで言うことがままあるが、それは間違いだと思っておいた方がいい。ハイエクが書くように「統制されない社会の力を信頼することに対する恐れ」はバークのものではなかった。(統制されない社会とは、自由な社会を意味する。)そうでなければハイエクがバークにならってOld Whigを名乗るわけがない。
#中川八洋の胡散臭いバーク主義なるものも、ロスバードの解釈を正とすれば、完全に間違っていることになる。中川氏のバーク主義とは、その怪しい国粋主義的な信念のダシに使っているのに過ぎないだろう。
バークは政府と社会の違いを区別し、政府の暴力性をその最初から指摘していたとロスバードはこのエッセイの中で書いている。

Edmund Burke, Anarchist
by Murray N. Rothbard
http://www.lewrockwell.com/rothbard/rothbard11.html
He was an anarchist

"Anarchism" is an extreme term, but no other can adequately describe Burke’s thesis. Again and again, he emphatically denounces any and all government, and not just specific, forms of government. Summing up his views on government, he declares:

"The several species of government vie with each other in the absurdity of their constitutions, and the oppression which they make their subjects endure. Take them under what form you please, they are in effect but a despotism ....

Parties in religion and politics make sufficient discoveries concerning each other, to give a sober man proper caution against them all. The monarchist, and aristocratical, and popular partisans have been jointly laying their axes to the root of all government, and have in their turns proved each other absurd and inconvenient. In vain you tell me that artificial government is good, but that I fall out only with the abuse. The thing! The thing itself is the abuse!"

さらに次の文も追加しておこう。
”All government, Burke adds, is founded on one "grand error." It was observed that men sometimes commit violence against one another, and that it is therefore necessary to guard against such violence. As a result, men appoint governors among them. But who is to defend the people against the governors?”
Positive law imposed by the State injures man whenever it strays from the path that we know to be the law of man’s nature. How is the natural law to be discovered? Not by Revelation, but by the use of man’s reason”

国家によって押し付けれた実定法は人間を傷つける。自然法はいかにして見出されるのか?それは啓示によってではなく、人間の理性を用いることによってである。

アナキズムとは、本質的に反社会的(anti-social)な存在である政府を否定するが、つまり反ー反社会的ということでこれは”社会的”なこと、すなわちthe framework of peaceful human interrelations and exchangesを肯定することだ。そういう意味でバークはアナキストである。
ほとんどの人間は義務教育の結果、政府と社会を同一視してしまっている。

"It should be clear from this work that by "political society," Burke did not signify "society" in general. This is no Rousseauan call for a return to the jungle, either earnestly or satirically. Burke’s attack is levelled not against society ? the framework of peaceful human interrelations and exchanges, but against States ? those uniquely coercive elements: in human relations. His argument rests on a belief that when we observe the nature of man, we find that States are anti-social institutions. "


2007年02月27日
posted by libertarian at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | M.Rothbard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック