2007年03月25日

David Friedman on Global Warming

David Friedman(=DF)がBLOGでGlobal Warmingの問題をこのところずっと取り上げている。
[http://daviddfriedman.blogspot.com/]
さすがに、的確な意見である。
まず、DFは、いわゆる地球温暖化があるかもしれないことを否定はしていない。
問題は、温暖化そのものではなく温暖化によるその影響や効果だが、DFはcatastrophicなものではないと考えている。それは、IPCCの予想を受け入れてもそれほどCatastrophicなものではないのと、IPCCの予想よりひどいと想定してもやはりCatastrophicにはならないと考えるわけだ。

さらに、炭素税のようなピグー税方式の導入を唱えるアイデアにも否定的である。これは、Greg Mankiwのアイデアで、炭素税を導入しながら、これを他の税の減税と同時にやることでトータルで増税することなく排出量を制限できるという主張である。

[http://gregmankiw.blogspot.com/2006/12/
pigovian-questions.html]

これに対し、DFは、ある税を導入して,もう一方の税を減らすことは現実的に実行されないだろうとする極めて現実的な意見だ。戦時に導入された緊急的な税であっても、終戦後廃止されることはない。日本でも戦中戦後立法が廃止されたことはあまりない。

”Furthermore, I think it unlikely that income from carbon taxes would be used to reduce other taxes. The clear evidence here is the repeated pattern with regard to wars. New taxes are introduced as an emergency measure for a war, retained long after the war is over; there is always some politically profitable way to spend the money. In the case of carbon taxes, I am confident that they would be used as an additional source of revenue, perhaps with the argument that the money was needed to ameliorate the effects of whatever global warming continued to occur.”

おそらく、DFによる地球温暖化の議論はまだ続くだろう。
真実が誰にも分からない極めて中途半端に科学的な議論に関しては、DFのような超一流の経済学者の役割は大きい。
また経済学者であっても、DFのようなリバタリアン経済学者でないと、すぐに政府の役割を強化しようとする職業上の利権がらみの習性で意見するから使い物にならない。
現在、地球温暖化の世界規模のマスヒステリーに対して正しい言論を張っているのは、リバタリアンだけだ。

科学と政治的思惑に対して、中立で、かつある意味、超越的な議論をできるのは経済学者しかいないだろう。科学者の言う事実は、経済学的に見れば幼稚な誤解が多すぎるし、政治的な意見に対しては経済学的な事実の提示が必要だ。
この問題は、当然ながらものすごく重要だ。温暖化に対応することが重要なのではなく、現在世界的にはびこっている地球温暖化に対するデマとヒステリックな立法措置といったtragedy comedyに対して、学問がいかに理性を用いて、その誤謬を訂正させることができるのかという試金石となるという意味で重要だ。
地球温暖化のようなデマに対して、政府が間違った税金コストをかけることは、子々孫々にわたって取り返しのつかない損失になるのは確実だからだ。
また地球温暖化に対する議論は、その経済学者の能力の試金石となることは間違いない。私の知る限りでは、WEB上にある議論としてはDavid Friedmannの議論がやはり傑出している。


2007年03月25日
posted by libertarian at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック