2013年10月15日

Milton Friedman on FDA

ミルトンフリードマンへの1999年のテレビインタビュー「ミルトンフリードマン、リバタリアニズムを語る」から、FDA批判の部分を翻訳した。元のURLは http://www.hoover.org/multimedia/uncommon-knowledge/26936

面白いインタビューなので、近く、この全文の翻訳を公開しよう。

======================================

ロビンソン:FDAは製薬会社が作る医薬品から、我々がスーパーマーケットで買う食品の添加物に至るまでの全てを規制しています。例えば、例をあげさせてもらうとサリドマイド(フリードマン:それは、みんなが好む例だ)ええ、これを例に挙げさせてもらいます。50年代、60年代、ヨーロッパで妊娠時の嘔吐感をなくす薬として販売されました。FDAはその安全性テストが不適切だとしてアメリカ本土では販売を禁止しました。ヨーロッパではサリドマイドを服用したお母さん達から、何千人もの子供がおそろしい先天性奇形をもって生まれたのです。しかし、アメリカでは起こりませんでした。なぜなら、FDAが販売を禁止し、市場に出させなかったからです。

ありがとうFDA! よろしいでしょうか?

 

フリードマン:間違っている。(ロビンソン:はい。なぜでしょう?)このケースはFDAが命を救ったケースでよいケースだ。しかし、FDAは有効な良い薬を認可することにも同様にスローなのだ。

そのためにどれだけの命が失われたか考えたことはあるだろうか?あなたがFDA職員だとして、新薬を承認するか却下するかの問題を抱えているとする。もしあなたがそれを承認したとして、その薬がサリドマイドのような悪い薬だと分かったとする。あなたの名前は新聞の一面にのり、大変な騒ぎになるだろう。一方で、もしあなたがそれを却下したとする。そしてその薬はよい薬だったと分かったとする。そしてその後、4−5年くらい後に、誰もあなたがその薬を認可しなかったことに文句を言ってこないことに気づく。公共の犠牲の上に利益を得ていると批判される、強欲な製薬会社以外からは文句がこない。

だから、FDAはそのプレッシャーからいつも認可が遅れることになる。FDAはその認可の遅れによって、早く認可していれば救えたであろう人よりも多くの死者を出しているという証拠が山ほどある。


ロビンソン:では、あなたの見解では、FDAを廃止せよと。

 

フリードマン:まさしくその通り。(ロビンソン:FDAの代わりにはなにがくるんでしょう?)なにがくるのかって?悪い商品を出さないようにすることは、製薬会社の自己利益追求の一環としてある。サリドマイドを作った製薬会社が、サリドマイドで利益を得たと思いますか?利益を失ったと思いますか?(ロビンソン:なるほど。そうですね)また、人々の損害に責任をもたないといけない。それは可能だろう。(ロビンソン:だから、不法行為法が扱うのですね)その通り。まさしくそのとおり。

 

ロビンソン:わかりました。もしリリーやメルクが私に害をもたらす薬を作ったら、会社を訴えてやります。その薬を飲んだ誰とでもクラスアクションを組んで、会社に何十億ドルの訴訟を起こし、株主の株価を暴落させてやることにしましょう。こう考えると、製薬会社が薬を市場にだすのに、非常に厳格になることには、彼らの利益がありますね。

 

ロビンソン:ミルトンフリードマンは、ほんとうに全ての健康や安全規制に対して反対なさるのでしょうか?この点について、彼に質問してみます。一般人は自分の買う食品の栄養素を知る権利をもたないのでしょうか?

 

ロビンソン:肥満はこの国では大きな問題です(フリードマン:そう、ほんとうに)しかし、つい最近までダイエットをする人にとって、食料品店でパッケージを選んで、その成分がなんであるかを知ることは大変でした。炭水化物の含有量とか、脂肪カロリーはどのくらいかといったような情報です。

そこで、政府は食料品店の食品には栄養価を表示すべしという、慎ましい規制をとりました。

だから今では、だれでもこの食品は脂肪が多すぎる。こっちのは少ないからこれにしよう。とか簡単に言えるようになったのです。

では、このような慎ましい、受け入れやすい政府規制はよいのではないでしょうか?

 

フリードマン:では、続けましょう。政府は、有用な情報が載せられることも妨害しているのです。

非常に単純な例をあげると、アスピリンです。よく、ご存知の。これを心筋梗塞のリスクを減らすために1日おきに摂るようによくアドバイスされていると思います。しかし、これはアスピリンのパッケージに書くことは許されていません。(ロビンソン:それは、、)FDAが禁止しているからです。彼らはラベルに書く情報をコントロールしています。

では、ここにリバタリアンの製薬会社があるとして、かれらは、次のような内容をその製品ラベルに載せたいとします。つまり、これは我々が謳いたい情報であり、これはFDAが言っている情報だと、同時に載せるのです。つまり我々言うところの選択です。

彼らはそれを許可されません。

もし消費者がその成分をほんとに知りたいとすれば、パッケージに情報を載せることは、生産者にとっても利益となることです。

製品情報がのったパッケージは、それがない商品よりも魅力的な商品となります。

しかし、このことはいつも私にはミステリーなのです。なぜ、ワシントンの何人かの専門家が、あなたや、私や私の子供のことも全く知らないのに、あなたや私よりも我々がパッケージに何を書いて欲しいか、その内容を知っていると考えるのかです。

 

ロビンソン:繰り返しですが、バランスをとってお効きします。FDAを廃止せよ。それら政府規制を廃止せよと?

 

フリードマン:もちろんその通り。FDAはもともとは医薬品の安全性を保証することを求められているだけで、認可した薬品の効能を保証するわけではなかった。あなたが例にあげたサリドマイド事件の結果、いわゆるキースエルバー修正条項ができ、それで、FDAは、その任務が拡大し、薬の安全性と効能を保証することになった。それによって、薬の承認に要するコストが巨大に膨れ上がったのです。もしFDAの役割を半分にしたければ、FDAが薬の安全性の保証だけして、効能に関する判断表明はしなかった時代に戻れば良い。



必読↓

posted by libertarian at 22:26| 東京 ☔| MiltonFriedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする