2013年11月14日

Abolish atomic power plant

図書館で、小林よしのりの「脱原発論」を借りた。この本はよく書けている。原発問題を知らない人間は、まずこれを読むといい。
よしりんの判断に私はほぼ賛成だ。
2011.3.11 から早くも2年と8ヶ月も過ぎ、何もないかのようだが、事態は悪化する一方であることに変わりはない。
しかしメディアには、ほんとに原発のまともな情報が不気味なほどになにもない。

チェルノブイリの時は4−5年で甲状腺癌などが顕著に増加してきたそうだから、あと2年くらいだ。
それも、原発作業員の病気が今までも隠されてきたように、マスゴミも総動員して事実隠蔽される可能性が高い。
日本の医学会もその本質は軍隊組織であるから、医者に良心なんかは期待しない方がいい。

posted by libertarian at 18:58| 東京 ☀| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする