2014年03月08日

Confederate states of America

南北戦争(civil war)の時に、南部は連邦から離脱してアメリカ連合国を作った。リンカーンは、州には連邦からの離脱の権利がないとして、連合国を認めなかった。
これはリンカーンのポジショントークである。

しかし連邦からの離脱が憲法上認められているのかと思いきや、こうなると前例上、連邦からの離脱は認められないということか。
革命の権利が認められているはずなのに、離脱の権利が認めれないというのはおかしなものだ。
ここら辺の憲法解釈が、南北戦争のキーポイントなのだろう。

posted by libertarian at 00:26| 東京 ☀| Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする