2014年03月12日

Cyber war

中国は既にサイバーテロ大国だが、日本はこの分野でも全く遅れているようだ。
アメリカがサイバー戦争を戦争領域と考えているのは知られているが、中国の技術は凄いらしい。
今の日本はソフトでも全く歯が立たない。
それにサイバーとはいっても、物理的には脆弱で海底ケーブルやケーブルの陸揚げ局を攻撃すればネットから遮断されてしまう。
戦争は情報戦でもあるから、いざ戦争になれば真っ先に攻撃されるだろう。

中国に対する十数年くらいまであった技術後進国のイメージは即刻に改めないといけない。
すでにサイバーテロは日常的なものだ。
中国は戦争を三戦、つまり心理戦、法律戦、宣伝戦と定義している。中国は戦争をずっと仕掛けてきていると認識しないといけない。
日本はNHK、朝日、読売とマスゴミが親中宣伝を執拗に長期に渡ってしてきているから、こういった現実がほとんど知らされていない。大学も共産党シンパが未だに多数派だ。
日本が中国に飲み込まれることを望んでいる勢力が日本人の中には沢山いるということである。

私は、日本が中国に飲み込まれるそんな悪夢が現実とならないことを祈るしかない。
posted by libertarian at 12:45| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする