2014年07月17日

Taiwan First

今は朝鮮問題に世の関心が行っているが、重要なのは朝鮮ではなく、台湾である。朝鮮半島は無視しても問題ない。
台湾の帰趨は日本の防衛の上で生命線であり、死活の問題である。

しかし、ミアシャイマーの予測が正しいとすると、台湾が中国に呑み込まれるのはほぼ避けがたい。
軍事的に侵略しなくても、このままいけば平和的に呑み込まれる可能性が高い。
馬英九もどんどんシナにすり寄っているようで、慰安婦像を台湾に設置しようとしているらしい。
軍事的に露骨に侵略してくるなら、撃退すればいいから分かりやすいが、平和的に政治的に呑み込まれるのは、防ぐのが難しい。

もし台湾がシナに呑み込まれれば、第一列島線が破られることになり、第一列島線がシナに支配されれば、
日本の防衛はほぼ必死がかかった状態になる。
こうなると、ますます抑止核を持たないといけないわけだ。

posted by libertarian at 21:36| 東京 ☁| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする