2014年07月29日

Virtual Gold

bitcoinのような仮想通貨の本質は、仮想の金であって、仮想の通貨ではないと思い至った。
通貨の条件はいくつかあるが、その全てはbitcoinは満たさない。
一つでも満たさないと通貨にはなれない。

元のイメージが金の採掘だが、やはりbitcoinは、仮想の金、ゴールドなのである。
この違いはかなり重要で、仮想の金、virtual goldだと、その価値は思っている以上に不安定だろう。
bitcoinシステムは、最大発掘量が決まっているが、これはただのシステムだから、同様のシステムはいくらでも作れる。
既に100種類近い仮想通貨がある。この先も増えていくだろう。
仮想のゴールドが大量に発掘されることになる。すると老舗のbitcoinの価値に影響を当然与える。

それ以前に、実物の仮想というのは無意味である。
これは真鍮を仮に金として扱いましょうというようなものだ。それよりも酷い。

中央銀行なき通貨、法貨でない通貨といった、ふれこみに騙される、もとい思い込みにとらわれると、やけどを負うだろう。



posted by libertarian at 23:35| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする