2014年09月10日

iWatch

噂のiWatchが発表された。
デザインはなかなか気に入った。マーク ニューソンがデザインに加わっているらしい。

良いと思うのは心拍センサーが内蔵されていることと、非接触型充電だということ。
充電装置はどんなのかわからない。Qiみたいなものだろうが。

使ってみないと分からないのは、バッテリーの持ちと屋外での視認性の部分か。
視認性は今のスマホと変わらないだろう。バッテリーの持ちもおそらく今までのスマートウォッチとあまり変わらないのだろう。
充電頻度が高くなると、置くだけで簡単に充電できることが大事になる。
今までのアンドロイド系のスマートウォッチは充電の際に USBを差し込む必要があるのが致命的に安易な設計だ。

ところで、私はPebble watchを持っているわけだが、Pebbleはソフトがまだいいのがない。
この点、まだマイナーなガジェットという感じがある。
運動、サイクリングの表示も、まだまだだ。お粗末で使えない。
この点、アップルのは最初から期待できるだろう。
Pebbleのいい点は、充電が差し込み式ではなく、接触式なところと、電池がわりと持つ事。
ディスプレイが電子ペーパー方式なのも素朴でよろしい。

どうこういって、iWatchがでてきたらまた欲しくなりそうだ。
しかし、最初からアクセサリーをアップルだけで供給するような隙のない仕組みはよくない。
野生動物でも、ライオンの食べ残しみたいなものが大事だ。
iPhoneにしてもケースなどアクセサリー市場が小さな企業に沢山生まれた事が大きい。
これもいわゆるエコシステムの一部だろう。

posted by libertarian at 09:14| 東京 🌁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする