2014年12月22日

Uncalcurable Risk

リスク計算は、損害*発生確率のようなもので定義されているが、この発生確率の前提となるのは正規分布である。
しかし、ある事象が正規分布であるかどうかは、普通は分からない。
ほとんどの事象の母集団の分布は未知である。だから、リスク計算はほんとはできないことの方が多いのである。
適当に正規分布という前提をおいて発生確率を推定しているだけだろう。

今は多くの分布がベキ分布であることが分かっているし、このような場合のリスク計算はできない。
おそらく、株式市場だけでなく地震などの天災も、発生確率は正規分布ではない可能性が高い。
ここは、確証がないが、データがないので自分にはなんとも判然としない。

原発事故のようなものも、ほんとはリスク計算はできないだろう。

リスクというのは、そのような客観的なものでは必ずしもなく、主観的な個人の自由の領域にある。
そして、それでよいと思う。
ダメなのは、いい加減なくせに客観的であるかのように振る舞ってリスクがどうのこうのという連中である。

世の中には、こういうのが多い。そういう連中が勝手に株式市場で損するのは構わないが、無責任なことを社会問題に関して言うのは大いに間違っている。この典型が池田何某みたいなバカである。w
posted by libertarian at 00:42| 東京 ☀| 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする