2015年01月27日

World not understood

世の中でニュースというのは絶えることがないが、それらは点情報でしかない。
その時々で関心をひいたニュースにごちゃごちゃとした解説だが感想がメディアでなされる。一時の関心をひくが誰もそんなものは理解もなにもしてない。
例えば、去年、ソ連のクリミア問題がおこったが、その後は一切ニュースにもならないし、どうなったか気にする人も稀だろう。
問題を、ちり紙程度の点としか把握していないわけだ。問題を理解すれば、線として認識するようになるだろう。

イスラム国にしても、そもそもイスラム国とは何かについて、まともに報道も説明もされない。これでは、イスラム国でなく、A国とでも言った方がよい。つまり、ニュースは自明でないことをあたかも自明のように報道し、結局報道する側もそれを受け取る側も誰も何も理解していない。今はWIKIがあるので、昔と違ってある程度のまとまった知識を容易に得ることができるようになったが、普通の人はそれすらしないだろう。何も知らないのに、良い悪いといった判断は適当にしているわけだ。
イスラムは複雑で理解しにくいということはある。特に歴史を知らないから、イスラムやアラブの意味もわからない。漠然としたイメージをもっているだけだ。

”クラッシュ”という映画で、雑貨店を営むイスラム系にみえる店主が、自分たちのことを社会はアラブだと思っている。ほんとはペルシャ人なのに。。とつぶやくシーンがある。ペルシャはイランだが、イランはアラブではないのである。これは彼らにしてみれば日本人が中国人として扱われているようなものなのだろう。

我々は近現代史にあまりにも無知であるがために、現代の世界をほとんどなにも理解できないでいる。
現代の世界もわからなければ、現代の日本のことも何も分かっていないわけである。

posted by libertarian at 11:56| 東京 ☔| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする