2015年05月15日

Minaret of freedom

リバタリアニズムとイスラームの類似性は、イスラーム関係の本を読むと直感的に思いつくわけだが、実際にLibertarian Muslimsというのがいるらしい。
これが、そのサイト

そのミッションとは、以下の通り

The Minaret of Freedom Institute was founded in 1993 with a dual mission for educating both Muslims and non-Muslims. For non-Muslims our mission is: 

  • to counter distortions and misconceptions about Islamic beliefs and practice 
  • to demonstrate the Islamic origins of modern values like the rule of law and sciences like market economics 
  • to advance the status of Muslim peoples maligned by a hostile environment in the West and oppressed by repressive political regimes in the East 
For Muslims, in fulfillment of the obligations laid upon them by the Qur'an and the Sunnah, our mission is: 
  • to discover and publish the politico-economic policy implications of Islamic law (shari`ah) and their consequences on the economic well-being of the community, 
  • to expose both American and Islamic-world Muslims to free market thought 
  • to educate Islamic religious and community leaders in economics and in the fact that liberty is a necessary, though not sufficient, condition for the achievement of a good society, 
  • to promote the establishment of free trade and justice (an essential common interest of Islam and the West)
To build upon the words of Thomas Jefferson, in fulfilling these goals we are pledged to wage unending holy struggle (jihâd) against every form of tyranny over the mind of man. 

==

詳しいことは分からないが、わりとまともである。
イスラームは無神論である共産主義とは本来、激しく対立するが、政策的には社会主義政策をとるところが多かった。
それをイスラーム本来の自由主義的な方向にもっていこうとしているのかもしれない。

イスラームではザカートとよばれる喜捨がイスラム五行の一つとしてあり、それが社会的な富の再分配を促進してきた。
これは税を中央政府が強制徴収してばらまくよりよい仕組みではあろう。
サウジアラビアなどは失業率は高いが、サウド家のザカートによって働かなくても生活できるため、失業率が高いままのようだ。
こうなると働く意志がある失業ではなく、単に働かないだけだ。w
イスラーム五行のザカートは、社会主義的な政策とあまり違和感がないように見える。
世俗化と社会主義化は同時に近年のイスラーム圏で起こっているが、これを本来のイスラームの自由主義的経済にしようということなのかもしれない。

posted by libertarian at 07:19| 東京 ☀| Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする