2015年07月11日

NotePC without display

先日、ヨドバシでキーボードをいろいろと触ってきた。
キーボードは長時間プログラムをするような人とかには重要なデバイスであるが、なかなかにこれというのがない。
高級キーボードとして2−3万円クラスで東プレやHHKやFilcoなどが有名だ。
FilcoのはMajestouchを持っているが、どうもあまりしっくりこない。東プレの静電容量タイプのが定番だが、あまりコンパクトなのがない。となると残るのはHHKのprofessional2しかない。
しかし、HHKは昔Liteの安いタイプを買った時の悪い印象が強い。
Filcoは、Majestouch Minilaというコンパクトタイプが置いてあった。これは十分にコンパクトで悪くはなかった。だが在庫がなく結局買わなかった。だが、買わなくて正解だったかもしれない。
軸のタイプで赤、黒、茶、青といろいろあり、それぞれに感触が異なる。しかし、ノートPCになれていると、音の大きさが気になる。

ノートPCのキーボードは、どれもわりと高品質だと思われる。
特別に品質がよいわけではないのであろうが、重量のある本体と一体であるため、もろもろの振動やズレが抑えられる。
外付けのキーボードは軽量なのが多く、それは打鍵感にマイナスに影響する。
キーボードの性能は軸の構造だけでなく、キーボード全体の物理的な質量も影響する。

数年前にキーボードに興味があって、ThinkPadの600Eをヤフオクで買った。
このキーボードはノートPC史上、伝説の最高のキーボードとされ、ネットで絶賛されていた。
発売当初は50万円程度もした高級機種であり、作りは手抜きのないよいものだ。
↓参照のことw
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/9946/ThinkPad03.htm

実際にこのキーボードは、非常に快適だ。東プレよりも、HHKよりもMajestouchよりも私の好みだ。
これは、頑丈で重量のあるノートPCと一体という点もメリットなのだろう。

そこで、SmartDataLinkケーブルというものを購入し、600Eをキーボードとして復活させることを思いついた。
このケーブルはなかなかに面白く、MacとWin、WinとWin,MacとMacの間でつなぐと、片方のキーボードとマウスでもう一方のPCを制御できるというすぐれものだ。
ケーブルではなく、ソフトに仕掛けがあるのだが、このUSBケーブルの中にソフトが仕込まれていて、自動にインストールされる。中のUSBメモリにプログラムが入っているだけだ。w

結果、うまく行かなかった。CPUの非力な600Eに無理やりWinXPを入れているが、USBが古すぎるのかもしれない。というわけで、600Eのキーボードの復活は叶わなかった。残念。
Linuxとつなげることができれば、600EをLinuxマシンにしてしまうのも手かもしれない。が、このケーブルはLinuxには対応してないようだ。
今はMBPretinaとWindowosを繋げるのには使っている。最初は妙な感じが抜けないがw.


思うに、今のノートPCは非常に高性能なのだが、PCの形態としてノートPCにディスプレイのついていないものを発売するべきである。
ノートPCにディスプレイがついてないとなると、大昔のFM7、PC8001、初代Appleのようなコンピューター本体とキーボード一体型のものと同じだ。
これは良い意味での先祖返りだ。

なぜかといえば、ノートPCに外部ディスプレイをつないで使うことが多く、この場合、ノートPC側のディスプレイが邪魔になるからである。
だが、ノートPCはキーボードにメリットがあり、最近のノートPCは安いタイプでも高性能だ。
またMacMiniのような単体のコンパクトPCよりも配線周りがスッキリする。物理的にPCとキーボード一体というのにメリットがある。それにコンパクトPCは別途キーボードが必要だから接地面積はキーボード分どうしても余分に必要になる。

ノートPCは可搬性が重視されているが、家で使うノートPCの形態としては、液晶ディスプレイ一体型である必要は必ずしもない。むしろディスプレイは邪魔な場合が多い。こういう市場ニーズは必ずあるはずだ。
最近の外付けディスプレイは大画面でかつ安価だから、ノートPCも家で使う時にはこれらと接続して使うケースが多いはずだ。

今のノートPCの性能に東プレやHHKの高級キーボードを一体化させた、大昔のFM7のようなPCが出てこないものであろうか。
今のThinkPadのXシリーズやTシリーズからディスプレイだけを外しただけでもかなり魅力的だと思う。
たったこれだけのことで、新しいPC市場ができると思う。
要するに、モバイルPCと、ホームPCといった分け方がポイントだ。
従来のホームPCはタワー型の単体PCだったりしたが、この市場は圧倒的に小さい。
ホームPCの新しい形態が提案されるべきなのである。





posted by libertarian at 12:27| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする