2015年07月31日

Risk on

今はマーケットはRiskOn状態になりつつあると思われる。
説明はしないが、そう思われるわけだ。w

ここで問題とするのは、Riskとは何かだ。
セキュリティ問題はRisk問題であり、Riskを定義しないと意味がない。
日常生活は安定的なもので、リスクの存在を意識しない。セキュリティも安定性、日常性を脅かすものといった定義であれば、リスクを意識していない可能性がある。

結論から言えば、リスクとは期待リワードに対して発生するものだ。
おそらく、普通、リスクとは0の状態がマイナスになることとイメージされているだろう。そうではなく、+Aの期待に対してリスクは-Aが自動発生する。意識するしないに関わらずである。

株式投資をする初心者はロスカットを設定しないで買い、ひたすら上がることを願うだろうが、ロスカットを設定しないで利益を期待することで、リスクリワード比は無限大になるかといえば、そうはならない。w
仮に10万円でロスカットするとしよう。ロスカットの値がリスクであり、リワードはそれ以上を達成しなければいけないノルマになる。ロスカットを20万にすれば、なかなかロスカットにかからず、2−3万円で利食いもできるチャンスがあるだろう。だが、ロスカットを大きくすれば、自分がとらなければいけない利益水準が上がっていく。20万のリスクをとって、2万円の利益では勝ったことにはならない。リスクを沢山とるということは、同時に自分に課すノルマ、達成基準を高くするのと同じなのである。1回限りの勝負でなければ、自分の設定したリスクが重くのしかかってくるだろう。自分の能力を超えたリスクを設定すれば、そのノルマは達することもできないだろう。リスク=ノルマであり、その人間の力量にバランスしたものでなければいけない。

セキュリティも、お金を沢山持っている人がより多くの投資をする。普通の人はセキュリティ投資などほとんどしないが、金持ちはそうではない。相当なセキュリティ投資をしている。
これは国家についてもいえることで、豊かな国家ほど多くのセキュリティ投資をする。アメリカは戦争を仕掛けてばかりいるようにも見えるが、あれはあくまで国防、national security の一環なのである。
核兵器が最高のセキュリティ兵器であるのは、相手の期待リワードをマイナス無限大に持っていくことが可能だからで、リスクリワードを1以下に容易にできるからだろう。

posted by libertarian at 02:46| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする