2015年08月02日

Theory

theory,セオリーという言葉の意味は、なかなか難しい。
ミアシャイマーなどが、自分の説をmy theory、my theoryと呼ぶのに違和感を覚えていたが、〜説は、〜セオリーということなのか。
セオリーは実証されない段階でも、セオリーではあるということか。
私の感覚では、ある程度、実証されたものがセオリー、理論で、その前の段階のものは〜説とするのが正しいと思っていたし、今でもそう思っている。実証がともなっていない理論は、仮説の段階にある。

だから、ミアシャイマーのセオリーは、ミアシャイマーの説だ。
歴史的なバックテストに合格したから、ミアシャイマーの説は、theoryと言えるかといえば、それは無理だ。
英語には、このような言葉の使い分けがあまり厳密にないのか?hypothesisは、もっと狭い範囲の、限定的な仮定のイメージだ。これを説とするのもしっくりこない。

歴史的なバックテストは、何重にも難しい。あまり昔だと正確な記録がない。記録が残っていなかったり、残っていても勝者の歴史で改竄されていたりする。また記録があっても、数字がない。そもそも正確な統計数字などは、せいぜいこの100年くらいしかない。記録しか手がかりがないが、記録を検証する手段がまた他の記録しかない。
国際政治や地政学、また経済学の問題は、理論の歴史的な検証が困難かつ怪しいところにある。ある程度、フォワードテスト、つまり予想が当たればよしとするのであろうが、それもかなり限定的になる。
だから世の中には怪しいtheoryや、怪しい証明が溢れているわけだ。

そもそもニュートン物理のようなものを理論とするのであれば、社会科学の理論など理論と呼ぶのもおこがましい。ニュートン物理の衝撃とは、この世の中、この世界に理論が存在すること、そのものだった。当時それは神の存在証明として受け入れられた。
ニュートン以前に理論があったのかは分からない。
ギリシャ時代に理論があったとは思えない。数学はあったが、数学と理論とはまた別だ。
theory,theologyは同起源の言葉なのだろうか?
昔はニュートン教なんてものもあったらしい。w

ニュートン以後は、逆に理論なるものが溢れてくる。説と呼ぶならいいが、理論と呼ぶのは問題があるようなものが多い。説と呼ぶと、簡単に相対化されてしまうので、theoryだ理論だというのであろうが、やはり、理論ではなく説というべきである。

それでもマクロ経済学などは、ミルトンフリードマンの大恐慌研究以来、歴史的な実証をちゃんとしようとしてきた。それが、バーナンキなどのマクロエコノミストの業績で、仮説を実証して理論にまで高めようとしてきたのが偉い。この100年のことでも、数字は簡単に手に入らない。
もとより、実験科学でも数字を手に入れるのは非常に大変だ。一つのデータを手に入れるのでも、大変な労力、時間、お金がかかるのが普通だ。


posted by libertarian at 10:54| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする