2015年08月10日

Jim Rogers is just a trader

ジムロジャースの雑誌記事を読んだ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44481

ロジャースはいまだに投資で成功しているようだ?が、投資に成功していたとしても別に正しい経済理解をしているわけではないという見本だろう。
しかし、ロジャースは自称リバタリアンであり、こういった経済に関する意見を持っているリバタリアンは多い。私も以前はなんとなく、こういった考えが正しいと思っていた。w

成功している投資家が正しい経済理解をしているわけではないし、正しい経済理解をすれば投資で成功する可能性が高くなるわけでもない。
それは、別物なのである。
とはいえ、ロジャースの言っていることも半分くらいは正しそうだ。
ロジャースはファンダメンタルズ投資をしているから、経済分析はいろいろとしていて、現状認識は適切であることが多く、そのため投資で成功できているということなのであろう。どのくらい成功しているのかは分からないが。w 一度運よく大成功して、大金を手にしたら、その半分投資に回し、半分は手を付けないでいたらそれだけで一生贅沢に暮らせるわけで、その後の投資パフォーマンスがどうであれ、成功した伝説の投資家として暮らしていけるわけだ。w

投資家には経済について一家言持つ人が多いように思うが、大体怪しい床屋談義に過ぎない。
投資家やトレーダーにとっては投資で儲かればいいのであって、国家や経済は自分とは関係のないことだからだ。
ロジャースもただのアメリカ人一相場師に過ぎない。いや、ただの投資家というよりは、かなりの曲者と見るべきだろう。
投資で成功したいからと言って、ロジャースの経済床屋談義まで信じてはいけないということだ。



posted by libertarian at 03:26| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする