2015年08月13日

Class

今の社会はリベラリズムが教条であるから、クラスなる差別的なものは原則否定される。
しかし、社会において上下の関係はどこにでも必ずあるし、上下の違いは存在する。
契約関係に基づく上下関係もあるが、契約関係のない上下関係もある。そこが重要なところだ。

実際のところ、左派こそが、単一の価値観に基づく上下関係を欲する連中である。
人間関係の基本はクラスにある。
年齢によるクラス、実力によるクラス、これら諸々のものを前提として社会関係というものは成り立っている。
クラスは必ずしも上下の貴賎を意味するものではない。
だが、リベラル連中はこれがわからない。連中はバカだから「違い」を差別=悪だと言うわけだ。
恐るべきことにリベラルはこのように学校教育でも教えている。

社会において大事なものはクラスなのだ。誰も自分より低いクラスの連中と対等に接しようとは思わない。
だから同類でグループを作る。古今東西、社会はクラスで構成される。
逆に言えばクラス以外のもので構成される社会はあり得ない。
そこにあるのは、自生的なものであり、外部の権力がどうこう横槍を入れるべきものではない。
世の中に法的権利の平等があることは認めても、それ以外の対等関係は存在しないと認識しないといけないわけだ。
posted by libertarian at 04:41| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする