2015年08月29日

Racism

欧米の歴史とは、キリスト教をベースとした宗教戦争の歴史だ。宗教戦争は、異教徒を殺し、それもできる限りの苦痛を与えて殺すのがセオリーであった。
このような戦争を欧米のキリスト教世界では1000年以上も行ってきたわけだ。そして、航海技術が発達してアメリカ大陸や南国の島へ行くようになってからは、現地人を異教徒以上に残虐に虫けら以下の存在として殺戮の限りを尽くしてきた。
これが驚くべきことに19世紀くらいまでずっと続く。ほんの、つい最近までだ。
20世紀の1945年に日本に落とした原爆は、その集大成のようなものといえよう。

問題は、今では人権だ、差別撤廃だといったスローガンはあるにせよ、こういった遺伝子レベルで染みついているだろう欧米の人種差別意識はあまり変わっていない可能性が高いということだ。
つまり、単に裏と表、本音と建前で綺麗事を言っているだけの可能性が高い。
遺伝子レベルというのは比喩だが、キリスト教が未だに広く信じられている世界で、こういった虐殺の論理はキリスト教の中に内在した論理であると思われる。
それが、最近のものにすぎない政治スローガンごときでなくなるとは思えない。
アメリカのイラク侵攻であっても、そこには宗教戦争、人種差別偏見の匂いがする。
敬虔なキリスト教徒が多い南部ほど、人種差別が未だに根強いのはこのことと関係がある。

連中は、長い植民地政策の経験から、劣った原住民をmanipulate する技術を発達させてきた。
日本に対して行われた占領政策、War Guilt Information Program(WGIP)もその一つだ。こんなものが、一朝一夕に用意できるわけはない。

先日、「日本人を狂わせた洗脳工作」(関野道夫)を読んだが、これは、アメリカのWGIPの公式文書を発掘した本だ。その1次資料をみると、露骨にそのコードネームも、War Guilt Information Program そのままだ。
WGIPは江藤淳氏が「閉ざされた言語空間」で発表したが、その一次資料が行方不明で、存在について疑義を唱えられていたらしいが、それを発掘したものだ。
薄い本だが、読む価値の高い本だ。おすすめだ。

これと同様のことをブッシュのアメリカはイラクに対しても行おうとしたわけだ。
ここに、アメリカの宗教的に狂った熱情を感じるわけだ。
劣った原住民、異教徒をmanipulate できるという人種差別意識は未だに根強い。
このブッシュという南部出身のいかれた大統領は日本人のことを日常的にジャップと呼んでいたそうだ。
基本的に欧米のRacismはなくなってなどないし、これは我々日本人が直面している大きなリスク要因だ。

デュランれい子だったか、東南アジアで若い女性から真顔であなたのマスターカントリーはどこかと聞かれて驚いたという話がある。マスターカントリーとはご主人様の国とでもいったとこか。
今の日本人はマスターカントリーがアメリカだとはさすがに思っていないだろうが、未だにWGIPの言語空間にあることは間違いない。これを打ち破るにはメディア改革が手っ取り早い。
これは、電波割当の競争入札制度にするなどの制度改革で容易に実現できるだろう。
日本の既存大手メディアに与えられている特権は法外なものであり、これを叩き壊さなければはじまらない。
posted by libertarian at 22:38| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする