2015年09月06日

Progress of Airplane

飛行機の技術進化をみると、目立つところで
1850年 有人グライダー
1852年 初の動力付き飛行船
1903年 ライト兄弟の動力飛行機
1937年 初のヘリコプター
1939年 零戦
1947年 ジェットエンジンによる音速の壁突破

約100年でグライダーから音速ジェット機まで進化している。この間に飛行機の原理的な部分は全て達成されている。
ライト兄弟の動力飛行機が発明されると、瞬く間に動力飛行機は進歩し、10年後の1914年にはじまる第一次大戦では飛行機が乱舞していた。しかしさすがに1904年の日露戦争では飛行機は一切登場しない。

第二次世界大戦後は、ボーイング29(B29)のような大型の機体が旅客機として利用されるわけだ。
飛行体験という意味では、動力飛行機より50年以上前に、飛行船ができているから、空を飛ぶことは、ライト兄弟以前にありふれたことになっていた。だが飛行船はあまりに遅く非力であり軍事利用はできなかった。

動力飛行機でのライト兄弟の成功要因は、独自に軽量の飛行機用エンジンを手作りしたところにある。
ライト兄弟以降の飛行機の進歩は、飛行機用エンジンの進歩と機体設計の進歩の2面で進んだ。
飛行機は複合技術であるから、要素技術、素材開発によって今も進歩はしているが、車と同様に本質的なところはとっくに完成されている成熟した技術だろう。

今後は戦闘機は無人のドローンに置き換わるのは確実だ。これは飛行機にとっては要素技術にすぎないコンピューターの進歩によるものだが、有人戦闘機は消滅し、同様に爆撃機も無人化すると思われる。
こうして考えれば、飛行機は紙飛行機からドローンに至る進歩のようにも見える。
posted by libertarian at 16:09| 東京 ☁| Modern HIstory | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする