2015年09月15日

Multi Polar worlld

ドローンやロボット、AIはもはやSFの世界のものではないが、これがあと10年、20年経つと相当なレベルになるのは間違いない。
アメリカは、すでに世界の複数の地域に軍事展開することは経済的に困難で、これが世界が多極化するのを不可避にすると思われているわけだが、地球の裏側からドローンやロボットをコントロールできるようになれば、世界に軍事的同時展開をするのは可能になるかもしれない。地球の裏側からコントロールしなくてもAIで自律的に動くようになるだろう。

アメリカの将来的軍事ビジョンはここらへんにある。こういった技術でアメリカは軍事的ヘゲモニーを維持しようとしているのであろう。
だが、コンピューター技術はコピーが容易だから、アメリカがそういった技術を独占し続けることもできないだろう。
こうなると、映画のターミネーターのように将来の戦場は、人間とロボットやドローンが戦うという世界になるのかもしれない。しかし人間に勝ち目はない。

世界が多極化するといっても、どこがpolarになるのかだが、アメリカ、支那、ロシア?、インド、イスラム国?、ドイツ、日本くらいしか、候補は思いつかない。
GDPでみれば、ロシアは軍事的には依然として強国だが、経済はイタリアと同じ程度。
ドイツは日本より少し下で、日本はGDP的にはアメリカ、支那に次ぐ3位にある。
だから、日本も核システムを持てば、一つのPolar になる可能性はある。
posted by libertarian at 02:16| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする