2015年10月10日

US warships to challenge Chinese claims in South China Sea

ついにアメリカが南シナ海の南沙諸島に軍艦を送るようだ。
http://www.ft.com/cms/s/0/868ab0d2-6d6c-11e5-aca9-d87542bf8673.html#axzz3o69qou3Q

オバマは行動が遅すぎた。どのくらいの規模の艦隊を送るのかもよくわからないが、事態は急変した感じである。こないだの習近平の訪米の時に最後通牒を叩きつけたが支那が無視したので、ついにというべきかやっと決断したようだ。

今回、日本が集団的自衛権で直接に自衛隊を派遣することはないだろうが、この海域は日本にとって生命線だ。
長引くと集団的自衛権行使で日本からの軍隊派遣もあるだろう。

アメリカがここで引き下がることがあってはお先真っ暗となる。
示威行動によって支那に大幅な譲歩をさせるか、戦闘で勝つしかない。支那から引き出すべき譲歩は、飛行場を自ら破壊して使えなくすということだが、今の支那はそれはしそうにない。となると、戦闘もあるのかもしれない。場合によると、本格的な戦闘になるだろう。
支那としても自国経済が崩壊しつつあるので、戦争は望むところかもしれない。中共は目先、自分らに好都合なオプションを選択するだろう。そうなると譲歩は一切しない可能性が高く、譲歩がなければ交戦するしかない。

今のうちに、支那に駐在している日本人も日本に戻った方がいいのではないか。
支那に残れば支那の人質にされる危険性がある。
posted by libertarian at 04:31| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする