2017年01月27日

今世紀の宿題

チャイナ共産党を壊滅させることは世界に残された今世紀の宿題のようなものである。
ピルズベリーの「チャイナ2049」などを見ると、アメリカがチャイナを打倒しなければいけない独裁共産主義の”地帯”であることを完全に見誤った経緯が分かる。
ソ連共産党が打倒されたので、チャイナのようなもっと貧乏でどうしようもない東洋の国は早晩同じ道を辿るだろうと甘く考えた。むしろ資本主義の文明をチャイナに与えて経済的な繁栄を与えれば、共産主義は自壊するだろうと思っていたわけだ。同時に自分らもそこで商売ができwin-winだという下心もありありだった。
クリントンというどうしようもない大統領の時代がターニングポイントで、あの時、反共の旗をアメリカが下ろさずにチャイナ共産党を次なる打倒すべき相手と正確に認識していたらチャイナ共産党はとっくに潰れていたはずだ。しかし、当時まだ弱小だったチャイナ共産党は手が付けられないほどにこの20年で成長してしまった。このモンスターを育てたのも欧米だ。

しかしチャイナ共産党の連中は実に悪賢い人間だったから、あたかも自分たちは早晩ソ連のようになるようにふるまっていたわけだ。だが、連中には独特の長期レンジの戦略があり、欧米の連中はそれに騙されていた。
実際問題、チャイナは経済的にはベルリンの壁崩壊以後、大きく発展した。しかし、共産党独裁の「地帯」であることは微塵も揺るがず、その暴虐残忍ぶりは報道もほとんどされない。
つまり、このような圧倒的な独裁体制、共産主義体制は意図的に破壊しなければ、自壊はしないということが分かったというのが20世紀の教訓だ。このような体制を永続させてはならず、チャイナ共産党の打倒は今世紀前半までに世界が成し遂げなければならない宿題のようなものだ。
共産主義独裁体制が、ソフトランディング的に自由主義体制に移行することはあり得ない。
となると、軍事的な衝突を契機とした体制変更しかないかもしれない。

とはいえ、戦争でけりをつけてデモクラタイズを社会工学的にやるなどといったイラクでやったようなことも、もうダメだと分かっている。となると、チャイナ共産党を何らかの形で崩壊させた後は、三国志の時代のように複数の国家を分立させ緊張状態をそこに作り出すしかない。
チャイナは、チベット、ウイグルなどの明らかな異民族の辺境地帯が分離するのは当然として、中原といわれる揚子江から黄河にかけてのチャイナの中心地帯も3つくらいに分裂するのが妥当だろう。
そうなると三国志の時代の分割どおりになるのがいいのかもしれない。

チャイナ共産党を壊滅させるには、ハードで短絡的な軍事的な解決はうまくいかない。もっと複数の要因が絡まないとうまく行かないだろう。まずは経済を締め上げて、経済を固定相場から変動相場制に移行させる。
そうやって徐々に共産党独裁の基盤をなし崩しにしていくことが必要かもしれない。
posted by libertarian at 16:10| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする