2017年03月25日

朝鮮半島で4月に戦争が起こるだろう

朝鮮半島情勢がますます不穏になってきた。
4月の南朝鮮の選挙前にアメリカが軍事行動を起こすのではないかという予測もちらほらある。
トランプ政権がどう出るかだが、軍事行動に関してはアメリカは大統領の裁量権が大きい。
これは合衆国大統領はアメリカ全軍の総司令官という立場だからである。
つまり、全てはトランプ大統領の決断で決まる。また当然ながら国会での事前承認などいらない。

朝鮮半島は南と北に分かれているが、今のところ、1953年から休戦状態にあるだけで、朝鮮戦争は終わってはいない。
ウクライナにしても朝鮮にしても、地理的、地政学的には緩衝地帯になるところは、永遠の緩衝地帯でなければならない。逆にこれら緩衝地帯が失われれば、世界の緊張は大きく高まるのである。ウクライナは緩衝地帯であったものを西側NATOが併合しようとしたがために、今のヨーロッパの緊張は無用に高まってしまっている。
今の北は、核攻撃能力を持ったために、緩衝地帯から独立国家になろうとしているものとみられる。これを許してはならない。

朝鮮半島は、チャイナ、ロシア、日本とアメリカの3つの大国の中心にある緩衝地帯であり、ここを失うと、どこかが得をして、どこかが大きな損害をこうむる。
もし、朝鮮が北主導つまりはチャイナ主導で統一されてしまえば、それがいかなる形であろうと、日本とアメリカにとっては大打撃だ。特にすぐ隣の日本は国家存亡のリスクに直面することになる。

アメリカははるか海の向こうではあるが、朝鮮を失えば、チャイナ封じ込めがより困難になる。日本にある米軍基地もリスクが跳ね上がる。
ロシアとしても、半島がチャイナに取られれば、不利になる。
逆に北が消滅すれば、チャイナにとっては不都合ということになる。

明治の日本は朝鮮をソ連南下の防波堤とすべく、命がけで戦ったわけだが、もし朝鮮という緩衝地帯を失えばとんでもないことになる。地政学的リスクは時間的にほぼ普遍なので明治も今も変わりはない。ただし、今はロシアよりもチャイナが脅威となっている。そして明治の頃のロシアよりも今のチャイナの方が危険だ。

今の日本は実質、安倍首相とその内閣だけでもっているようなもので、国会は脳死状態だ。戦争リスクが高まってくると、選挙もそうそうできなくなった。民進党も日本のマスゴミもチャイナの手先、つまりは超限戦の部隊だからどうしようもない。

戦争によって、どのような状態に持っていくかのシナリオが大事だが、加えて戦争はなるべく短期に終結させその被害を小さくするという条件がある。トランプ政権は今、このシナリオを練っているのだろう。事が起きるとしたら、4月の南の選挙前だろう。思うに今の38度線をもっと北に押し上げて、若干の緩衝地帯を残すような形で、現在の北の体制を消滅させるのが妥当なオプションではないか。南の次の大統領はどいつになろうとも超親北、超反日、反米政権になることは確実視されているので、そうなると南が北に政治的に併合される。そうなると軍事行動のタイミングを失ってしまうわけだ。

いずれにしても、今の北の体制は必ずや、それも可及的速やかに世界から消滅させなければならない。70年近くもこのvillan stateを放置してきたが、今叩かなければ叩く時期を失する可能性が高い。トランプがどう決断しどうリスクをとるか? 期待をもって待つしかない。


posted by libertarian at 09:43| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする