2017年03月25日

緩衝地帯化する日本

日本のマスゴミメディア、民進党などの政治勢力が露骨にチャイナ化、もしくはチャイナにコントロールされている現状をみると、日本がすでに緩衝地帯と化しているというおぞましい事実に気付かされる。
この傾向はオバマ政権になってから、また進んだもののように思う。
朝鮮半島がロシア、チャイナ、日本ーアメリカの3大軍事パワーの緩衝地帯だと書いたが、アメリカやロシア、チャイナからみれば現実的には、今の日本も朝鮮半島の延長であり緩衝地帯の一部なのである。
緩衝地帯では、国家の非国家化が進む。朝鮮半島は緩衝地帯なので北も南の国家を名乗ってはいるが、国家とよべる代物ではない。日本も緩衝地帯化するにつれてその傾向が強まるだろう。
緩衝地帯では、ウクライナのように西側と東側の政治勢力のような対立勢力が並立するわけだ。逆に言えば、それを許すことによって緩衝地帯となりうるわけだ。

もし、朝鮮半島が北に併合されれば、今度は日本の緩衝地帯化が劇的に進むことになる。
今の時点で日本の緩衝地帯度を50%としたならば、朝鮮半島が北に併合されれば日本が100%の緩衝地帯となるだろう。
posted by libertarian at 13:06| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする