2017年05月19日

学歴と教育

教育という言葉は私には強制という意味に聞こえる。
学習といえば自発的な響きが有るので、私は学習という言葉がいいと思う。
実際の所、教育は多義的な言葉で、英語で言えば、educationには、teaching coaching learning training などの意味が含まれ、どの意味でそれを使っているかで議論がかみ合わなかったりする。

また、富国強兵のための国策として論じられたり、国民への福祉として論じられたりもする。
#しかし、教育=善という前提で話をするのは大体が教育関係者なので注意が必要だ。今の社会でも教育関係者の利権はあまりにも大きい。それを連中は死守したいのである。

たしかに教育は歴史的にも国策であった面もあるが、そもそも憲法上はそんな国策を人に押し付ける権利は国家にはない。しかし、国家は権利はなくても権力があるからそれをやってしまうのだ。w
義務教育は法律的には親の義務であるが、子供の権利としては必ずしも捉えられていないだろう。
#大体において、未成年者、子供の権利というのは、法律上曖昧である。

今の社会で学歴なるものは、人間のプライシングの手段というのが最大の社会的な意味になっている。
人間を人材、つまり資源としてみれば、価格情報がないと資源は激しく浪費される運命にあるので、人材をプライシングする機能は実際の所、必要な社会的な仕組みだろう。
もし人材という資源に対する価格情報がなければアインシュタインのような天才が、つまらない単純肉体労働をさせられたり、凄い運動能力のあるスポーツ選手が、つまらないデスクワークをさせられたりするわけだ。w
プライシングとは、ある種の差別であるが、社会的には資源の浪費を防ぐために必要な「教育」の肯定的な機能ともいえる。

だが、このようなプライシングの機能は学歴で評価しなくても、いくらでも他に手段はある。
前にも書いたが英検みたいな検定試験でも十分なのだ。
もし、努力とは関係ない地頭の能力で評価したいのなら、IQテストなどというものもある。ww(ちなみに、私はこの手の心理学的概念はしょうもないエセ科学にすぎないと思っている。)

例えば、そろばんで1級とか何段だとか聞いた場合、すごい技術を持っているのだなと思っても、それに引け目を感じたりはあまりしないだろう。だが、学歴の場合は引け目をほぼ全ての人間が感じる。これは、東大卒業生であっても、自分よりちょっとでも優秀な学歴のある人間には引け目を感じるものなのだ。むしろより一層強く感じるようだ。w

これはなぜかというと、プライシングと価値が結びついているからだろう。値段と価値は別の概念だと言っても、なかなかそうは認識されないのだ。w
一方、そろばんの技倆は価値に結びついたプライシングの一種とはあまりみなされていない。
それはあくまで個人的で個別な技倆の尺度なのである。
私はその点、今の学歴システムを検定試験で置き換えてしまえば、プライシングの機能も果たされ、所詮は全ては技能検定にすぎないと皆さん思うようになり、価値との分離ができると思うのである。

今の学歴というブランドによるプライシングが価値と結びついている理由は権威と結びついているからだろう。
日本の場合は東大を頂点とした旧帝大から連なるヒエラルキーが役所的にきっちりと出来上がっているのである。こんなものを誰が勝手に決めたのだろうか?

実力、学力、、こういった力関係は、パワー、つまり権力に結びつく。学歴のあるなしには関係ない。
学歴は日本の場合は特に、権威と結びついている。権力と権威は別の概念なのだ。
つまり、力=権力はあるが権威がない在野の人材というカテゴリーが生まれる。w
本田宗一郎や松下幸之助といった人物は権力は絶大だったが権威には欠けている在野の人間なわけだ。
スティーブ・ジョブスもしかり。w

だらだらと書いて、何を書こうとしていたのか忘れてしまったが、要するに、社会的な権威とは国家が関与することから生まれるわけだ。日本の場合は、私学より国立がエライといった構図が国家が教育に関与している部分が大きすぎるがために起こっている。さらに、権威と権力の分離という日本の歴史の美点までが損なわれているのである。
さらに言えば、権威とは宗教的なものだ。キリストには権力はなかったが、権威を今の信者は認める。なぜならキリスト教は国家よりも上だからである。天皇も権力はほとんどなかったが絶大な権威は日本の歴史を通じてずっとあった。それは天皇が神道の祭祀王だったからだろう。
posted by libertarian at 19:48| 東京 ☀| Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする