2017年05月22日

将棋の考え方

電王戦を見ていたが、面白かった。佐藤名人の態度や発言が立派で感心しきりであった。
今のコンピューター将棋が、人知を遥かに上回るレベルだというのは、既に数年前からの常識であり、もはや興行的な面白さもなくなったから今回で電王戦は終わるようだ。

将棋というのは、何をどう考えるゲームなのかがわりとはっきりしないゲームだと思う。
つまり、「将棋の考え方」がよくわからないために、上達も難しいゲームだと思う。
谷川浩司永世名人が若い頃に書いた「将棋に勝つ考え方」という本が昔あったが、この本は、将棋の評価をどうするかについて初めて書かれた本ではないかと思う。その本では、持ち駒に点数をつけ、その合計点で客観評価のようなものを行っていた。
しかし、その後、「将棋の考え方」についての本は出ていないと思う。
やれ、最新定跡だ、戦法だ詰将棋だといった本ばかりで、将棋とは何をどう考えるゲームなのかが分かっていない。昔はココらへんを曖昧に大局観という言葉で表現していた。大局観が評価関数のようなものだ。
それは、指す人間によって異なり、強い人間は正しい大局観をもっているから強いのだと思われていた。

今のコンピューター将棋の留まるところを知らない進歩は、この評価関数の進化という風にも考えられるのだろうか。それは非常に複雑なもので、開発者であってもその評価関数の意味を理解することはできない。
おそらく関数という形では中身をみることもできないブラックボックス化されたものだろう。

肝心の評価関数がブラックボックス化されているという点では、従来の人間の評価がその人間に固有のものでブラックボックス化されていたのと似ている。棋士にもなんらかの評価関数があるが、それを正確に言葉にすることはできない。

実際、将棋で学習し上達できる部分は、寄せの技術、詰ます技術くらいかもしれない。
プロでも終盤のこの技術で大体の力関係は決まっているように思われる。
藤井4段も、詰ます技術がすでに棋界トップだから強い。
#しかし、寄せの技術と詰ます技術は似て非なるもので、実際は寄せる技術も高いのだろう。

実際の勝負は時間という要因が大きく、将棋は限られた時間内でどちらが正確に読めるかを競うゲームだ。
特に中終盤の複雑化した局面で、どちらがより深く正しく読むかを競っている。そういった力はR値のようなもので評価できて、かつ年齢に関係がないし、ある程度でその人のもつプラトーになってしまうのではないか。

将棋も高段者になるほど、相手の攻めを手抜きして切り返しの手を指す。高段者の将棋になると何箇所も駒がぶつかっている状況になる。私の印象では女流の将棋よりもやはり男の棋士の方が駒のぶつかりが多いと思う。そして、コンピューター将棋は、さらにこの傾向が強くなる。普通なら飛車をいただきというところで、無視して別の攻めを重ねていく感じだ。
人間同士なら飛車をとって勝ちでも、コンピュータ相手だとそれが敗因になりかねない。
人間は将棋の駒に価値を感じてしまうので、おそらくプロスペクト理論が働いてしまうのであろう。「ヘボ将棋、王より飛車を大事にし」という川柳は、将棋のプロスペクト理論である。これが将棋に恐怖の感情をもたらす。w
もっとも将棋も上達していくと、ある程度、この感覚から離れていくのだろうが、完全には無理だろう。だが、コンピュータには最初からそんな心理要因は働かない。

圧倒的な優位を築くことは、相手が明らかな悪手を指さない限り無理なので、均衡を保ちながら徐々に相手を制圧する感じか。例えばコンピューター将棋は、穴熊の価値はあまり高く見ていないらしい。
あと歩の価値は人間が感じているよりも高いのだろうと思う。コンピュータ将棋は歩がどんどん相手に突き刺さっていき歩で制圧される感じがある。
CPU同士の戦いであれば、ミスは基本ないので、寄せ合いになる前の中盤で4−500点前後の優位を築けばそれで勝負が決まってしまうようだ。






posted by libertarian at 09:22| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする