2017年06月23日

キーボードについて その3

キーボードの設定をあれこれしていて、意外にもキーボードという原始的にも思っていたデバイスの仕組みが複雑であることに気づいた。これまでキーボードの仕組みなど考えたこともなかったが、けっこう複雑だ。
また、今のキーボードのデフォルトの使い方では、あまりにも効率が悪い。まあ普通は文句も言わずに与えらえたキーボードをみなさんそのまま使っているわけだが、これほど重要なデバイスが改良もされずに何十年も使われているのはなにかおかしい。いまだにCapsキーなどという無用の長物が一番重要なポジションに陣取ったキーボードが売られているということ自体、なにか不気味である。これをコントロールキーと入れ替えることくらいはやるだろうが、そもそもそんな配列設計のキーボードを売っていることが間違っている。
#マックのキーボードはちゃんとAの横のキーは最初からコントロールキーになっているが。

また最初は私は見た目のすっきりとした英語キーボードがいいと思っていたが、日本語、英語(半角英数)入り交じりの文章と文字を書くことを宿命づけられた日本人としては、やはり日本語キーボードを使った方がなにかと便利である。つまり英語キーボードではキーの数が少なすぎて、日本人には適していないと思う。
特に1段目のスペースキーのある段のキー配列が重要である。

英語キーボードでは、やたらとスペースキーが大きく、スペースキーの左右にはそれぞれ3つくらいしかキーがない奴が多い。だが、この1段目のキーはホームポジションの一部であり、ここに有効な修飾キーがこないといけない。特に親指をいかに活用できるかが重要だ。
その点、Macの日本語キーボードはなかなかよく考えられている。ベストとはいえないが。
私はマックのMBPretinaに外部キーボードをつなげて普段は使っているが、外部キーボードもやはりマックのにした方がいいのかもしれない。

外部キーボードもいろいろとあるが、まだまだ改善の余地はたくさんある。安いのから高いのまで、つまり500円くらいのからhhkの30000円位までのキーボードがあるわけだが、キーボードの使い勝手やカスタマイズ設定はもっと改善の余地がある。つまり、もっと容易に柔軟にキー設定を変更できる仕組みが必要だし、キーボードのキー配列にも改善の余地がある。
今のキーボードは周辺デバイスという位置づけで、キーボードの中に1チップマイコンが入っていて、スキャンコードをPCに送り、あとは全部PC側で処理するバカ端末方式の仕組みと思うが、キーボードをもっとインテリジェントにした方が柔軟性が高まるのではなかろうか。
posted by libertarian at 23:08| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする