2017年06月25日

キーボードのJIS規格は意味がない

キーボードの配列が悪しき固定化をしている理由は、キーボードがJIS規格製品となっているからだろう。
JISのような標準規格は有用な面も大だが、なんでもかんでもJIS規格製品にすればよいというものでもない。
思うにキーボードをJISにする理由はあまり見当たらない。そもそも今はソフトキーボードのようなものも一般化しているのであるから、ハードキーボードだけJIS規格製品である理由がない。

使ったことはないが親指シフトなる仕組みも昔からあった。富士通のマシンに採用されていたようで、今でもFilcoから売られている。これはスペースキーの広大なスペースを分割してシフトキーを配置し、日本語入力を容易にしている。特殊な規格だから、専用のソフトをインストールして使うことになる。

キーボードがJIS製品という制約を取っ払えば、今よりももっとよいキーボードが実現できる。
製品にJIS適合をとるか否かはメーカーの判断にすぎないし、ユーザーサイドからはJIS規格であることに別にありがたみはないので、やめたほうがいい。
アップルの日本語キーボードがやや特殊配列であるが使いやすいのは、もともとアップルは親指シフト規格(NICOLA)の参加企業だったという経緯があるらしい。
キーボードはネジのようなハードな工業製品というよりは本質的にはソフトな製品だと考えられる。個々人の嗜好に合わせた柔軟なカスタマイズ性が大事なのだ。

もっともJISであるとかJASであるといった規格には普及させるためのインセンティブがセットされていて、税制面の優遇措置であるとか規格をとるメリットが与えられていることがある。そのため、企業は頑張ってJISなりを取ろうとするわけだが、これはいかがなものかと最近思う。少なくとも市場主義的なアプローチではなく、国家統制主義アプローチだ。その点、デファクトスタンダード戦略は市場主義的なアプローチといえる。
posted by libertarian at 11:11| 東京 🌁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする