2017年07月09日

メカニカルキーボードについて

キーボード遊びも、そろそろ収束してきたが、この2−3か月でキーボードを5つも買ってしまった。w
思うに昔に比べてキーボードの選択肢は少し増えているかもしれない。最近はゲーム用途でメカニカルキーボードが人気のようだ。意外とこのゲームというマーケットはバカにできないもので、今までもコンピューター技術を先導する役割を担ってきたと思う。コンピューターゲームは自分もしないし周りにもゲーマーというのは見ないので、いったいどこにそんな市場があるのだろうという気もするが、いるところには沢山いるのだろう。

で、私が今まで買った中で、一番気に入っているキーボードは、Filco Majestouch Minilaである。
これのブルートゥース版を使っている。軸はチェリーの黒軸だ。
だが、これにも残念なところは少しある。特にメカニカルキーボードは一般に高さがつきすぎていて、長時間つかっていると手首に負担をかける結果になる。
キーボードの高さをもう5−10mm低くするだけで手首への負担がかなり減るが、高さ調節のために、リスト台をつけるとスペース上、ひどく邪魔になる。

マックの薄型キーボードのよいところは、ロープロファイルで手首に負担が全くかからないところだ。
メカニカルキーボードでも、7mm程度高さを低くしたものは最近はあるようだが稀だ。今後はロープロファイルのメカニカルキーボードがもっと出てくるかもしれない。というか、FilcoやHHKで出してほしいものだ。
posted by libertarian at 03:40| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする