2017年07月17日

MBPretinaに4Kディスプレイ

4kテレビに、macbookpro-retinaを繋いだところ、ちゃんと4k(3840*2160)表示された。
アップルの仕様書を見ると、外部出力に4kはなかったが、結果的に大丈夫であった。
ココらへんは、仕様書を鵜呑みにしないほうがいいのかもしれない。一応ちゃんと表示されることが分かったので、急いでeGPUを買わなくてもよい。次期OSの HighSierraでは外部GPUを正式にサポートするので、そのうちいろいろと外部GPU用の製品が出てくるだろう。
BizonBoxもそれ自体は比較して特別高いわけではないが、輸送費が1万円程度かかるのがなんである。

しかしリフレッシュレートは60Hzから30Hzに落ちた。
もしかしたら、 GPUをGTX1080−1070辺りにすると、リフレッシュレートが上がるのかもしれない。
今まで27インチのデルのモニターを使っていて、十分広く感じていたが、さすがに43インチの大画面と比較してしまうと小さく感じる。w
通常の作業では、さすがに大きすぎる感じだ。
このようにTVをコンピューターのディスプレイとして使うのは、特になんの問題もない。
輝度とか色調整をちゃんとすれば、pcモニターと変わりがないと思う。





posted by libertarian at 09:48| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする