2017年08月30日

Floydhub

ここのところ、PCを作るか買うかいろいろ検討していたが、今はRyzenもでたばかりの端境期であり、しばらく買わないことにした。もし買うなら年末か来年の方が選択肢がぐっと増えているだろう。

急いで買う必要もないわけは、FloydhubというクラウドのGPUサービスを使えば、普通のノートパソコンからもTensorflow-gpuが使えるからである。これは無料で使えるサービスである。
gpuなど載っていない古いノートパソコンからも使えるのでありがたい。

このサーバーにはNvidiaのTesla k80というサーバー用高性能gpuが使われている。買ったら一つ100万円くらいするものだ。サンプルにmnistを動かしたが十分高速だ。
これを使えば新しいコンピューターは特に必要ないかもしれないw
これにも何がしかの制約条件はあるのかもしれないが、これでどうしてもダメになってから、新しいのを(仕方なく)買えばいいわけだ。

追記)無料で使えるのはお試し版で、基本的には有料サービス。しかし、料金は月7ドルからとかなりお手頃で、学生でAIの勉強をしたいのなら、これで十分と思う。自分で高性能なGPUを買うとPC電源も大きくなりコストが嵩む。NvidiaのTesla k80というサーバー用高性能gpuは、複数人から同時アクセスされるのであろうが、処理速度は大体GTX1070程度の速度で十分だ。Floydhubで動かせば電気代もかからないし、OSを選ばず旧いノートPCからでもGPUコンピューティングが可能だ。スマートにGPUコンピューティングをしたいのならオススメ。
posted by libertarian at 21:38| 東京 ☁| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする