2017年10月29日

アウトドア料理

低温調理をしていて思ったが、アウトドア料理とは、ようするに低温調理なのである。
七輪や焚火の上の遠火で肉などを焼くときは、200℃より低い低温で調理している。
実際に温度を計ったわけではないが、焼き鳥などを焼く時間が普通より長くかかることから考えて、その位の温度だろうと思われる。
この結果、肉がうまく焼けるのであろう。うまさが流れ出ない温度でじっくり時間をかけて焼くからうまいのである。これは燻製料理も同様であろう。

ところで、先ほどKindleで夏井氏の「炭水化物が人類を滅ぼす」を読んだ。前著からさらに仮説を展開した内容で面白かった。特に慧眼だと思ったのは、インスリンは血糖値を下げるためのホルモンではないという指摘である。
人間には、血糖値を上昇させるホルモンが5種類あるが、血糖値を下げる結果をもたらすホルモンはインスリンしかなく、それも実はインスリンの本来の機能ではない。そのためインスリンの分泌から血糖値が下がるまでに2時間のタイムラグが生まれる。この説は私にはかなり説得力が感じられた。

日本人はコメが主食と言われるが、主食の意味とはまさにMainな料理という意味かもしれない。
おかずは、コメをおいしく食べるためのふりかけのような役割になっているのである。
であるからして、糖質制限をしてご飯を抜くとおかずの味付けは薄味にしないとしつこすぎると感じる。
しかし、米はカロリーしかない栄養価の非常に小さいものである。パンや麺類も同様である。
これは、糖が中毒性のある嗜好性物質になっているからだ。現代人の腹が減ったという感覚は実は糖が欲しいという中毒性欲求だということが糖質制限をするとよくわかる。
ベジタリアンなんてものは、肉は食べないが糖質たっぷりの料理ばかり食べているわけだから、相当に健康に悪いだろう。もちろん、何を食べ何を食べないかは当人の勝手であるからどうでもいいのだが。ww

あと日本には江戸時代とかにいろいろと飢饉があったが、この時、救荒食物という制度ができたらしい。それは、米が不作の時に、粟や稗、麦、そばといったものを食べろとリストアップしているものだが、なぜか肉類が一切含まれない。そして、飢饉の際にはこういった植物を探して山に入り、栄養豊富な昆虫や小動物を全く捕らなかったらしい。これは、おそらく対米戦争の際の飢饉のときも同様であった。
私も対米戦争の際の戦中〜戦後の飢えの体験は実体験としていろんな人から聞いたことがあるが、なんで昆虫を食べなかったのか疑問であった。昆虫も食べつくされてたのかと疑ったが、要するに昆虫は食べ物の概念になかっただけなのだろう。
しかし昆虫というのは、先史時代の人類の基本食物で、どこにでも沢山あるもので、人類をはそれを食べていた。
小動物を捕るのは難しくリスクもあるので、どこにでも沢山いる昆虫を主食に食べていたらしい。意外と昆虫は海老とかカニみたいな味で結構な美味だそうである。w


posted by libertarian at 16:26| 東京 ☔| DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする