2017年11月20日

バイオハック

「最強の食事」(The Bulletproof Diet)をざっと読んだ。
これは、シリコンバレーで若くして成功し億万長者となった著者が自らの食事体験から最強の食事を考察した本である。いわばn=1の実験をしているわけだ。しかし医学というのは通常nが小さいデータでいろいろと推測するものであるから、自らの体で実際に試すというのは悪くはないのかもしれない。少なくとも自分的には常に正しいわけだが、判断は多分に主観がまじり客観性はあまりない。しかしそれでも構わないのだ。w

この本でも糖質制限について書かれている。著者は痩身法はいろいろと試みたそうだが唯一、糖質制限でのみ痩せることが可能だったと述べている。意外と糖質制限は欧米でも一般的になっているようだ。日本の糖質制限ブームは夏井睦氏とかが火付け役になり、糖質制限に対する解釈は欧米のそれとは少し異なるようではあるが、近からずといえど遠からずの認識がありそうだ。
この本の著者はIT系の技術者だが、生化学や生理学を独学してそれを交えて最強の食事を考察している。私の印象では短絡的で飛躍したところもある気がするが、そこがこの本の面白さでもある。w

この本には完全無欠コーヒーについて書かれていて、最近は静かなブームとなっているようだ。
これは高品質のバターをコーヒーに入れて飲むもので、バター茶のコーヒー版だ。
日本は関税のせいでバターが非常に高い。ニュージーランド産のグラスフェッドバターは日本のバターよりは2−3割は高価だが、確かに高品質だ。grass fed つまり放牧牛のミルクから作ったバターである。

食事というのは、いままで美食の文脈で語られることが多かった。それが健康という文脈に変わってきたわけだ。つまり快楽としての美食から、ストイックな健康志向の食事に変わってきたということだ。
快楽としての美食を続けると健康を害して、あとあと苦痛をもたらすが、ストイックなあまりおいしくない食事を我慢してとれば体が健康になり、いいことばかりだという感じだろう。w
この本はそのような美食や健康という文脈からはまた少しずれたところに新しさがある。この点は糖質制限も同様だが、美食を拒否しているのではなく、もっと具体的に体に悪い成分を含む食物を識別して意識的にそれら摂取しないように気を付けるということだ。その一つがでんぷん質であり、ご飯、パン、麺類になる。
実際、糖類を摂取すると麻薬同様に脳内に快楽物質が放出されるらしい。

私も1年くらい糖質制限を続けてきて、体調、気分が調子よくなったことは実感している。たまに、ご飯を食べるとうまいが、その後眠たくなってしょうがない。体もだるくなり重くなる感じだ。
これが肉だとかなりの量を食べてもそんなことにはならない。でんぷん質中心の食事体系から離れるには肉類を上手に調理することが大事であり、そのためには低温低速調理をするのがよいというのが私の考えである。
posted by libertarian at 02:28| 東京 ☀| DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする