2017年11月29日

モノラルスピーカーのすすめ

最近、ブルートゥーススピーカーの性能が良くなりいろんな機種が出ている。
一つにブルートゥースのヴァージョンが上がってデータ転送量が多くなったからであろうと思っていたが、ちょっと調べたところそういうわけでもなさそうだ。むしろDACの性能向上のおかげなのか?
また、BTスピーカーはモノラルスピーカーのものが結構あるのが良い。
前にも書いたがステレオというのは一種のVR技術であるが、片耳が難聴の場合、片目を閉じて3D映画を見るような状態になってしまうのである。
であるからして、片耳が難聴の人間はステレオをやめてモノラルスピーカーで音楽などを聴くのが正解である。
もとより、現実の音はステレオではないのであり、沢山の点音源からの音を聴いているのである。

いろいろと検討した結果、Bang & OlufsenのBTスピーカー、BeoplayA1を購入した。これが実に素晴らしい音で正解だった。
音は深みがあるHiFiサウンドでどこから聞いても違和感のない音場を作り出す。スピーカーから音がでているというのが分からない感じだ。最近のB&Oはモノラルスピーカーシステムをいろいろと出していて他のも試してみたくなる。w
TivoliAudioもモノラルスピーカーラジオのModelOneなどを出していて、これを私はPCスピーカーとして使っているが、音場を作る感じではない。値段は同じくらいだがB&Oの方がずっと格上の音という印象。

今はステレオ全盛で音源がほとんど全てステレオ音源なのでモノラル再生にはステレオ音源をモノラルにする必要がある。これが意外と面倒な問題となる。しかしブルートゥースのモノラルスピーカーだとこれを機械側で処理してくれるのが簡単でよい。
posted by libertarian at 22:22| 東京 ☀| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする